シンプルな基本LED回路(LEDの使用方法)

この説明は、LEDの使用方法と、3V、6V、9V、12VのLEDの動作に使用する電流制限抵抗器の簡単な基本的なLED回路の作成方法をガイドします。

LEDは電子機器の重要なコンポーネントであり、いくつかの表示やその他の装飾目的に使用されます。 ただし、それらを電源に直接接続することはできません。直接接続するとすぐに破壊されます。そのため、LEDで適切な電流制限抵抗を使用することを常にお勧めしますが、間違った値の抵抗を使用すると寿命も短くなります。

このガイドでは、LEDをさまざまな電源に接続する方法と、使用できる電流制限抵抗器の種類を学びます。 プロジェクトの詳細については、こちらのページをご覧ください...シンプルな基本LED回路

ステップ1:10オームの抵抗を備えた3ボルトの基本LED回路。

上の図は3V LED回路を示しています。この回路には2つの単三電池が使用されています。 3VのLEDを操作しているときは、最低10オームの抵抗を使用する必要があります。 詳細については、Simple Basic LED Circuitをご覧ください

ステップ2:390オームの抵抗を備えた6ボルトの基本LED回路。

上記のように6ボルトの電源または6ボルトのバッテリーでLEDを操作するときは、390オームの抵抗の最小値を使用する必要があります。

ステップ3:470オームの抵抗を備えた9ボルトの基本LED回路

9V電源またはバッテリーでLEDを操作している場合、LEDの電流制限器として最小値の470オームの抵抗を使用します。

ステップ4:560オームの抵抗を備えた12ボルトの基本的なLED回路

12V電源またはバッテリーでLEDを操作するには、最小560オームの抵抗を使用するか、1Kの最大値を使用することもできます。

このプロジェクトの詳細については、以下のリンクをご覧ください。

プロジェクトページ:シンプルな基本LED回路

関連記事