簡単なArduinoとHC-SR04の例

AmazonからHC-SR04を購入した後、箱から出して動作させることはできませんでした。 手にDOAセンサーがあったことを認めたくないので、簡単なセットアップ例を探しました。 必要以上に長い時間を費やした後、他の新しいティンカーがプロジェクトを軌道に乗せるのを助けるために、これを説明できるようにすることにしました。

この例はLEDを備えているという点で必要以上のものであると認めていますが、これにより、距離を表示してセンサーの精度を確認するためにPCを必要とせずにテストできます。

ステップ1:部品リスト

Arduino UNO R3(Adafruitマウントを使用)
1つのHC-SR04超音波センサー
1つの赤色LED
1つの緑色のLED
560オーム(緑、青、茶色、金)の2つの抵抗
ハーフブレッドボード
8本のオス/オスフックアップワイヤ
センチメートルを測定する(またはシリアルモニターを使用する)定規

ステップ2:コンポーネントを接続する

2つの図に示すように、コンポーネントとワイヤを接続します。

ステップ3:スケッチをアップロードする

スケッチをArduinoにコピーして、点滅するライトを確認します。


/ *
HC-SR04 Ping距離センサー]
VCCからArduino 5v GNDからArduino GND
Arduinoピン13へのエコーArduinoピン12へのトリガー
赤いPOSからArduinoピン11
緑のPOSからArduinoピン10
LED NEGとGRDの両方の電源レールへの560オームの抵抗
詳細://goo.gl/kJ8Gl
Trollmaker.comから入手したPingスケッチのオリジナルコードの改善
//en.wikiversity.org/wiki/User:Dstaub/robotcarに触発されたコードと配線
* /

#define trigPin 13
#define echoPin 12
#define led 11
#define led2 10

void setup(){
Serial.begin(9600);
pinMode(trigPin、OUTPUT);
pinMode(echoPin、INPUT);
pinMode(led、OUTPUT);
pinMode(led2、OUTPUT);
}

void loop(){
長時間、距離;
digitalWrite(trigPin、LOW); //この行を追加しました
delayMicroseconds(2); //この行を追加しました
digitalWrite(trigPin、HIGH);
// delayMicroseconds(1000); -この行を削除しました
delayMicroseconds(10); //この行を追加しました
digitalWrite(trigPin、LOW);
duration = pulseIn(echoPin、HIGH);
距離=(期間/ 2)/ 29.1;
if(distance <4){//これはLEDオン/オフが発生する場所です
digitalWrite(led、HIGH); //赤の条件が満たされると、緑のLEDが消えます
digitalWrite(led2、LOW);
}
そうしないと {
digitalWrite(led、LOW);
digitalWrite(led2、HIGH);
}
if(距離> = 200 ||距離<= 0){
Serial.println( "範囲外");
}
そうしないと {
Serial.print(距離);
Serial.println( "cm");
}
delay(500);
}

添付ファイル

  • Code.txtダウンロード

関連記事