サイドリリースバックル付きパラコードブレスレット

このチュートリアルでは、サイドリリースバックル付きのパラコードブレスレットの作成方法を示します。 これは宝石として着用でき、チェーンとは異なり、常に数フィートまたはロープを人に保管できます。 大規模に作られた場合、これは犬や猫の首輪としても使用できます。

paracordの信頼できるオンラインソースはAmazon.comです。 アーミーグリーンからレインボーまでの幅広い色のコードがあります。

私のブログページ、Stormdraneのブログで、他のプロジェクト、リンク、および結び目参照を表示できます。

ステップ1:材料

パラコード、または同等の直径1/8インチのコード、巻尺または定規、はさみ、サイドリリースバックル、ライター(トーチライターが最適です)が必要です。使用するコードの量はさまざまですが、この例ではそもそも10フィートのパラコードを使用します。ブレスレットに使用されるコードの実際の量は、結束されたブレスレットの長さ1インチごとに約1フィートのコードです。 。

ステップ2:手首を測定する

手首にパラコードを巻き付け、コードがどこで出会うかをメモします。 このポイントを定規または巻尺の隣に保持します。これが手首のサイズです。

ステップ3:コードの中心を見つける

コードの両端を持ち、ループの中心を見つけます。 コードの中心を取り、バックルの一方の端から引っ張ります(バックルのどちらの側でも構いません)。 コードを締めてバックルに取り付けるまで、コードの端をループに通します。

ステップ4:ブレスレットの長さを見つける

バックルを外し、バックルの他の部分を通してコードの自由端を引っ張り、取り付けられた部分に向かって上にスライドさせます。 手首のブレスレットのサイズについて、2つのバックルの端の間の距離を測定します。 手首の長さの測定値に約1インチを追加すると、完成したブレスレットが快適にフィットします。 バックルのメス部分の端からバックルのオス端の平らな部分まで測定しています(プロングのある部分は、バックルのメス部分の内側にフィットするため、測定にはカウントされません)ブレスレットが閉じているとき)。

ステップ5:ノットの作成を開始する

ブレスレットに使用される結び目には、コブラステッチ、ソロモンバー、ポルトガルシンネットといういくつかの異なる名前があります。 左側のコードを取り、バックルの端の間を走る中央のストランドの下に置きます。 次に、右側のコードを左側のコードの下、中央のストランドの上、左側のコードのループに通します。 形成したばかりの半分の結び目がバックルの隣になるようにコードを締めます。 次に、中央ストランドの下の右側のコードを取ります。 左側のコードは、右側のコードの下、中央の撚り線、右側のコードのループを通ります。 コードを締めます(きつくなりすぎないように、結び目の抵抗に合うまで)。これで結び目が完成しました。 あなたが行くように左右を交互にこれを行い続けます。 交替しない場合は、ノットのねじれがすぐに表示されます。最後のノットを元に戻し、修正するために交代します。

ステップ6:結び目を続ける

バックルの端の間のスペースがいっぱいになるまで、結び目を結び続けます。 結び目は、端から端まで均一でなければなりません。 それらをすべて同じサイズに保つために、同じ張力で各結び目を結びます。

ステップ7:余分なコードを切り取り、両端を溶かします

ハサミを使用して、最後に結んだ結び目の近くの余分なコードを切り落とすことができます。 一度に1つずつトリムし、ライターを使用してカットした端をすばやく溶かします。 溶けたコードが少し冷えるのを少し待ってから、親指を使って溶けた端を周囲のコードに押し付け、それが付着するにつれて固まるようにします。 この手順には注意が必要です。 溶けたコードは非常に熱く、火傷する可能性があるので、必要に応じてハンダごてまたは木材焼付けツールを使用して溶かします。 または、バターナイフ、ライターの側面、またはツールのローレット部分などを使用して、コードの溶けた端を平らにして仕上げます。

端を溶かす代わりに、最後の2、3ノットの下に端を押し込み/引っ張り(ブレスレットの内側で止血剤を使用してこれを行います)、最後にそれらをトリミングします。 それは機能し、ブレスレットの端にコードがわずかに膨らむので、ほとんど目立ちません。

ステップ8:終了しました

すべてを正しく行った場合、このように見えるはずです。 あなたが何をしているのかがわかったら、結び目をきつくしたり緩めたりして、行くにつれて結び目を近づけることで、使用するコードの量を変えることができます。

パラコードブレスレットのヒント:サイドリリースバックルが十分に大きい場合は、結び目を始める前にパラコードをループの周りに再度ループさせて、バックルの余分なスペースを埋めることができます。

1/2 "サイドリリースバックルはこれにぴったりですが、機能し、5/8"サイズはちょうどいいです。

これにより、結び目を始めるときにブレスレット用の2ストランドコアが残ります。

さて、最初のバックルの端でひばりの頭から始め、2番目のバックルの端でダブルラップ(手首のサイズで)し、最初のバックルの端までコードを戻すことで、4ストランドコアを持つこともできます。 4ストランドコアを結び始めます。

または、6ストランドコアの場合、ヒバリの頭を最初のバックル、2番目のバックルの周りに2本のストランドを(手首のサイズで)走らせ、最初のバックルの周りと周りに(今では4本のストランドがあります)、その後2番目のバックル、そして6本のコアストランドの周りで結び目を作り始めます。

これにより、何にでも必要な場合に余分なコードが得られますが、パラコードブレスレットが太くなり、丸みを帯びています。個人的には気にしませんでした。 YMMV

ステップ9:その他のバリエーション

基本的なブレスレット/襟のこぶができたら、キングコブラステッチ/ダブルソロモンバー/ダブルポルトガルシンネットと呼ばれる、コブラステッチの最初のセットに重なる別のレイヤーを追加できます。 キングコブラに使用されるコードの量は、通常のステッチの約2倍です。 1/16 "と3/32"の両方のサイズはブレスレットに適しています。単独で使用することも、パラコードと組み合わせて使用​​することもできます。

さまざまなオンラインベンダーやeBayで入手できる、暗闇で光るパラコードが利用可能になりましたが、私は自分自身を使用したことがないので、それが良いかどうか、またはどれだけ光るのかはわかりません。

関連記事