Arduinoを使用したOLED I2cディスプレイ

このレッスンでは、0.96インチi2c OLEDディスプレイモジュールをArduinoに接続してテストする方法を説明します。

部品:

  • ブレッドボードと接続線
  • Arduino(この場合はnano v3 5v 16mhzクローンを使用)
  • 外部電源(調整された5v)
  • OLED i2cディスプレイ

ディスプレイを6か月ほど前に購入しましたが、現在ebayで正確なディスプレイを見つけることはできませんが、「0.96 ssd1306 i2c OLED」を検索すると、同様のディスプレイが多数表示されます。 adafruitのような他のサイトでは、そこで買い物をしたい場合に同じディスプレイが表示されます。

ステップ1:ディスプレイの接続

ディスプレイは、arduinoのi2cピンを使用して接続されます。

これに使用するピンは、一部のArduinoモデルで異なりますが、UNOおよびNANOでは、ピンA4(SDA)およびA5(SCL)を使用します。 別のarduinoを使用している場合は、ピン配列をグーグルで検索し、SDAおよびSCLピンを探します。 (たとえば、「arduino mega pinout」をGoogleで検索し、画像を確認します)。

私は最初に私のarduinos 5vからディスプレイを動かそうとしました。 これは機能しましたが、途中でしか表示されませんでした。ディスプレイが点灯し、後で見るスケッチのデモのサイクリングを開始し、数秒後にフリーズしました。

次に、外部の5V電源(arduinoに共通のアースを使用)からディスプレイに電力を供給しました。

ディスプレイからの接続:

  • 外部5vへのVCC
  • GNDから外部GND
  • SCLからArduinoピンA5(またはArduinoのSCLピン)
  • SDAからArduinoピンA4(またはArduinoのSDAピン)
  • arduino GNDピンから外部psu GND

Arduinoは、USBケーブルを介してコンピューターに接続されます。 USBはarduinoに電力を供給します。

ステップ2:I2cスキャナー

最初に、ディスプレイのi2cアドレスを見つける必要があります。 に
これを達成するには、arduinoにアップロードされたクイックi2cスキャナーを使用します。 スキャナーコードは//playground.arduino.cc/Main/I2cScannerにあります。
コードをコピーしてarduino IDEに貼り付け、ビルドしてアップロードし、シリアルモニターを起動します。 ディスプレイが接続され、電源が入っていて動作している場合、スキャナーからアドレスが返されます(シリアルモニター)。 ディスプレイはアドレス0x3Cに表示されます。

ステップ3:ライブラリ

このインストラクタブルでは、arduino IDE(//arduino.cc)とgithub経由でダウンロードしたadafruitのライブラリを使用しています。
ライブラリへのリンク:

arduino IDEでライブラリをダウンロードしてインストールする方法を知っていると仮定します。 そうでない場合は、arduino IDEとライブラリの使用を開始する方法に関するすばらしいチュートリアル/指示がたくさんあります。

この説明を続けるには、以下の両方のライブラリをインストールする必要があります。

//github.com/adafruit/Adafruit_SSD1306(SSD1306ライブラリ)

//github.com/adafruit/Adafruit-GFX-Library(GFXライブラリ)

ステップ4:スケッチをテストする

ディスプレイのi2cアドレスがわかったので、adafruit ssd1306ライブラリでサンプルスケッチを開くことができます。
arduino IDEで、サンプルメニューを確認し、Adafruit SSD1306の下にある128×64 i2cスケッチを見つけます(図を参照)。
ディスプレイのアドレスをスキャナーから通知されたもの(私の場合は3x0C)に変更します。

コンパイルしてarduinoにアップロードし、少し待ってください。ディスプレイが起動し、いくつかの異なるディスプレイモードが表示されます。

デモスケッチは、恒星で終わり、永遠に落ち続けます。 デモスケッチからコピーアンドペーストして、ニーズに合った表示モードを使用できます。

関連記事