ジッパー付きペンケース

このペンケースは、初心者向けの素晴らしい縫製プロジェクトです! このジッパー付きペンシルケースを作成する場合、簡単なジッパーを入れる方法と、通常のジッパー付きポーチを箱型のものにする方法を学びます。

このジッパー付きペンシルケースは裏地付きで、バックパックや財布に入れるのにぴったりのサイズです。 :)

そして、このようなものをマスターしたら、より高度で洗練されたバッグに簡単に進むことができます。

ステップ1:必要なもの

  • 2-綿の裏地にキルティングする9.5 x 5.5インチ
  • 2-9.5 x 5.5インチ、中〜重量の綿の外装
  • 9インチのジッパー
  • ピン
  • はさみ
  • ミシン
  • マーキング用の水溶性ペン(または手に持っているものは何でも!)
  • キルティング定規
  • ピンキングハサミ(縫い目の仕上げに適しています)

これは最も基本的なジッパー付きペンシルケースであるため、外側の生地の剛性に完全に依存して形状を保持します。インターフェイスは使用されません。

裏地にはキルティングウェイトコットンを使用し、外装にはわずかに厚く硬いコットンを使用しました。 :)

ステップ2:ピースをレイアウトする

開始する前に、ジッパーを完全に閉じます。

裏地を表の上に表を上にして置きます(実際に印刷されている場合にのみ問題があります。 ジッパーと布地の右端を揃えます。

オプション:縫いやすくするために、ジッパーの上部を針と糸で留めます。 それらの端が羽ばたき、分離している場合、これをすべて一緒に縫うのは難しい場合があります。 (写真3を参照)

ジッパーと裏地の上に外側の布を裏返しにして置きます。 すべての端を揃えて、所定の位置に固定します。

ステップ3:縫製

これには通常の足を使用してください!

押え金の下にピン留めした布を置き、足の左端がジッパーにぴったり合うように並べます。 (これにより、1/8インチを少し超えるかなり小さな縫い代が得られます-それで構いません!) 。

ここで、機械から作業物を引き出します-底のピンを外し、外側の布を持ち上げます。 (写真2を参照)次に、ジッパーをジッパーで引っ張り、上に移動してポーチの既に縫い付けられた領域に入れます。

右端を再度固定し、再度整列します。 (写真3を参照)

中断したところから縫製を続けます-後縫いで針をちょうど下に置きます。 ステッチの後半で両端のバックステッチを再度行います。 :D

ステップ4:ポーチの反対側を縫う

ジッパーのもう一方の側を使用して、ちょうど行ったことを繰り返します。 :D

すべてを右端に並べて、ピン留めして縫います。

ステップ5:現在の外観

外装と裏地の両方をジッパーに縫い付けて、きれいに並べる必要があります。 :)

オーサイドのエッジが少し不安定な場合は、定規とハサミを使用して自由にまっすぐに伸ばしてください。

ステップ6:ポーチの底を一緒に縫う

外側の裏地と一緒にジッパーの反対側の端を固定します。

1/4インチの縫い代を使用して、この端を縫い合わせ、両端をバックステッチします。

余分な縫い代は、もしあればピンク色のハサミでトリミングできます。ほつれを防ぎ、見た目を少し良くします。

ステップ7:端を縫う

ジッパーがボトムシームの真上に位置するようにポーチを平らにします。

解凍は約半分です。

1/4インチの縫い代を使用して両端を縫い付け、両端をバックステッチします。 はい、ジッパーとすべての上に縫います! ジッパーの上でゆっくりと取るだけで大​​丈夫です。

開いたジッパーで端を縫って縫うときは、ジッパー生地の両側が縫い付けるときに触れていることを確認してください。 それ以外の場合は、大きな穴が空くように縫います。 :(

両端を縫い付けたら、ジッパーをトリミングして布地に合わせます。 また、ピンキングばさみで縫い代をトリミングすることもできます。 :)

すべてのトリミングと縫製が完了したら、右側を外します!

ステップ8:ポーチがあります!

これがあなたにとって十分に空想的に見えるなら、それを一日と呼んでください。

ただし、ボックス化する場合は、次のステップをご覧ください。 :D

ステップ9:コーナーをボクシーにする

写真はおそらくこれを私よりもよく説明するでしょう。 :D

ポーチの一端を取り出して平らにします。 ジッパーとボトムシームを並べます。 今、あなたはコーナーを離陸したいと思うでしょう。 コーナーをさらに離すと、より小さなボクサーポーチになります。

ご覧のとおり、私の縦線は約2 1/2インチの長さでした-1 1/2インチ以下にすることをお勧めします-さもなければ、フルサイズの鉛筆を入れるのに問題があるかもしれません。

印を付けて縫う前に、縫い目をピン留めして試着することもできます!

満足したら、縫い目に沿って印を付けて縫います。

バッグのもう一方の端についても繰り返します。 :)

ステップ10:トリミングして右側を外側にする

すべて縫い付けたら、右側を外し、すべてを再確認します。 不安定な場合は、ステッチを切り取り、もう一度試してください。 あなたがそれに満足しているなら、すべての角を切り落としてください。

ブーム! 超かわいいペンケースを作りました。 :D

関連記事