HX711バランスモジュールとロードセルのインターフェイスチュートリアル

説明

このモジュールは24の高精度A / Dコンバーターを使用します。 このチップは、高精度の電子スケールおよび設計用に設計されており、2つのアナログ入力チャネル、128の統合ゲインのプログラマブルゲインを備えています。 入力回路は、ブリッジ電圧電気ブリッジ(圧力、負荷など)を提供するように構成できます。センサーモデルは、理想的な高精度、低コストのサンプリングフロントエンドモジュールです。

仕様

  • 2つの選択可能な差動入力チャンネル

  • ロードセルおよびADCアナログ電源用のオンチップ電源レギュレータ

  • オプションの外部水晶を備えた外部コンポーネントを必要としないオンチップ発振器

  • オンチップパワーオンリセット

  • データ精度:24ビット(24ビットA / Dコンバータチップ)

  • リフレッシュ周波数:10/80 Hz

  • 動作供給電圧範囲:4.8〜5.5V

  • 動作供給電流:1.6mA

  • 動作温度範囲:-20〜+ 85℃

  • 寸法:約 36mm x 21mm x 4mm / 1.42 "x 0.83" x 0.16 "

ステップ1:材料の準備

このチュートリアルでは、次のものが必要です。

1. Arduino UnoボードとUSB

2. HX711バランスセンサー

3.ロードセル(ロードセルの任意の重量、つまり20KG、60KGまたは100KG)

4.オスメスジャンパー

5.ワニ口クリップワイヤー

5. Arduino IDE

ステップ2:HX711ピンの説明

ステップ3:ロードセルのワイヤ接続

ロードセルのホイートストーンブリッジから出ている4本のワイヤーは通常:

  • 励起+(E +)またはVCCは赤
  • 励起-(E-)または地面が黒
  • Output +(O +)、Signal +(S +)+、またはAmplifier +(A +)は白色
  • 出力-(O-)、信号-(S-)+または増幅器-(A-)は緑色

ステップ4:ハードウェアのインストール

HX711からArduino Unoへ:

  • VCCから5V
  • GNDからGND
  • SCKからD5
  • DTからD6

HX711へのロードセル

  • E +:赤
  • E-:ブラック
  • 白い
  • A +:グリーン

次に、Arduino UnoボードをUSB経由でコンピューターに接続します。

ステップ5:HX711ライブラリ

バランスモジュールと通信するには、HX711センサー用のドライバーが必要です。 ドライバーをインストールする最も簡単な方法は、HX711ライブラリーをダウンロードすることです。 以下のZIPファイルをダウンロード> Zipファイルを開く> Arduino Uno Libraryフォルダーに解凍します。 参照については上の画像を参照してください。

添付ファイル

  • HX711.zipダウンロード

ステップ6:サンプルソースコード

以下のサンプルソースコードをダウンロードし、このサンプルソースコードを開いてArduino IDEにアップロードします。

:コードをアップロードする前にキャリブレーション係数を変更するか、シリアルモニターボックスで後で調整することができます。コードによりキャリブレーション係数の値を加算および減算できるためです。

添付ファイル

  • HX711.rarダウンロード

ステップ7:シリアルモニター

サンプルソースコードをArduino Unoボードに正常にアップロードしたら。 シリアルモニターを開くと、上の図のようにuが表示されます。

ステップ8:結果

シリアルモニターが読み取り用のua値を提供する場合、それはuがロードセルに正常にインターフェイスしていることを意味します。 これで、「+」または「a」を使用して値を調整するか、「-」または「z」を使用して値を調整することにより、独自の校正係数を設定できます。 ロードセルごとに一度だけ較正する必要があります。


:このチュートリアルでは、HX711をロードセルに接続する方法についてのみ説明します。 正しいキャリブレーション係数を使用しませんでした。 ロードセルに独自の校正係数を設定する必要があります。 ロードセルの較正係数の設定方法については、このビデオとチュートリアルをご覧ください。 異なる重量の各ロードセル、つまり ロードセル20KG、60Kg、および100KGのキャリブレーション係数の値は異なります。 したがって、異なる重量のロードセルごとに校正係数を設定する必要があります。

ステップ9:ビデオ

このビデオでは、HX711バランスモジュールをロードセルに接続する方法を示します。

関連記事