紡績糸

糸は何千年も紡績されてきました。 小さな繊維と紡錘で、あなたもこの最も古い錬金術に参加できます。 このインストラクションは、トップワールスピンドルを使用して、ウールロービングからシングルをスピンする方法を示します。

ステップ1:材料

ファイバ:

漠然と繊維のようなものなら何でも紡ぐことができます。 手紡ぎに使用される最も一般的な繊維は、羊の羊毛、綿、絹、アルパカ、モヘア(アンゴラのヤギから)、およびアンゴラ(アンゴラのウサギから)です。 私の意見では、紡ぐことを学ぶのが最も簡単なのは羊の毛ですが、原理は繊維を紡ぐことと同じです。

ロービングと呼ばれる準備済みの羊毛を使用します。羊毛は、余分なラノリン(グリース)を除去するために洗浄され、すべての個々の繊維を同じ方向に向けるためにカードまたはコーミングされています。 ロービングは、お近くのヤーンストア、または複数のオンライン小売店で見つけることができます。 私は、手塗りのロービングのためにetsy.comを熟読するのが好きです。 長い繊維だけを残すようにコーミングされたウールである「トップ」は今のところ避けてください。初心者にとっては難しくなりますが、ベルトの下で少し練習するだけでも楽しいです。

このインストラクタブルに描かれている羊毛は、ロムニーとメリノのブレンドです(これらは羊の品種です)。

スピンドル:

最も単純な例では、スピンドルは実際にはどこかに重りが付いたスティックです(別名渦巻き)。ドロップスピンドルには、2つの主な種類があります。上部の渦巻きと下部の渦巻きです。 スピンドルにもさまざまな重量がありますが、約2〜3オンスのスピンドルから始めることをお勧めします。

描かれているスピンドルは、上部の渦巻き1.5オンススピンドルですが、下部の渦巻き、またはCDRを保存するスピンドルを使用することもできます。 以下は、CD、ダボ、フックからスピンドルを作成する方法を示すインストラクションです://www.instructables.com/id/Drop_Spindle_Constrution。 また、オンライン小売店または地元の糸店でスピンドルを見つけることもできます。

ステップ2:事前ドラフト

ロービングで遊ぶ。 1フィートほどのロービングを切り離し、両端をそっと引っ張ります。引っ張ると伸びて薄くなります。 (十分に強く引っ張ると壊れることにも気付くかもしれません。これが起こっても心配することはありません。小さなピースを脇に置いて、後で参加について読んだ後で使用してください。)手で伸ばしてみてください。 6インチ、4インチ、2インチ間隔。 両手が近すぎるため、ロービングが伸びなくなる限界距離があることに気付くでしょう。 これは、この距離がステープルの長さ、つまりロービングの個々の繊維の長さより短いためです。

ロービングが元の長さの少なくとも2倍になるまで、ロービングをゆっくりと伸ばします。

ステップ3:ファイバー管理

ドラフト済みのロービングを左(または主でない)手首に巻き付けます。 ロービングの終わりを押し込むための糸のブレスレットを持っていると便利です。 スピンすると、手首からロービングがほどけます。

これは本質的には人参と同じ目的を果たしますが、私たちの目的と少量の繊維では、手首で十分です。

ステップ4:リーダーを付ける

束ねたスクラップ糸(糸の典型である複数のストランド)を使用して、1フィートの長さの部分をスピンドルのシャフトに結び付けます。 ここではハーフヒッチを使用しましたが、古い結び目でも使用できます。 リーダーを渦巻きの端に回し(多くのスピンドルには、この目的のために端に便利なノッチがあります)、スピンドルシャフトの上部にあるフックの下に入れます。

ファイバーを方程式に導入する前に、シャフトを渦巻きの下で回転させ、リーダーから吊るすことにより、スピンドルに(時計回りの)スピンを与えることができます。 糸のねじれが反発して減速するまで、スピンドルがしばらくの間どのように動き続けるか見てください。 ハイテク!

ステップ5:ファイバーをリーダーに結合する

ロービングの端から数本の繊維を取り出し、左手でリーダーの端と一緒に保持します。 もう片方の手で、スピンドルを時計回りに回転させて、左手でリーダーとファイバーをつまんで保持します。 ファイバーがリーダーにねじれていることに気付くはずです。 リーダーに十分なひねりを加えてから、シャフトを膝の間に挟んでスピンドルを「パーク」します。

ステップ6:パークとドラフト

少しチートして、最初にトレーニングホイールで学習します。 紡績は、制御された量の繊維にねじれを加えるだけですが、両方を同時に行うことがいかに難しいか驚くことになります(つまり、ねじれを加え、ねじれが生じる繊維の量を制御します)。パットユアヘッドおよびラビングユアミーティの操作なので、「パークアンドドラフト」メソッドを使用して、課題の半分を削除します。 「パークアンドドラフト」は、椅子に座っているときに行うのが最も簡単な方法です。そのため、スピンドルを膝の間に挟み、両手を自由に動かせるようになります。

右手を上げて左に会い、ねじれが終わる場所をつまんで、左手を自由に動かして戻ります。 手の間の繊維は「ドラフト三角形」と呼ばれます。 製図用三角形の繊維の量によって、完成した糸の太さが決まります。 より細い糸が必要な場合は、三角形の繊維をさらに抜き取ります。 ドラフトトライアングルの太さに満足したら、正面(右)の手を放し、ツイストをトライアングルに走らせ、糸を作ります!

