両手利きになるように自分を訓練する

両手を同じようにうまく使いたいと思ったことはありませんか?

あなたの利き手が壊れたらどうなるのかと心配ですか?

両手利きになる方法をお見せします!

すでにこれを成功裏に行った人々からのインプットは大歓迎です。

ステップ1:初日

私は右利きなので、左利きになろうとしています。 明らかに、左利きの人々は右翼になろうとしています。

今日は、手書きを練習してください。 あなたの名前とアルファベットを、いくつかの直線といくつかの円または曲線(筆記体と印刷に便利です...文字は結局は直線と曲線です!)を利き手ではありません。 まず利き手でそれをしてください。 あなたがどれだけきれいに書かれているか見てください? これがベンチマークです。 これは、完了したらもう一方の手でどれだけうまく書けるかです。

あなたが私のようであれば、この最初の日、あなたの直線はベーコンのストリップのように見えます。 心配しないでください、練習すればするほど良くなります。

手書きに加えて、左手でいくつかのことを一貫して行うようにしてください。 最終的には利き手ではない方の手でメイク/剃りたいが、今のところは、左手でファンデーションをつけるか、1、2回ストロークするだけです。

ステップ2:2日目

今日、左手で歯を磨きます。 次に、シャワーを浴びるとき、水を入れ、石鹸に手を伸ばす/使用し、タオルに手を伸ばす/使用し、乾かし、左手で髪をブラッシングします。 忘れないように、グリスボードマーカーで鏡に自分自身にメモを書きます。 時計を右手首に置きます。 冷蔵庫に看板を置いて、左手を使って食べ物を出し、水を飲むようにしてください。 もう一方の手でもう一方の手で食べることを学ぶことを節約します。 また、昨日のように手書きを練習します。

ステップ3:3日目

今日は、昨日あなたがしたことをすべて行い、左手で食べることを追加します。 左手を主に使って、牛乳に手を伸ばし、フォーク/スプーンを持ち、トーストにバターを塗る、料理するなど。

ヒント:少し練習するまで、左手で人前で食べないでください。 物事が乱雑になる可能性があります。

ステップ4:4日目

今日、昨日やったことすべてをしてください:

*左手で食べる

*右手で時計を着用する

*左手で手書きを練習する

*左手でその日の準備をする

*等...

左手で可能なすべてのことを行うために、右手を少し後ろに縛ります。 運転するとき、または両手の使用を必要とする他のことをするときだけ、それをほどいてください。

また、新しい左利きに合わせてマウスボタンを切り替えてください! これを行うには、コントロールパネル>プリンタとその他のハードウェア>マウスに移動し、「マウス機能を切り替える」または上部にあるようなボタンをクリックします。 これにより、選択と右クリックに使用するマウスボタンが切り替わり、反転します。


それについてです。 これらのことをやり続けるだけで、十分な時間を与えて、両手利きになる必要があります!

関連記事