ロボットハンドサイエンスプロジェクト

こんにちは、

最初に少し紹介します。 私は地元の小学校で理科の先生としてボランティアをしており、私の目標は各子供に学習への愛を植え付けることです。 ここで私のブログをチェックできます。 Kto6Scienceプロジェクト。

さて、ロボットの手に…。

本で説明されているプロジェクトやYoutubeで表示されるプロジェクトはばかげているように思えますが、教室に持ち込む前にいじくり回す必要のないプロジェクトにまだ出くわしていません。 これはそれほど悪くはありませんが、それでも予想以上に時間がかかりました。

Youtubeとteachengineering.orgでこのロボットハンドプロジェクトに出会いました(私は思う)が、それを構築しようとしたとき、ねじれを解決するのに2時間近くかかりました。

もちろん、私はいくつかの異なるバージョンを試さなければならなかったので、調整しながら調整しなければなりませんでしたが、これをいじくり回すことなく2年生の教室に直接持ち込めるかどうかはわかりません。

しかし...私は子供と一緒に試してみるのは楽しいと思う。

ステップ1:サプライ品を集める

必要なもの:

  • テープ
  • はさみ
  • 厚紙または厚紙
  • 標準的なストロー(ドルストアの種類は問題ありません)
  • パールドリンクストローまたは大口径ストロー
  • 糸またはより糸

ステップ2:ロボットハンドを描く

  1. 段ボールまたは厚紙に手をトレースします。
  2. トレースされた手を切り取ります(実際のトレースよりも少し大きく切り取ります)。

ステップ3:ジョイントの作成

  1. 切り欠きに指の関節をマークします。
  2. 直線または曲線を描きます。

ステップ4:ロボットハンドを作成する

  1. ラインで指を折ります。
  2. 小さいストローをサイズに合わせてカットします(糸の糸通しを容易にするために、線の間に小さな隙間を残します)。
  3. 手にわらの部分をテープで留めます。
  4. わらの部分に糸を通します。 各指には、独自の長さの糸があります。
  5. 5本すべての糸を大きなストローに通します。

ステップ5:追加のコメント:

ねじ切り部分は困難でした。 もし糸に大きな針があれば、それはそれをより簡単にしたでしょうが、私はしませんでした。 それで、私はそれに苦労しました。 教室でこれを使用する場合は、このプロジェクトのために大きなプラスチック製の針を購入する必要があると思います。

私は腕を覆う袖を作るという壮大な計画を立てていましたが、2年生は言うまでもなく、1時間ですべてを構築できるかどうかはわかりません。 それで、私はまだそれを試すかもしれません、しかし、私はおそらくそれを教室に持ち込みません。

指ごとに異なる色の糸を購入すると思うので、生徒はどの指を動かそうとしているのかがわかります。 同じ色の糸では、どちらの端がどの指になっているのかを把握することは困難でした。

PS-次回は手順をさらに詳しく説明します。

楽しい!

関連記事