このプロセスを繰り返して、フロントハンドをツイストセクションの新しい端まで動かし、左手を後ろに動かし、ドラフトし、新しくドラフトしたファイバーにツイストを入れます。 さらに撚りを加えたい場合は、ドラフト用三角形の底で左手で糸を持ちます。ここで、繊維が糸に変わります-その撚りに紐を付けることが重要です。 空いている手でスピンドルを回転させ、ねじれを増やして、再び駐車します。 糸が1本か2本手に入るまで続け、次のステップに進みます。

ヒント:ドラフト三角形のねじれが大きすぎて快適にドラフトできない場合は、右手でファイバーを回転させてねじれを解いてみてください。 また、十分なねじれがないことがわかり、糸が簡単に引き離されるように感じる場合があります。その場合は、より多くのねじれを追加する必要があります。

この時点でどのように見えるか心配する必要はありません。プロセスがどのように感じられるか心配する必要はありません。手に多くの理解をさせてください。

ステップ7:巻き取り

紡績したばかりの糸は最終的には長すぎて快適に追加できなくなります。 糸のフックを外し、スピンドルのシャフトの周りに10フィートかそこらを除いてすべてを巻き、次に渦巻きの周りに持って行き、再びフックに入れます。 次に、「パークアンドドラフト」メソッドを続行します。

ステップ8:ファイバーを追加する

事前にドラフトされた繊維がなくなったとき、または糸を切ったときは、結合する必要があります。 これは、リーダーの代わりに自分のハンドスパンに参加していることを除いて、最初にファイバーをリーダーに参加させたときとまったく同じです。

数本の繊維をいじり、繊維と一緒に握ってから手で締め、繊維がくっつくまでねじります。 ツイストは繊維の接着剤のようなもので、魔法のように互いに絡み合います。 今までと同じように回転を続けます。

ステップ9:トレーニングホイールを脱ぐ

物事が楽になり始めたら、スピンドルを駐車せずに回転してみてください。 また、立ち上がってスピンすることもできますし、練習すれば、歩いてスピンすることもできます。 また、スピンドルを指で回転させるのではなく、太ももに転がすことで、より深刻なスピンを与えたいかもしれませんが、同じ方向のスピン(時計回り)を与えるようにしてください。

スピンドルがいっぱいになるまで回転を続けます!

ステップ10:ハンクを巻き、ブロックする

完成した糸は、「ブロッキング」とも呼ばれる洗浄のためにスピンドルから取り外す必要があります。 ブロッキングは糸を設定し、それが少し咲くのを助けます。 撚り糸を作る場合は、ブロックする前に、最初に完成した「シングル」(今作ったものの名前)を他のシングルと撚り合わせます。 しかし、私たちはシングルを作成しているだけなので、すぐにハンクを作成します。

niddy-noddyに投資することができます。これは、糸をハンクに巻き付けるために特別に設計されており、言うのは楽しいですが、前腕だけを使用することもできます。 スピンドルから糸を親指と肘の周りの一連のループに巻き取ります。 両端を結び、スクラップ糸を使用して、ハンクの片側に1本または2本のネクタイを作ります。これにより、糸が絡まるのを防ぎます。 あなたのハンクはすべて不安定で波打つでしょう。 心配しないでください。

糸をふさぐには、糸をぬるま湯に浸し、余分な水をそっと絞り出して、手で数回はめ込みます(または、硬い表面に叩きつける人もいます)。 ハンクをドアノブやシャワーカーテンフックに掛けます。 これは単一であり、多くの積極的なひねりが加えられているので、ねじれを取り除くのに役立つようにそれを重くすることもできます。 水または他の液体で満たされたスプレーボトルは、ハンクの下半分に簡単に引っ掛けることができるため、おもりとしてうまく機能します。 また、糸を手早く持っている場合は、その上で乾かすためにハンクを伸ばすことができます。

糸を数回撚り、半分に折り、一方の端をもう一方の端のループに通すことで、糸のかせをかせに変えることができます。

ステップ11:練習練習

私はもう4年近く紡績を続けていますが、今でもテクニックを磨いています。 すぐに、またはこれまでにあなたの手紡績が完璧であることを期待しないでください-それは手紡績糸の魅力の一部です。 さまざまな繊維と太さの紡績を試し、さまざまなスタイルの製図を試してください。

最も重要なことは、手で物を作ることです! 紡績の先生、マギー・ケイシーの言葉を借りると、糸を使わない紡績工はパンを味わわないパン屋のようなものです。 手編みで編み、かぎ針編み、または織りを行うと、貴重なフィードバックが得られ、紡績プロセス中に十分な情報に基づいた選択ができます。

スピンスピンスピン!

関連記事