水のみのフォグマシン(ドライアイスなし、フォグジュースなし)

水のみの霧機

誰もが霧、劇場の霧が大好きです-特にハロウィーンでは、それを作るための多くの方法があります:

1. ドライアイスは霧への私の最初の紹介でした-ドライアイスをお湯に落とすと、濃い低空の霧がたくさんありました。 素晴らしかったですが、ドライアイスを手に入れて、取り扱いに注意する必要がありました。 私がカリフォルニア州サンノゼに住んでいたとき、空港の近くにエイブル・カーボニックと呼ばれる会社があり、ハロウィンの周りにドライアイスドライブスルーがありました。 車を倉庫に直接引き入れて、車から離れずに必要な量のドライアイスを購入できます。ドライアイスフォグを使いやすくするために、いくつかの仕掛けを作成しました。

安全上の注意-ドライアイスは二酸化炭素であり、極端に寒い(-109.3°Fまたは-78.5°C)だけでなく、接触するとすぐに寒い「火傷」を引き起こす(断熱手袋を使用する)ため、窒息の危険があります。炭酸ガスが蒸発すると、周囲の通常の空気が移動し、酸素が奪われます。 私はかつてドライアイスの霧で満たされた小さな部屋を持っていましたが、咳と速い呼吸によって、部屋に二酸化炭素が多すぎることが明らかになりました-そのような状況になったらすぐに出てください!

2.グリコールベースまたはグリセリンベースの「フォグジュース」を加熱して、白い煙/霧の噴出を噴出する加熱された「フォグマシン」 。 私はこれらをフォグマシンよりもスモークマシンと考えるのが好きです。 これらは、コンサートで光/レーザーのビームが現れるようにするために使用され、従来の低い横たわる霧も使用します。 私の商業写真家の友人は、このタイプの「フォグ」マシンを紹介してくれました。 彼はプロのRoscoユニットを持っていて、それは本当にタンクのように構築され、大量の煙を吐き出しました。 最終的に私はRoscoユニットを購入し、その後、ハロウィーンの後のクリアランスで大きな箱の小売店でさまざまなサイズの消費者用「フォグマシン」を購入したので、現在3つ(またはそれ以上、実際にはいくつあるかはわかりません;-)

「フォグマシン」フォグは、ロンドンフォグのように周囲に分散する傾向があるため、地面の近くに吊るしたい場合は、冷却する必要があります。 これらのフォグチラーの1つを構築する方法は、多数のInsturctablesがあります。

3.これが新しいフォグメソッド- 超音波アトマイゼーションです。 これは、圧電ディスクが電気的にパルス化され、超音波周波数で振動し、その上に浅い水の層がある状態です。 水面は細かな小滴になります。 霧。 超音波加湿器は、この方法を使用して、目に見える霧を生成します。 何年も前、私は超音波加湿器の霧の可能性を見て、それらの出力をホースを介してジャック・オ・ランタンに「配管」し、霧が口から忍び寄るようにしました。

今日に早送りします。 大量の霧を生成する大容量の池の霧を得ることができます(1時間に2リットル以上の水を使用)。 これらの高出力アトマイザーは安価ではありませんが(〜$ 200)、二酸化炭素ガスなしで、大量の霧、低位の霧を排出します。 消耗品はありませんが、水と電気です!

ステップ1:材料

必要になるだろう:

5ガロンのバケツと蓋

直径4インチの乾燥ダクト(大径でも構いません)

コンピューター冷却ファンとそれに対応する電圧プラグインACアダプター

ファンを所定の位置に固定するための小ネジとナット

空の2リットルのソーダ瓶

12ゲージのスチールワイヤ1本(Tバー天井ハンガーワイヤが機能します)

12ジェット超音波水蒸発器(ミスター)および関連電源

リモート制御ACスイッチ(オプション)

熱収縮チューブまたは電気テープ

はんだ(オプション)

冷凍アイスパックまたはウォーターアイス(ドライアイスとは対照的に)

ツール:

ドリルモーターとドリルビット

ユーティリティナイフまたはセイバーソー

ワイヤーストリッパー

はんだごて(オプション)

ヒートガン(オプション)

ステップ2:蓋のいくつかの穴を切ります

バケツの蓋を取り、ファン(メイン開口部と取り付け穴)、乾燥機ダクト、およびアトマイザーの電源コネクタ用の穴の位置をバケツの蓋に通します。

万能ナイフまたはサーベルソーで開口部を切り取ります。 らせん状のダクトが穴にぴったり収まるように、ダクトの開口部をマークした直径よりも1/4インチほど小さくカットします。

ステップ3:ファンを準備する

プラグインACアダプターのコードの端を切り取り、電線をむき出しにします。 剥がしたAC電源の導線をファンの導線に接続します。 極性(+)を(+)に、(-)を(-)に一致させます。 一致する色がない場合は、電圧計を使用して極性を判断するか、試行錯誤を繰り返す必要があります。

ワイヤーをはんだ付けするか、単にねじって、熱収縮チューブを接続または電気テープのみに使用できます。

ステップ4:ファンとダクトを蓋に取り付ける

機械のネジ、ナット、ワッシャーを使用して、バケツへの空気の流れでファンをバケツのふたの上部に固定します。 ダクトはスパイラルタイプであるため、開口部にねじ込んで所定の位置に固定することができます。

ステップ5:アトマイザーヘッドをバケットにセットする

アトマイザーをバケツに入れ、バケツのふたの穴をコネクタ用に切って電源ケーブルを通します。 ケーブルがふたを通過した後、コネクタの開口部を発泡体で密閉します。 あるいは、ダクトテープで開口部を覆うこともできます。

水位が操作指示に従っているか、「低水位」センサーがちょうど覆われるまで、バケツに水を追加します。

ステップ6:自動入力

フォグマシンを継続的に動作させるには、水を補充する必要があります。 倒立した2リットルのソーダボトルでうまくいきます。 ウォータークーラー(バブラー)の上にある5ガロンの水差しのように機能します。

12ゲージのワイヤーからワイヤーサポートフレームを曲げ、ジップタイでボトルを所定の位置に保持します。 ワイヤーの上部に逆さまのU '字型フックを曲げます。 ボトルの口が維持したい水位になるように、ボトルの上部の上のワイヤーの長さを選択します。

バケットのふたの上部にあるスロットを切り、「u」字型の曲がったフックがはまるようにします。 フックを片側に動かすと蓋に引っ掛かり、ボトルを吊るすようにフックを配置します。 ボトルに水を入れ、所定の位置に吊るします。

ステップ7:通電!!!!!

アトマイザーの電源を入れます。 あなたはそれが動くのを見て、バケツを霧で部分的に満たすことができます。 霧はバケツからあふれず、バケツの底に落ち着きます。 バケツの唇に向かって上昇する霧は、それが通過する前に蒸発します。 霧が広がり、波打つようにするには、空気の動きが必要です。 コンピューターのファンの電源を入れます。 ダクトから霧が注がれるはずです!

必要に応じて、噴霧器の電源とファンの電源をリモート制御スイッチに接続できます。 そうすれば、オンデマンドで霧ができます!

アトマイザーは約300Wの電力を使用して水を霧に霧化し、その大部分は水として熱として入ります。 そのため、水中アトマイザーが過熱しないようにするには、非常に短い時間実行する 、冷凍アイスパックを追加する 、または水温(およびアトマイザー)を冷たく保つために冷凍水氷だけを追加します。

これで、霧の供給量は事実上無制限になりました。私のお気に入りのように、それを有効に活用してください。 泡立つ大釜-しかし、それは別の日に教えてくれます!

楽しい!

関連記事