NodeMCU ESP8266:詳細とピン配置

今日は、ESP8266のピン止め、つまりNodeMCUについて説明します。 個人的には、このコンポーネントが本当に気に入っています。既にUSB入力が付いているからです。 ただし、NodeMCUはESP12Eによって形成され、ESP8266EXが内部にあることを説明することが重要です。 したがって、次の手順を実行して正しいピンの識別を学習します。NodeMCUデータシートを見て、これらのピンのどれがdigitalWrite、digitalRead、analogWrite、analogReadで機能するかを理解し、ブートをより完全に理解します。

Arduino IDEでさらにプログラムを作成すると、NodeMCUは実質的にArduinoとして認識されます。 ただし、これらのデバイスには、特にピン留めに関して違いがあることを強調する必要があります。 「内部の詳細とピン配置」というタイトルのESP32ビデオを視聴した場合、使用できないピンや特定の目的のために予約されているピンがあることがわかりました。 そこで、これに関連してここで何か役に立つことをしたいのですが、今回はESP8266を使用します。

ステップ1:NodeMCU Devkit 1.0

通常、NodeMCUという用語はファームウェアを指し、ボードはDevkitと呼ばれます。

NodeMCU Devkit 1.0は、ボード上のESP-12Eで構成されており、使用が容易です。

また、電圧レギュレータ、USBインターフェイスも備えています。

ステップ2:ESP-12E

ESP-12EはAI-THINKERが作成したボードで、金属カバー内のESP8266EXで構成されています。

ステップ3:ESP8266EX

Espressif製のこのマイクロチップは、WiFiと低消費電力を統合しています。

最大クロック160 MHzのプロセッサRISC Tensilica L 106 32ビット

ステップ4:NodeMCU 1.0 ESP-12Eピン配列

ステップ5:ESP-12Eのピン配列

NodeMCUとESP-12Eは同じものではないことを強調したいと思います。 ESP-12Eの場合、記録にはシリアルUARTが使用されます。 NodeMCUでは、これはUSBによって実行されます。

ステップ6:結局のところ、プログラミングの際に置くべき数字は何ですか?

GPIOまたは定数A0、D0、D1、D2、D3、D4、D5、D6、D7、およびD8の前にある番号を使用します。

ステップ7:ブート

オシロスコープを各ピンの先端に置きます。 これにより、たとえば、NodeMCUをオンにしたときに、ピンがすべて同じではないことがわかります。 デフォルトでは、一部はアップ、その他はダウンしています。 以下の画像のブート後の各投稿の動作に関するコメントを参照してください。

ステップ8:すでに事前定義されている定数

ステップ9:点滅の例

この例では、GPIO14であるポートD5にLEDを接続しました。 そのため、オプションは次のとおりです。

// GPIO14なし
#define LED 6 //定義済みのD5を使用//定義済みのLED D5 void setup(){pinMode(LED、FUNCTION_3); } void loop(){digitalWrite(LED、HIGH); delay(1000); digitalWrite(LED、LOW); delay(1000); }

ステップ10:入力/出力

ピンでINPUTおよびOUTPUTテストを実行すると、次の結果が得られました。

  • digitalWriteはGPIO 6、7、8、11 、およびADC(A0)では機能しませんでし
  • digitalReadはGPIO 1、3、6、7、8、11 、およびADC(A0) では機能しませんでし
  • analogWriteは、GPIO 6、7、8、11 、およびADC(A0)で動作しませんでした(GPIO 4、12、14、15にはハードウェアPWMがあり、その他はソフトウェアによるものです)
  • analogReadはADC(A0)でのみ動作しました

  • 6、7、8、11は、上記の4つのコマンドでは機能しません

ステップ11:PDF

PDFをダウンロードします。

関連記事