FalstadのCircuit Simulatorを使用する

ここでは、Falstadのシミュレーターの使用方法を学ぶことができます。 これはJavaベースのシミュレーターであり、次のURLで参照できます://www.falstad.com/circuit/

回路シミュレータ]。 (スクリーンショットの品質が悪いのでごめんなさい)

ステップ1:基本的なコントロール

プログラムが最初に開かれるとき、開始回路は単純なLRC回路です(これは、インダクタ、抵抗、コンデンサを表します。これらはこの回路の主要なコンポーネントです)。

プログラムを画面で開くと、ツールバーのボタンは次のとおりです。
ファイル-インポート、エクスポート、終了

スコープ-すべてスタック、すべてアンスタック

オプション-電流の表示、電圧の表示、電力の表示、値の表示、小さなグリッド、欧州抵抗器、白背景、従来の電流動作

そして最後に、Circuits-すべての個別のサーキットをリストすることは、それらの負荷があるのでまったく意味がありません(あなたが私を信じていないなら、自分自身を見てください!)

ステップ2:異なるコンポーネントの選択

独自の回路を作成する場合は、抵抗などの使用するコンポーネントを選択できます。 これは、ワイヤなどが存在しない領域を右クリックして選択できます。次に、「抵抗を追加」を選択します。 他のコンポーネントのほとんどは、サブメニューの例にあります

右クリック>受動部品>プッシュスイッチの追加

コンポーネントを選択した後、コンポーネントを配置する場所の空のスペースをクリックしてドラッグします。 (コンポーネントはさまざまなサイズにドラッグできます。)

さまざまなコンポーネントを結合するには、右クリック> [ワイヤの追加]をクリックします。 次に、抵抗器やコンデンサなどのコンポーネントがある場合、抵抗器のレッグの1つから、結合するコンデンサのレッグに移動します。 コンデンサー/抵抗器の各脚にワイヤをドラッグすると、ワイヤが結合する場所に小さな円が表示されます。

写真の回路は、単純なLED、抵抗、および電源回路です。

ステップ3:スコープの使用とコンポーネントの編集

波形、消費電流、電力、または電圧を表示する場合は、スコープツールを使用できます。 これは、トライオードなどの一部を除くほとんどのコンポーネントで使用できます。 スコープ内のコンポーネントの波形を表示するには、コンポーネントを右クリックして「スコープ内で表示」を選択します。

コンポーネントがスコープ内にあると(プログラムの下部で)、たとえばLEDを使用する場合など、スコープで表示されるものを選択できます。 「電圧の表示」の選択を解除します。 これは現在のみを表示します。 「ピーク値の表示」が選択されたままなので、LEDが使用するピーク量を確認できます。これは、PWM回路などを設計する場合に役立ちます。

抵抗器などのコンポーネントを編集するには、抵抗器を右クリックして「編集」に進みます。 その中に次のような小さなボックスが表示されます:抵抗(オーム)の隣にボックスがあり、下にスライダーバーがあります。 希望の抵抗をそのボックスに入れて、コンポーネントの抵抗を変更できます。 このボックスは、コンポーネントごとに異なります。

ステップ4:回路を保存する

行った回路を保存するには:
ファイル>エクスポート>(エクスポートボックスにコードをコピー)>(.txtドキュメントなどに貼り付け)>コードを保存します。

回路をロードする場合:

.txt(または同様のファイル)>コードをコピー>(ファイル>インポート)>インポートボックスにコードがある場合は、それをクリアして、そのボックスにコードを貼り付けます。

ステップ5:既成回路の選択

既製の回路を選択するには:(555 Square Generatorの回路例)

回路> 555タイマーチップ>方形波ジェネレーター

これにより、555ベースの方形波ジェネレータの回路が作成されます。

関連記事