バッテリーでArduinoに電力を供給する

電源にバッテリーを使用して、Arduinoプロジェクトをポータブルにします。 UnoおよびMegaのドキュメントページから:

「ボードは6〜20ボルトの外部電源で動作できます。ただし、7 V未満で供給される場合、5 Vピンは5ボルト未満を供給し、ボードは不安定になる可能性があります。ボードが過熱して損傷します。推奨範囲は7〜12ボルトです。」

9Vを使用するとうまくいくことがわかりました。 バッテリーの+端をArduino Vinに、-端をArduinoグラウンドに接続するだけです(図1)。 Arduinoの緑色のライトが点灯し、電源が入っていることを示します。

また、このバッテリーと直列にトグルスイッチを取り付けて、Arduinoのオンとオフを切り替えることをお勧めします。 上の画像に示すように、トグルスイッチを9Vバッテリーコネクタから赤いリード線にはんだ付けします。 バッテリーコネクタからの黒いリード線をArduinoのグランドピンの1つに接続し、トグルスイッチからのリード線をArduinoのVinピンに接続します。 バッテリーをコネクタにカチッとはめ込みます。 これで、スイッチを閉じるとArduinoがオンになり、スイッチを開くとオフになります(図5と6)。

パーツリスト:

(1x)Arduino Uno Amazon

(1x)9VバッテリーAmazon

(1x)9VバッテリースナップコネクタAmazon

(1x)Amazonのトグルスイッチ(これは写真と少し異なりますが、同じように機能します)

あるいは、Arduinoと同じn-tyeバレルプラグを備えたこれらの9Vスナップコネクタを見つけて、Arduinoのバレルソケットに直接差し込むことができます。

(1x)9VバッテリースナップコネクタとバレルプラグAmazon

関連記事