ガラス繊維と炭素繊維を成形する簡単な方法

ガラス繊維と炭素繊維を使用して単純な部品を製造するために使用する低コストで迅速な手順をいくつか紹介します。 構造荷重を見る部品(内部空隙を減らすために真空バッグ/圧力成形のような何らかの統合を使用する必要がある部品)または非常に高い仕上げレベルが必要な部品を製造するための最良の方法ではありませんが、私はすべてを成形しましたシンプルな自動車部品からサブウーファーエンクロージャー、これらの方法を使用したコスチューム/演劇小道具まで。

ステップ1:材料

透明包装テープ
青い発泡断熱材-多くのホームセンターで入手可能
ラミネート樹脂-ポリエステル樹脂とエポキシ樹脂(ファイバーグラスにはボンドポリエステル樹脂、カーボンにはウェストシステムズのエポキシ樹脂を使用しています)
アセトン
ペイントブラシ-短い毛のブラシを使用します。時々、毛の長さを1/2 '〜1 "の長さに切ります
離型ペーストワックス-Aircraft Spruceから入手可能-//www.aircraftspruce.com
グラスファイバー織布および/またはチョップドストランドマット-CSMとも呼ばれます
編まれた炭素繊維布-Aircraft Spruceから入手可能//www.aircraftspruce.com
3M Super 77スプレー接着剤(オプション)
ゴム手袋
フィルタリングマスク

樹脂や繊維を扱うときは、適切な安全装置を使用してください。 炭素繊維は切断時に非常に鋭利であり、樹脂の使用と発泡体の溶融は不快な蒸気を生成する可能性があります。

ステップ2:方法#1-金型を作成して位置を引き出す

この方法を使用して、友人のRalt R5 CSRマツダレースカーの既存の車体を修正しました。 彼の新しいタイヤ/ホイールのセットアップにより、フロントタイヤが既存のボディワークにぶつかったため、フェンダーに穴を開けてから、スペーサーでプレートをボルトで固定して、サスペンションが完全に圧縮されたときにフロントタイヤがクリアされるようにしました。 改造はかなりく、空力的ではありませんでした(タイヤは時々摩擦することは言うまでもありません)ので、彼は既存の車体にグラフトできる新しいフェンダー部品を作るように頼みました。彼のレースカーの前。 私はこれらの修正を数年前に行ったので、シーケンス全体の写真がないので、隙間を埋めるために図面を作成しました。

私が最初にしたことは、私がフェンダーラインをどれだけ上げたいかを理解し、次に青い泡を切るのに使用するテンプレートを切ることでした。 次に、青いフォームを熱線カッターで切断し、既存のフェンダーの上に置いてフィットを確認します。

次に、透明な梱包テープを使用してフォームをフェンダーにテープで留めます。テープは、グラスファイバーを貼るときにポリエステル樹脂がフォームを溶かすのを防ぎます。 それから、木製のモールディングを使用して新しいフェンダー用の通気口を作りました。これは、テープで貼り付けられたフォームの所定の位置に熱接着されています。

テープを貼ったフォームには、離型ワックスのコーティングが施されます。

これで、グラスファイバーの布がポリエステル樹脂で湿り、フォームの上に塗布されます。 これには、グラスファイバー織布またはチョップドストランドマットを使用できます。 CSMを使用する場合、ポリエステル樹脂を使用する必要があります。ポリエステル樹脂はCSMのスチレンバインダーを溶かします。 エポキシ樹脂が行うすべては、巨大な混乱を作ることです。

織布を使用するときのコツの1つは、布を事前にカットし、3M Super77スプレーセメントでパターンに貼り付けてから、短い毛ブラシを使用して織布を樹脂で濡らします。 布(またはCSM)をセクションに適用する必要がある場合は、セクションが少なくとも1インチ重なり合っていることを確認してください。

樹脂が硬化したら、フォームパターンからグラスファイバー型を引き抜くことができます。

グラスファイバー金型からポジ型炭素繊維を成形するには、まずグラスファイバー金型に離型ワックスを塗布します。

次に、カーボンクロスを樹脂で濡らし、グラスファイバー型の内側に置きます。 樹脂を濡らすときは、短い剛毛の絵筆と「点描」アクションを使用して、樹脂が型に置かれているカーボンクロスに完全に浸透していることを確認します。 カーボンクロスをラミネートするときは、最終製品がより硬くなるため、エポキシ樹脂を使用する傾向があります。

私は通常、交互に45/90度の位置でカーボンクロスの層を適用します。 これは、織られたカーボンクロスは、繊維の方向の方向にのみ剛性があるためです。

樹脂が完全に硬化する前に、ハサミで金型の縁の周りの余分な材料をトリミングできます。これは後で行うのがはるかに困難です。

樹脂が完全に硬化したら、部品を金型から取り外すことができます。

成形プロセスが完了した後、私がしなければならなかったのは、新しいカーボンセクションを既存の車体に接着し、フィラーとブレンドすることだけでした。

ステップ3:方法#2-ロストフォーム成形

この方法を使用して、友人のポルシェGT5Rレースカーにオイルクーラー用のエアダクトを作成しました。 これは、中空のコンポーネントや、単一の雌型で成形することを許さない厳しいアンダーカットのある部品を成形する非常に迅速かつ簡単な方法です。

最初のステップは、青い断熱フォームからパターンを切り取り、透明な梱包テープで包むことです。

次に、テープを貼ったパターンを離型ワックスで覆います。

次に、グラスファイバーの布でパターンを覆い、樹脂を濡らします。 覆われていないセクションを残してください-これはフォームが溶ける場所です。

樹脂が硬化したら、覆われていない部分にアセトンを注いで発泡体を溶かします(図4では灯油と表示されていますが、これは正しくありません)。 あなたの部品の下にまともなサイズのトレイまたはバケツがあることを確認してください-これは面倒になります! 発泡体が溶けたら、中空部分に手を伸ばして梱包テープを引き抜くと、中空の成形品が残ります。

ステップ4:方法#3-既存のアイテムを金型に使用する

この場合、トランクスペースを失わないように、スペアタイヤ内にグラスファイバーの浴槽を成形して、車の隠しサブウーファーエンクロージャを作りたいと思いました。

最初に、スペアタイヤホイールの内側を透明なパッキングテープで覆い、離型ワックスの良いコートを施すことから始めました。

次に、MDFから大きなリングを切り取り、スペアタイヤの上に置きました。

それから、グラスファイバー(これにはCSMを使用しました)をテープスペアタイヤに敷き始めました。 MDFリングの上面に重なるようにグラスファイバーを塗布しました。 これにより、完成した成形タブが非常に強くなり、成形後にスペアタイヤから取り外しやすくなりました。

樹脂が硬化した後、別のMDFリングをカットしてサブウーファーをマウントし、ファイバーグラスの浴槽に成形されたMDFリングに結合しました。 私は2つのリングの間にシーラントを使用し、それらをねじ込みました。

次に、サブウーファーの配線用にMDFの穴に穴を開け、配線をウーファーに配線した後、シーラントを塗布しました。 最後のステップは、サブウーファーをボルトで固定することでした。

成形された浴槽の容積は10インチのサブウーファーに最適であることが判明し、追加のトランクスペースを占有せずに素晴らしいサウンドになりました。

関連記事