ペンのトリック-親指の回転、順方向および逆方向

私は最近、親指の周りでペンを逆回転させる方法を学んだので、親指の周りでペンを回転させる方法を学びたいと思っている人のためにこれを投稿すると思いました。 私はここでそれを前方に回す方法についていくつかありますが、逆にはありません。 これがお役に立てば幸いです。 いつものように、あなたがそれを好めば、このインストラクションを評価してください。

親指の周りでペン(普通のペン、重みのあるものはどれも)を手に向けて回転させ、キャッチしてから逆方向に送り返す方法を学習します。 これらのトリックを習得するには、通常、長い時間がかかります。 ペンをたくさん落としますが、あきらめないでください。 十分に練習した後、あなたは自分自身がスピンし、それを実現することさえないことに気付くでしょう。 私は学校中一日中これをしていることに気づきました。

ステップ1:必要なもの

必要なもの:

ペンまたは鉛筆*(知らない場合に備えて)
親指、人差し指、中指

*これは、他のオブジェクト、たとえばパテナイフでも実行できることに注意してください。

ステップ2:フォワードスピン

このトリックに正式な名前があるかどうかはわかりません。 単純にフォワードスピンと呼びます。 それでは、始めましょう。

指の位置: 写真にあるように、親指と人差し指でペンを持ちます。 また、人差し指の少し後ろのペンに中指を置きます。

ペンの位置: 一度スピンすると、親指の裏側でバランスが取れる位置に、ペンを指に置きます。 このマークを見つけるには、親指の後ろのペンのバランスを取り、開始位置までペンを回します。

中指プッシュ: ここに注意が必要な部分があります。 中指でペンを同時に押し、人差し指をペンから離します。 中指の後ろに十分な力を加えて、ペンを親指の周りに回転させて指に戻します。 硬すぎると空中に飛びます。 柔らかすぎると、地面に落ちます。 これで問題がある場合は、ビデオをご覧ください。


ステップ3:逆回転

前方スピンを完了し、ペンを開始位置に戻したら、ペンを再調整して前方にスピンするか、元の位置に戻すことができます。 これは学ぶのが少し難しいです(とにかく私にとって)。 ビデオから、これをまだマスターしていないことに気付くでしょう。

指の位置:書くときと同じようにペンを保持する必要があります。

ペンの位置:フォワードスピンの場合と同じように、一度スピンした親指の裏側でバランスが取れるように、ペンを指に置きます。 このマークを見つけるには、親指の後ろのペンのバランスを取り、開始位置までペンを回します。

インデックスドロップ:すべてを設定したら、親指と人差し指の間にペンを少し押し込みます。 次に、人差し指をスライドさせてペンから離します。この動きにより、ペンが親指の周りに押し戻され、再びスピンできるようになります。


ステップ4:ノートの終了

巻末注:

1000回ペンを落とすときにイライラしないようにしてください。

ペンをコントロールし、誰かの隣に座っている間はあまり速くしないでください。 それはあなたの親指から飛び、あなたの恥ずかしさにそれらを打つかもしれません。

あなたがあなたのペンで行うことができる多くのトリックがあります、これらを学ぶためにグーグルペントリック

繰り返しになりますが、このInstructableが役立つと思われる場合は、評価してください

幸運と幸せな紡績

関連記事