初心者向けのラグキルティング

初心者向け。 これは、ラグキルトの作り方を学びたい初心者向けです。

ステップ1:ラグキルトを作る

これは初心者向けのラグキルトを開始する方法の基本です。キルトでの作業を開始すると、キルトでの作業がより簡単かつ迅速になります。 ミニナインパッチを作成しています。 私は基本的にステップバイステップで作成しましたが、多くのステップがありそうですが、ラグキルトの作り方を学びたい初心者にとっても簡単にしたかったです。

ラグキルトを作る他の方法もあります。 より頻繁に作成を開始すると、作成方法に関する独自のショートカットが見つかります。 これは初心者にとって最も簡単だと思いました。

私自身は生地を洗ってアイロンをかけません。 一部の女性が行いますが。 その選択。 布地を購入して布団を作る前に、布地のスクラップも練習することをお勧めします。 こうすれば、間違いを犯しても良い布地を損なうことはありません。 正方形を必要なサイズより小さくするなど。 私はそれを数回しました。 ラグキルトは非常に寛容です。縫うときに間違えても、実際には目立ちません。

注意してください...あなたは中毒になる可能性があります。 ;)

ステップ2:ツール

必要な基本ツールは次のとおりです。

小さなハサミ(長い糸を切り取るため)

Seam Ripper(親友になるかもしれません):)

バネ式はさみ(フィスカルには良いものがあります)

定規(できればグリッド付きのキルター定規)

ウォッシャブルファブリックマーカー

ジャガイモの皮むき器とブラシ(クリッピング後にキルトをブラッシングするため)またはブラシとブリスルを使用できます。

ロータリーマット

ロータリーカッター

ストレートピンまたはファブリッククリップ(必要な場合はないが)

お好みの生地

サイズ14のミシン針の使用をお勧めします(縫製する生地の厚さのため)

ミシン

ステップ3:生地を切る

このプロジェクトでは、6 1/2インチの正方形を使用しています。

3つの異なるファブリックが必要になります。

コットンプリント

フランネル

背中にフランネルまたはコットン。 あなたの選択。

生地を半分の長さで折りたたむと、未加工の縁が折り目の上部にくるようになります。 マットの上に置きます。 ルーラーの線の1つを一致させて、生地が一番上の折り目にまっすぐになるようにします。

次に、折りたたんだ布を取り、マットのナンバー1の端に置きます。

ステップ4:Raw Edgeの切断

ロータリーカッターを使用して、生のエッジを切り取るまで、下から上にカットします。

ステップ5:6 1/2 "ストリップの切断

ここで定規も6 1/2インチマークだけスライドさせ、ストリップを切り取るまで下から上に再度カットします。

ステップ6:ストリップ

ストリップは次のようになります。

ステップ7:ストリップを回す

ストリップを回して、前と同じようにします。 常に生地の下から上に切ります。

ステップ8:カットスクエアの完成

これで、6 1/2 'スクエアができました。 すべての布地でこれを行います。

ステップ9:ファブリックサンドイッチ

今、各フ​​ァブリックの1枚を取り、サンドイッチを作ります。 サンドイッチとは、綿のプリントの裏を下向きにし、上部と下部の両方の正方形の中央にフランネルを置き、裏を上にして互いの上に置き、まっすぐなピンまたはクリップを使用して正方形を一緒に保持することを意味します。

ステップ10:クリップまたはピン留めされたサンドイッチ

縫製する前に、クリップまたはピンを使用して正方形を固定します。 私もクリップを使うのが好きですが、どちらでも使えます。

ステップ11:縫い代のマーキング

私もマスキングテープを使用して、ステッチラインをマークします。 縫い代として1/2インチを使用しています。 ルーラーを手に取り、ミシン針の真下に置き、針を下ろします(安全上の理由から、マシンはオフにしておく必要があります)。 これが私の縫製ガイドになります。縫い代をマークした写真で見ることができます。

