レザーシューズ(またはその他のレザースタッフ)のペイント

あなたの靴は退屈です! 少なくとも、あなたはそう思うようです、そうでなければ、あなたはそれらをペイントする方法を探していません。

幸いなことに、革の靴を塗るのは簡単で、素晴らしい結果が得られます。 靴職人のオンラインコミュニティがあります(当然、インターネットにはすべてのコミュニティがあります)が、ほとんどの人はカスタムキックの甘いペアを見たことはありません。

この説明のために、Florsheim Imperialのドレスシューズをカスタマイズします。 私は彼らを観客(白/黒ツートーン)にしたかったのですが、140ドルでした。 ブラックバージョンは50ドル未満で販売されていました。 ペイントは5ドル未満でしたので、選択は明確でした。

この方法では、高品質のアクリルレザーペイントとしてよく知られているAngelus Leather Paintを使用します。 柔軟性があり、さまざまな色が用意されており、かつては安価です! これらの手順は、財布、財布、BDSMウェアなど、ほとんどの天然皮革製品に適しています。スエードやその他のテクスチャードレザー用には設計されていません。

革の靴の塗装は3段階のプロセスです。

  1. 既存のポリッシュとアセトンでコーティングを除去して革を準備します。
  2. アンジェラスの絵の具で革を塗ります。
  3. 光沢仕上げまたは艶消し仕上げのアクリル仕上げ機で仕上げます。

必要になるだろう:

  1. 既存のコーティングを除去するためのアセトン(ハードウェアストアで入手可能)-ネイルポリッシュリムーバーは推奨しません。
  2. Angelus Leather Paint(多くのオンラインクラフトサプライヤーで入手可能。DharmaTrading Companyをお勧めします。
  3. Q-tips
  4. ペーパータオル
  5. マスキングテープ(品質が重要です-良質の青いテープ、またはプレミアムグリーンの「カエルテープ」を入手してください)
  6. さまざまなサイズのペイントブラシ
  7. 靴。
  8. (オプション)Angelus Acrylic FinisherまたはAngelus Duller

ステップ1:靴の準備

靴の汚れを洗い落として靴を準備するか、靴を脱ぎ捨てます。

次に、ペイントしたくない領域をマスクします。 マスキングテープの品質は重要です。きれいなラインを得るには、優れた3Mブルーテープ、またはより緑がかったグリーンのカエルテープを使用してください。 この場合、革の形状とブラシのサイズにより、ブローグの塗装を避けることができるため、塗装する場所の上の領域をマスクしました。

換気の良い場所では、アセトンを使用して既存のコーティングを除去するか磨きます。 Qチップとペーパータオルを使用して、露出部分をスクラブします。 退屈な外観になるはずです。 タオルでポリッシュがはがれるのが止まるまでアセトンで洗浄してください! このステップは、良好な接着のために重要です!

ステップ2:靴を塗る

靴の塗装は簡単です。 アンジェラスの絵の具はカバレッジが良く、取り扱いが簡単です。 暗い革の上に明るい色を塗るときは、複数のコートを使用することを期待してください。 黒い革を白いペンキで覆うために5つのコートを使用する必要がありましたが、他の色は通常2〜3コートでうまく機能します。 塗装の間に塗料が乾くまで待ちます。少なくとも20分はお勧めします。 ほとんどの塗料と同様に、いくつかの薄いコートは厚いコートよりも優れています!

最後のコートの後、マスキングテープを慎重に取り外します。 テープを取り外す前に塗料が完全に乾かないようにしてください。わずかに濡れた塗料を少し「流動」させて、エッジを滑らかにします。 また、テープが完全に乾いた塗料をはがしたときに、テープが破れたくありません。

Angelusペイントは、それ自体で半光沢の外観をしています。 これは、Angelus Dullerを塗料自体に直接追加することで、よりマットにすることができます(塗料1オンスあたり〜4.5mL)。 より光沢のある外観を得るには、ペンキが完全に乾いた後にAngelus Finisherを適用します。

ステップ3:フィニッシャーを適用する

アンジェラスの絵具はデフォルトで半光沢が出ます。 光沢のある外観を得るには、塗料を完全に乾かし、アンジェラスフィニッシャーを塗ります。 それは希釈されたミルクの一貫性があり、ペンキに自由にブラシをかけられます。 靴を使用する前に、少なくとも24時間完全に乾かしてください。

ご覧のとおり、黒と白の観客がよく出てきました! 同時に、Doc Marten Industrialsは退屈すぎると判断したため、ネイビー、ライトブルー、レッドの配色で調整しました。 怒る!

関連記事