Raspberry PiでVNCサーバーをセットアップする

Raspberry Piが通常モニター、マウス、キーボードを必要としないタスクを実行することを目的としている場合(またはその点で人間との対話)、モニター、マウスを接続せずにRaspberry Piのオペレーティングシステムにアクセスすると便利な場合がありますとキーボード。 方法は次のとおりです

ステップ1:必要な資料

次のものが必要です。
-Raspberry Pi Model B(この場合、ModelAも動作します)
-イーサネットケーブルまたはwifiドングル(これはうまく機能し、安価です://www.adafruit.com/products/814)
-標準のUSB-マイクロUSBケーブル(ほとんどのAndroidスマートフォンに付属)
-初期設定用のモニター、マウス、キーボード
-2つ以上のものを接続する場合はUSBハブ(この場合は、マウス+キーボード+ Wifiドングル)

ステップ2:Raspberry PiにVNCサーバーをインストールする

このインストラクションは、Raspbianまたはオペレーティングシステムが既にインストールされていることを前提としています。 (Raspbianはこのインストラクションに使用されました)

オペレーティングシステムをまだインストールしていない場合、よく文書化されている一般的な安定版はRaspbianで、NOOBS(New-out-of-box-software)を使用してインストールできます。 SDカードにダウンロードすると、ほとんど自動的にインストールされます。 これにより、Raspberry Piのセットアップが可能になります-これは、これからPiと呼ばれるようになります-非常に簡単です!

ここでオペレーティングシステムを実行したら、VNCサーバーをインストールするために必要な手順があります。

1. LXターミナルを開きます
2. LXターミナルで「sudo apt-get update」と入力して、オペレーティングシステムを最新バージョンに更新します。
3.「y」のタイプを更新するようにプロンプ​​トが出されたら、Enterを押します
4.更新が完了したら、「sudo install tightvncserver」と入力します。 「y」を押して、プロンプトが表示されたらEnterキーを押します
5.タイトなVNCサーバーのインストールが完了したら、「vncserver:1」と入力して起動できます。
6.パスワードを作成するように求められます。 パスワードはMOST 8文字の長さにすることができます。
7.パスワードを入力したら完了です! VNCサーバーは、Raspberry Piのオペレーティングシステムのバックグラウンドで実行されています。 ネットワーク上の任意のコンピューターをVNCクライアントで使用して、Raspberry Piにリモートアクセスできるようになりました

ステップ3:Windows PCにVNCクライアントをインストールする

これは、Windows PCにクライアントをインストールする方法のみをカバーしています。 利用可能な無料のクライアントがいくつかあります。 今回はUltra VNCを使用しますが、無料バージョンを提供するVNCクライアントのリストは次のとおりです。

-タイトなVNC
-リアルVNC
-ウルトラVNC

これらのVNCクライアント/ビューアーのいずれかをインストールしたら、Raspberry PiのIPアドレスを把握する必要があります。 これを行うには、LXターミナルを開き、「sudo if config」と入力します。

Raspberry PiのIPアドレス(下図の赤いボックスで表示)がわかったら、Windowsマシンに移動してVNCクライアントを開きます。 PiのIPアドレスに続けて「:1」を入力し、パスワードを入力してください。 これで、Raspberry Piのオペレーティングシステムにリモートでアクセスできます。

ステップ4:起動時にVNCサーバーを自動的に起動するようにPiを設定する

PiにVNCを実行できるようになったので、モニター、マウス、キーボードに再び接続する必要はほとんどありません。 しかし、Piの電源を切ったり、Piを再起動するとどうなりますか? VNCサーバーを再起動するたびに、モニターとキーボードを接続する必要がありますか? もちろん違います! Piをセットアップする方法を次に示します。これにより、別のキーボードとマウスを再度接続する必要がなくなります。

1.起動時に自動的にグラフィカルユーザーインターフェイス(これが実際に対話するデスクトップ環境)で起動するようにPiをセットアップします。 これを行うには、LXターミナルを開き、「sudo ipconfig」と入力します
2.「デスクトップへの起動を有効にする」を選択します
3. [デスクトップ]を選択して[OK]を押します
4.「完了」を選択して終了し、行った変更を保存します
5. LXターミナルに戻り、「cd / home / pi」と入力します。 これにより、明らかにhome / piディレクトリに移動します。
6.「cd .config」と入力して、非表示の設定ディレクトリに移動します
7.「sudo mkdir autostart」と入力して、「。config」フォルダー内に「autostart」という名前の新しいフォルダーを作成します。
8.「cd autostart」と入力して、作成したフォルダーに入ります。
9.「sudo nano tightvnc.desktop」と入力して、起動時にVNCを起動するようOSに指示する新しい構成ファイルを作成します
10.これにより、LXターミナル内でテキストエディターが開きます。 テキストファイルに次を入力します。
[デスクトップエントリ]
Type = Application
名前= TightVNC
exec = vncserver:1
StartupNotify = false
11. Ctrl + Oを押して変更を書き込み、Ctrl + Xを押してテキストエディターを終了します。 Piは起動するたびにVNCサーバーを自動的に起動します!
12.解放したばかりの追加のモニター、マウス、キーボードをどうするかを考えます。


Techshopで作成しました:www.techshop.ws

関連記事