はんだ付けワイヤを一緒に

ワイヤをつなぎ合わせるとき、はんだごてが冷めた後でも導電性を維持する電気接続を得ることが重要です。 これに最も重要なのは、電気的な接続だけでなく、ワイヤ間の良好な機械的接続を得ることです。

私はTechShopのはんだ付けステーションを使用して、作業中にすべてを所定の位置に保持することができました。

ステップ1:ワイヤを準備する

剥ぎ取りたてのマルチフィラメントワイヤは、はんだ付けがうまくいく前に注意が必要です。

まず、各ワイヤーのフィラメントを撚り合わせ、またはピグテールにして、整然とした状態を保ち、単一のエンティティーのように振る舞うようにします。

この時点でも、フィラメントにはんだ付け樹脂を追加することを好みます。 ワイヤを錫メッキするときに、はんだが本当に流れるようにします。 フラックスコアはんだを使用する場合、この手順は重要ではありませんが、依然として役立ちます。

ステップ2:ワイヤーに錫メッキをする

ワイヤを接合する前にワイヤを錫メッキ(はんだごてでフィラメントにはんだを溶かす)すると、スプライスのはんだ付けの次のステップがはるかに簡単になります。 素早く熱を分散するのに役立ちます。また、後ではんだを広げる必要がないので、部品ははるかに短い時間で熱を必要とします。 これにより、スプライス近くのワイヤシールドを通して溶けたり、回路基板またはコンポーネント自体にはんだ付けする場合に近くのコンポーネントを損傷する可能性が低くなります。

フィラメント間ではんだを均等に分配したいが、はんだがフィラメントを飲み込み始めるほどではない。 写真の上のワイヤーはほぼ正しいですが、下のワイヤーははんだが多すぎます。 はんだが多すぎると、ワイヤが非常に硬くなり、次のステップのためにまだかなり柔軟である必要があります。

ステップ3:ワイヤーを機械的に結合する

引き離されるのを防ぐために、はんだ付けを行う前にワイヤを互いに巻き付ける必要があります。 これにより、ワイヤが引っ張られても、はんだが物を一緒に保持しないようになります。 はんだ付けの主な機能は、物を接着することではなく、電気を伝導することです(確かにそれも役立ちます)。

一方のワイヤをもう一方のワイヤに巻き付け、シースの上に十分な金属が露出するように注意して、もう一方のワイヤを順番に巻き付けます。 ラップのターンは、互いに隣接せず、重ならないようにします。 ラップを整頓してください。

残念ながら、私の2番目のラップはかなり乱雑になりました。 悪い例で批判することから学べることを願っています。

ステップ4:スプライスをはんだ付けする

2本の錫メッキされたワイヤが互いに巻き付けられたので、はんだごてを再適用すると、各ワイヤのはんだが溶けて混ざり合い、きれいな固体はんだ接合が形成されます。 亀裂を実際に埋めて、高強度、低抵抗の接合部を得るには、もう少しはんだを追加する必要があります。

関連記事