ステップ12:正方形の縫製

時間もあなたの正方形を縫います。 任意のコーナーから開始し、1つのコーナーからもう1つのコーナーまで直線を縫います。 それからあなたの正方形を取り、反対側で同じことをしなさい。

洗える布製マーカーを使用して、Xをマークして直線のステッチラインにすることもできます。 大きな正方形を縫っているときに時々します。 定規のコーナーもコーナーに配置し、Xの中心がある小さな線をマークします。 正方形のサイズに応じて約1インチ程度マークします。 次に、正方形を回して反対側をマークします。 必要ではありませんが、初心者には役立ちます。

また、チェーンステッチを行うこともできます。つまり、片側に数個の正方形を縫い、結合スレッドを切り離し、反対側にチェーンを縫うことができます。 これは、正方形を縫うのに少し速くなります。 または、一度に1つずつ行うこともできます。

ステップ13:終了X縫製

これは、Xを縫い付けると正方形がどのように見えるかを示しています。装飾用ステッチを使用してXを縫うこともできます。

ステップ14:完成した正方形

正方形は次のようになります。 最良の結果を得るには、まずキルトに参加する前にすべての正方形を縫い付けます。 正方形をすべて縫い付ければ、ずっと速くなります。

ステップ15:間違った側面を一緒に

四角を縫い始めるときは、裏側の生地が互いに向き合っていることを確認してください。

ステップ16:正しい方法

あなたがあなたの正方形を縫った後、彼らはこのように見えるはずです。

ピンクのフランネルは、このプロジェクトの裏付けです。

ステップ17:ネスティング

行を縫い合わせる方法は2つあります。 これはネスティングと呼ばれます。 結合された縫い目が互いに向かい合っていることに注意してください。 縫い目も合わせて頑張ってください。 まっすぐなピンを使用して、所定の位置に保持します。

ステップ18:Seamsを開く

この方法は、オープンシームと呼ばれます。 縫い目を合わせて、写真のように縫製部分を開きます。 まっすぐなピンを所定の位置に保持します。

ステップ19:バックステッチ

私は私の行を一緒に縫うとき、私は結合された正方形があるbackstitichをするのが好きです。 これは安定性に役立ちます。 あなたもこの点に来て、あなたがあまりにも近くにいる場合、ピンを一緒に縫うことができるように、それは削除することができます。

ステップ20:行を結合する

これで、すべての正方形を縫い付けたので、行を結合します。 縫い目に合わせてクリップを固定または使用します。

正方形を縫うのに使用したのと同じ縫い代を使用します。

ステップ21:正方形のクリップ

最適な方法は、1/4 "間隔でクリップしすぎることです。これにより、よりふわふわしたキルトができます。片方の端からもう一方の端までクリップで留め、端から1インチのところで止めます。これを2マスごとに縫い合わせます。

注意:

あなたがあなたのキルトを洗うとき、それが洗い流すブルーマーカーに気づきます。

ステップ22:結合とクリッピング

正方形はすでにクリップされているので、必要なのは、結合したばかりの行をクリップすることだけです。 すべての行に対してこれを行います。行を必要な長さにしたら、それらを結合します。 2つの列を取り、ピンで留めて、バックファブリックが一致することを確認します。

ステップ23:クリッピングの終了

すべてのクリッピングを完了すると、キルトは次のようになります。 次に、キルトの端の周りに1/2 "を縫い付け、それをクリップします。

ステップ24:クリッピングのブラッシング

さまざまな方法もありますので、キルトの切り抜きを改善してください。 バターナイフを使用するには、クリッピングで前後の方法を使用します。 硬い剛毛タイプのブラシ。 ポテトピーラーとブラシを使用して、クリッピングをブラッシングします。 洗濯機に入れる前にブラッシングを行い、次に乾燥機に入れる前にブラッシングを行います。 必ず冷水でキルトを洗い、低熱サイクルで乾かしてください。 また、洗濯物を干して外で干すこともできます。

ステップ25:完成したキルト

これは、完成したキルトの外観です。 このチュートリアルが、ラグキルトを作り始めるのに役立つことを願っています。

幸運と幸運を祈る!

関連記事