マイクロSDカードのチュートリアル

説明

このMicro SDカードは、標準SDカードとの間でデータを転送するために使用されます。 ピン配置はArduinoと直接互換性があり、他のマイクロコントローラーでも使用できます。 プロジェクトに大容量ストレージとデータロギングを追加できます。

特徴

  1. 入力電圧:3.3V / 5V
  2. すべてのSD SPIピンを使用:MOSI、SCK、MISO、CS
  3. プログラミングにより、arduinoを使用してSDカードを読み書きできます。
  4. SDアプリケーションをより簡単かつシンプルに
  5. SPIインターフェースを使用してArduinoと通信する
  6. 挿入と取り外しが簡単なように、PCBの端にわずかにカードが付いたプッシュポップソケット
  7. 直径2.2mmの4つの取り付け穴
  8. Arduinoでは4つのI / Oピンのみを使用します
  9. サイズ:42mm x 25mm x 5mm

ステップ1:ステップ1:資材計画

このチュートリアルでは、このプロジェクトを実行するために必要なアイテムは次のとおりです。

  1. Arduino Uno
  2. USBケーブルタイプAからB
  3. マイクロSDカードモジュール
  4. メスからオスへのジャンパー線
  5. SDカード

ステップ2:