Raspberry Pi 3をルーターとして使用する

ウィキペディアによると、ルーターはコンピューターネットワーク間でデータパケットを転送するネットワークデバイスです。 ワイヤレスルーターを分解すると、おそらくデータパケットを処理するアプリケーション固有のプロセッサと、ワイヤレス接続を処理するRFセグメントが見つかるでしょう。

他にプロセッサとRFセグメントがあるものを知っています。

これはRaspberry piモデル3です。このminiProjectでは、ラズベリーpiをルーターとして機能するように変換します。

ステップ1:ビデオ

ビデオを見て、3分ですばやく包括的なガイドをご覧ください。

ステップ2:Raspberry Piを起動します。

最初のステップは、ラズベリーパイを起動して実行することです。 Raspberry pi Webサイトにある公式の入門ガイドは、このための最適なリソースです。

こちらがリンクです。

ラズベリーパイを起動して実行したら、次のステップに進みます。

ステップ3:Raspberry Piのアップグレード

最初に、リポジトリから利用可能なパッケージリストを更新します

 sudo apt-get update 

完了したら、これらの最新パッケージを使用してインストールできます

 sudo apt-get upgrade 

これには、インターネット接続速度によっては時間がかかる場合があります。

ステップ4:HostadpとBridge-utilsのインストール

ラズベリーパイがアップグレードされると。

ワイヤレスアクセスポイントと認証サーバーに使用されるhostapdと呼ばれるユーザースペースバックグラウンドプロセスをインストールする必要があります。 ブリッジデバイスを管理するには、bridge-utilsというパッケージも必要です。

 sudo apt-get hostapd bridge-utilsをインストールします 

インストールしたばかりのいくつかの新しいサービスをオフにする必要があります。

 sudo systemctl stop hostapd 

デバッグ -raspbianは、hostapdおよびbridge-utilsがインストールコマンドで見つからないというメッセージを表示することがあります。 心配しないでください。 「sudo apt-get update」をもう一度実行すると、解決されます。

ステップ5:Wlan0およびEth0のDHCP構成を無効にする

ここで、自動的にwlan0およびeth0インターフェースを構成しないようにdhcpバックグラウンドプロセスを設定します。 これを行うには、次の2行を配置します

 denyinterfaces wlan0 denyinterfaces eth0 

/etc/dhcpcd.confファイルの最後で、それを使用して開きます。

 sudo nano /etc/dhcpcd.conf 

ステップ6:Bridge Br0を作成する

次に、イーサネットブリッジ管理者であるbrctlコマンドを使用してブリッジbr0を作成します

 sudo brctl addbr br0 

使用して

 sudo brctl addif br0 eth0 

コマンドeth0をブリッジbr0のポートの1つとして追加します。

ステップ7:/ etc / network / interfacesを編集します

/ etc / networkディレクトリにあるinterfacesと呼ばれるファイルを開きます

 sudo nano / etc / network / interfaces 

これらの5行を追加します。

 allow-hotplug wlan0 iface wlan0 inet手動自動br0 iface br0 inet dhcp bridge_ports eth0 wlan0 

最初の行は、ホットプラグイベントでwlan0インターフェイスを開始します。 2行目は、ブリッジ要素に対して通常行われるIPアドレスなしのネットワークインターフェイスを作成します。 3行目は、起動時にbr0インターフェイスを開始します。 4行目は、DHCPサーバーを使用してbr0インターフェイスにIPアドレスを自動的に割り当てるのに役立ち、最後に5行目はeth0インターフェイスをwlan0に接続します。 このファイルを保存して閉じます。

ステップ8:/etc/hostapd/hostapd.confを編集します

次に、ワイヤレスアクセスポイントを設定します。これを行うには、/ etc / hostapdフォルダーにあるhostapd.confというファイルを使用します。 開けて

 sudo nano /etc/hostapd/hostapd.conf 

これらの行を貼り付けます。

 interface = wlan0 bridge = br0 ssid = miniProjects hw_mode = g channel = 7 wmm_enabled = 0 macaddr_acl = 0 auth_algs = 1 ignore_broadcast_ssid = 0 wpa = 2 wpa_passphrase = subscribe wpa_key_mgmt = WPA-PSK wpa_pairwise = CCMP 

ssidに割り当てられる値は、アクセスポイントがその存在をブロードキャストするために使用する名前です。 最後の5行は、アクセスポイントの認証とセキュリティに焦点を当てています。 wpa_passsphraseの値は、この例ではサブスクライブするログインパスワードとして使用されます。 これはドキュメントへのリンクで、ここで使用した各変数の定義を見つけることができます。

ステップ9:/ etc / default / hostapdの最終編集

最後に、/ etc / defaultディレクトリにあるhostapdファイルを開きます

 sudo nano / etc / default / hostapd 

DAEMON_CONF行のコメントを外し、作成したファイルへのパスを指定します。

 DAEMON_CONF = "/ etc / hostapd / hostapd.conf" 

これで、ルーターとして機能するraspberry piのセットアップが完了しました。

ステップ10:完了

次に、イーサネットケーブルを接続してラズベリーパイの電源を入れます。

Raspberry piブロードキャストssidが表示され、インターネットにアクセスできるはずです。

読んでくれてありがとう。

独自のルーターの作成中に問題が発生した場合はお知らせください。

このインストラクターが気に入ったら、投票してください。

関連記事