溶接キャップを縫う

これは「ウェルダーズキャップ」を作ることです。 これは二重目的の帽子です。 あなたはそれをキャップのように手前に着用するか、または向きを変えて、溶接中に火花が飛ぶのを防いで首を保護することができます。

ステップ1:必要なもの:

  • 外側の布-約¼ヤード
  • 裏地-約¼ヤード
  • バッティング-スクラップ(またはヒュージブルインターフェース)
  • パターン-オンラインで良いパターンがあります。 //www.flickr.com/photos/sewing_engineer/3226539174/から入手しました(編集-この以前のリンクはここで動作していませんでしたので、このインストラクタブルにパターンの画像も追加しました:))。

ステップ2:パターンを切り取る

本当にシンプル-パターンを切り取ります。 私はパターンの断片を切り取るときにそこに線を残す傾向があります:)。

ステップ3:生地を切り取る

パターン片の指示に従って、両方の生地から適切な数の各片を切り取ります。 このステップではインターフェイスを切断しませんが、後で行います。 このパターンには、ハットバンド用のピースはありませんでしたが、頭を測って、それもカットしてください(パターンの指示に従って)。

ステップ4:マーキングを転送する

パターンからパターンピースにマーキングを転送します。 水溶性ペンまたはチョークペンシルを使用して、マーキングを洗い流してください。

ステップ5:布片をすべて集める

これで、すべての部品が切り取られ、組み立てられるようになります。 インターフェース時間です:)。

ステップ6:インターフェース

ピースに合わせてインターフェースをカットし、それを布に注意深くセットして適用する人がいますが、私はそれほど正確ではありません。 アイロン台の上にピースを下向きに置き、すべてのピースの上に大きすぎるサイズのインターフェースを置きます。 インターフェイスが設定されたら、アイロン台から引き出して、サイズを元に戻します。

(より厚いバッティングを使用している場合は、これを法案に縫い付ける必要があります。1/ 4インチの許容範囲内に貼り付けてください)

ステップ7:サイドピースのトップのみを縫い合わせる

2つのライニングサイドピースを互いの上に、右側を合わせて置きます。 パターン片から転送した2つのドットの間に直線を縫い付けます(パターンが示す縫い代に合わせて)。

あなたの外側の生地にも同じことをしてください。

縫い目を押して開きます。

ステップ8:前面と背面のピースを接続する

側面と同様に、2組の前面と背面のピースを互いの上に置き、各セットの片側だけを縫います-点で停止します。 4セットすべてに対してこれを行います。

縫い目を押して開きます。

ステップ9:ドームを完成させる

フォント/バックセクションの縫い合わせたセクションを、先ほど接続した辺の上に置きます。 これらの右側を一緒に置き、エッジに沿って固定します。 縫い目を端から点まで縫います(点でバックステッチ)。

もう一方の開いている側を反対側に接続します。 これにより、半ボウル形が作成されます。

次に、残りの前部/後部をボウルの開いた部分に接続します。

これで、完全なボウルの形ができました。 これが帽子の冠です。

プレスはすべて開いているようです。

外側の布地ですべての手順を繰り返します。

ステップ10:請求書を作成する

法案の2つの部分を一緒に置き、右側を合わせて固定します。

縫い代で大きな湾曲した縁の周りに縫います。

より大きな湾曲したエッジの周りのクリップカーブ。 縫ったばかりのステッチを切らないように注意してください。

ステップ11:法案を完成させる

法案を裏返しにして、縫い付けた縁を隠す。 縫い目に布を押し込んで、鮮明なエッジを作成します。 縁を押して、縁に縫い線を追加して、縁を閉じます。

(一部の人々は、法案にますます小さなループを縫い付けるために、法案全体に小さなループを縫い続けています。

ステップ12:バンドピースを接続する

小さな長方形の「バンド」を取り、それらを小さな端でリングに結合します。 布を半分の長さで、右側を合わせて折り、両端を縫い合わせます。 縫い目を押して開きます。

ステップ13:バンドをBillにアタッチします

ビルの未縫いの端をバンドの一方の端に合わせ、所定の位置に固定します。 これは、曲線のエッジを直線のエッジに一致させるので少し注意が必要ですが、時間をかけて多くのピンを使用するだけです。

法案を裏返し、今、他のバンドの部分を法案の反対側に一致させます。 これは、最初の側から一度に1つのピンを削除し、すべてのレイヤーを収集した状態でピンを再固定することで簡単に実行できます。

バンドに法案を縫います。 法案だけで停止するのではなく、右側の2つのバンドピースに一致する完全な円を縫います。

ステップ14:バンドを完成させる

外側の布でバンドを引き上げて平らにし、滑らかな表面にします。 この縫い目をピンで留めてから縫い、後でバンチングが起こらないようにします。

ステップ15:ドームの取り付け

外側シェルドームをバンドの縫い付けていない端にピンで留め、右側を合わせます。

これらを一緒に縫います。

バンドに向かって縫い目を押します(バンドの「下」に押します)。

ステップ16:インナードームの取り付け

帽子を裏返しにします。 反転したドームに手を入れて、キャップ(およびあなたの手)の上に裏地のドームを置きます-反対側を合わせます。 これを引き下げて、バンドの内側に押し込みます。 ピン。

ピン留めしたら、帽子を右側に戻し、外側を再度固定して、ステッチする場所を確認します(これは私が行ったステップであり、次のステップで不均一なステッチラインが表示されます)。

帽子の内側からピンを取り外します。

バンドの上部の縫い目に沿って縫います。 これにより、内側のドームとバンドをキャッチして、すべてをまとめます。

ステップ17:新しい帽子をチェックアウトする

できました! かわいい小さな溶接キャップが必要です。 プライドでそれを着て、それはあなたの首を保護する仕事です:)。

関連記事