シンプルな点滅LED回路

LEDを点滅または点滅させるために構築できる非常に単純な回路。 回路は、トランジスタ、抵抗、コンデンサ、LEDを使用して構築されます。 もちろん、ブレッドボード、ワイヤージャンパー、および電源が必要になります。 部品リストには次のものが含まれます。

  1. PNPトランジスタ、P / N 2907A、数量:2
  2. 抵抗、値470オーム、数量:2
  3. 抵抗、値100kオーム、数量:2
  4. コンデンサ、10 uF、数量:2
  5. LED、数量:2
  6. ブレッドボード
  7. ジャンパー線

始めましょう:

ステップ1:トランジスタを追加する

2つのPNPトランジスタとジャンパ線を電源BUSから各トランジスタのエミッタに追加します。 2つのトランジスタを挿入した方法のため、エミッタは両方のトランジスタの左側にあります。

ステップ2:コンデンサを追加する

2つのコンデンサを回路に接続します。 最初のコンデンサの正極リードをトランジスタ2のコレクタに接続します。次に、同じコンデンサの負極リードをトランジスタ1のベースに接続します。

2番目のコンデンサについて上記のプロセスを繰り返します。 2番目のコンデンサの正極リードをトランジスタ1のコレクタに接続します。同じコンデンサの負極リードをトランジスタ2のベースに接続します。

ステップ3:100K抵抗を追加する

次に、100kの抵抗をトランジスタに接続します。 抵抗の一方のリードはトランジスタのベースに接続し、もう一方のリードはグランドに接続します。 両方のトランジスタに対してこれを行います。

ステップ4:LEDを追加する

最後に2つの470オーム抵抗器と2つのLEDを追加します。 トランジスターの写真を追加して、エミッター、ベース、コレクターを特定しました。

最初の抵抗の一方のワイヤをトランジスタ1のコレクタに接続します。次に、もう一方の抵抗のワイヤを最初のLEDの正のワイヤに接続します。 次に、LEDのマイナス線をアースに接続します。

他の抵抗とLEDについても同じ手順に従います。 2番目の抵抗の一方のワイヤをトランジスタ2のコレクタに接続します。次に、もう一方の抵抗のワイヤを2番目のLEDの正のワイヤに接続します。 次に、LEDのマイナス線をアースに接続します。

ステップ5:電源を供給し、LEDが点滅するのを見る

最後のステップは、電源を供給し、LEDが点滅するのを見ることです。 私は9ボルトのバッテリーを使用し、それはうまくいきました。

楽しみのために、他のコンデンサの値を試して、LEDが点滅する速度を変更できます。

関連記事