機械加工アルミニウムの鏡面仕上げ

これは、アルミニウムを鏡面仕上げにする多くの戦略の1つです。 サンドペーパー、バフ研磨ホイール、およびいくつかの化合物がある場合、ミラーにかなり近づけることができます。 より鮮明な仕上げを得るには、クロムメッキ、電気研磨、またはNASAが推奨する方法で行うことができます。

ステップ1:アルミニウムの機械加工

私は、Haas Millの機械加工されたアルミニウムから始めました。これにより、研磨時間を大幅に節約できます。 光沢を出すために必要なすべての平らな表面で、表面仕上げツールを使用することをお勧めします。 エンドミルは大丈夫ですが、それほど良くありません。 この(ちょっと)立方体の場合、私はピースを回転させ、研磨するすべての面に(対面ツールで)向きました。 エンドミルの側面には、深すぎるマシンマークが残っていました。

ステップ2:あなたが持っている最高の砂に砂

このすべての前に非常に正確な機械で機械加工したので、1200グリットのウェット/ドライサンドペーパーから始めることができました。 すべてのマシンマークを削除した後、1500、次に2000でサンディングし、それぞれの表面がすべてそのグリットレベルになるように十分な時間をかけました。

私のセットアップから、ランダムな金属片を使用してサンドペーパーを前に掃除した平らなテーブルに固定したことがわかります。 (下の汚れは、仕上げに傷を付けるだけです)。 紙を濡らすと、紙もテーブルにくっつき、平らな表面に押し付けられます。 時々、セットアップ全体のすぐ横にある水の入ったバケツで砂を洗い流します。

ステップ3:バフ研磨ホイール+ルージュ

次の魔法のステップは、バフ研磨ホイールで表面を叩くことです。 ピア9で、私はバーキングにコットンホイールを使用し、少しローレット加工してコットンをクリーニングした後、ブラウンルージュを適用しました。 ルージュは控えめに使用してください。そうしないと、金属に縞ができてしまいます。 Burr Kingが縁をつかんで地面に投げた場合に備えて、スポンジの下にスポンジを敷きました。 (私がしたように)キャッチするエッジに近づかないようにしてください。 単にピースをひっくり返して、別の方向からバフします。

私はすべて同じ方向にサンディングとバフをかけます。 これは必ずしも必要ではありませんが、各段階で均一な光沢を作り出し、サンド/バフするためにまだ持っているものを見やすくします。

バフ研磨ホイールを軽くタッチすると、反射するようになります。 さらにバフすると、もう少し明瞭になります。

ステップ4:ハンドバッファー+メタルポリッシュ

適切な金属光沢剤を塗り、チューブの背面の指示に従います。 ピア9には、コットンバフ研磨ヘッドを備えたバフ研磨ハンドツールがあります。 これにより、磨き剤をこする時間と腕の動きを節約できます。ただし、磨いた後は、清潔なマイクロファイバークロスで化合物をこすり落とす必要があります。 ビデオを見ると、この黒い変色をこすり落とし、鏡に近い仕上がりを見せることはちょっと不思議です。

以上です! 辛抱強く、そしてどんな戦略を使っても、最初にテストピースで試してみてください。 ほんの数回しかやっていない小さなニュアンスがたくさんあります。

ステップ5:自分撮りをする

手袋を着用せずに触れないでください。 :)

関連記事