空気層化による植物の繁殖

エアレイヤリングは、木本植物の繁殖方法であり、親植物に付着したまま枝を根にすることができます。 挿し木では繁殖しにくい植物や、挿し木で得られるよりも大きいサイズの新しい植物が必要な場合に便利です。

私はこの方法を正常に使用しました

-しだれイチジク( イチジクbenjamina

- 長葉イチジクイチジクbinnendijkii

-インドラバーツリー( Ficus elastica

-フィドルリーフイチジク( Ficus lyrata

-傘の木( Schefflera arboricola

-エレファントユッカ( ユッカエレファンティペス

-Cornstalk Dracaena( Dracaena fragrans-下の写真)

すべてではありませんが、ほとんどの場合、木質の観葉植物、さらには屋外の植物でも機能します。

ステップ1:ツールと材料

-繁殖させたい植物
-鋭いナイフ
-ミズゴケ(園芸用品センターで入手可能)
-(できれば透明な)プラスチックホイル(古いビニール袋でも問題ありません)(約30x30 cm)
- ストリング
-薄くて硬いプラスチック片(植物のタグ、ペットボトルやヨーグルトの浴槽などを使用しました。基本的には、湿っている場合に分解しない薄いものが必要です。数週間)。 ルート化するブランチの幅よりも少し長くする必要があります。
-糸とプラスチックホイルを切るためのはさみ
- 水
-コケを浸すボウル

数週間後、次のものも必要になります。
-植木鉢
-ポッティングミックス
-多分ステークともっとひも。

ステップ2:準備

-コケを浸してから、余分な水を絞り出します。 軽く一緒に押すと、拳サイズのボールを作るのに十分な量が必要です。
-プラスチックホイル/バッグと硬質プラスチックを適切なサイズ(それぞれ約30x30 cm、枝の幅よりわずかに大きいサイズ)にカットします。
-枝の周りに数回巻き付けて簡単に結ぶことができるくらいの長さの、2本のひもを切ります、約20-25 cm)
-根を張りたい枝と、それを切り取る場所を選択します(できればノードのすぐ下-葉が付いている/付いていた場所です)。 必要に応じて、葉をいくつか取り除きます。葉のない枝が約10〜20 cm必要です。

ステップ3:枝を切る

枝の半分から3分の2ほど上向きに斜めにカットします。 枝が破損するまで切断しないように注意してください。
私が学んだ方法では、親指で枝を支えてから、指でナイフを引きます(図を参照)。 親指を置いて、ナイフの刃が完全に切れる場合は、ナイフの刃に直接向かうのではなく、 通り過ぎるようにします。そうすれば、誤って遠くに切れても、自分自身を切る危険を最小限に抑えることができます。

ステップ4:プラスチックを挿入する

プラスチックの小さな部分を取り、カットに挿入します。 これにより、切り口が再び閉じないようにし、植物が根を成長させるようにします。

ステップ5:モスで包む

湿った苔を取り、切り口に巻き付けます。 ステップ2で述べたように、カット全体に拳サイズのボールを作成する必要があります。 強く押しすぎないように気をつけてください。 ...スポンジのような。
時間が経つと、植物は湿気と切り取りに励まされて、このコケに根を伸ばします。

ステップ6:プラスチック箔で包む

コケを片手で所定の位置に保持し、プラスチックのホイルを巻き付けます。 この段階でヘルパーがいるといいかもしれません-最初の数回はこれが少し難しいです。
コケのボールの上下でプラスチックをしっかりと結びます。
必要に応じて、枝を杭につないで支えます(3分の2の切断の途中で、破損する恐れがあります)。

ステップ7:根付き枝を切り取る

数週間または数ヶ月後(植物とその成長条件に応じて)、コケを通して成長する根が見えるはずです。 これが、コケを包むのに透明なプラスチックを好む理由です-進行状況を確認しやすくなります
数週間以上かかる場合は、プラスチックホイルを開いて、苔がまだ湿っていることを確認してください。 それ以外の場合は、そのままにして待機します。
よく発達した根が見えたら、苔玉の下の枝を切ります。

ステップ8:ポッティングアップ

ラップを取り外しますが、根を傷つけないように、苔のボールはそのままにしておきます。 良質のポッティングミックスと小さめのポットを使用して、新しい植物を植えます。最初のポットの直径が15 cmを超えないようにします。
この理由は、植物がまだ小さな根球よりもはるかに大きい場合、植物がまだそれほど多くの水を吸収できないため、土壌が長い間濡れたままになり、これが根を腐らせる可能性があるためです。
そのため、最初の数週間は水やりにも注意を払う必要があります。植物がしおれないように土を十分に湿らせ、決して真に濡れないようにしてください。

関連記事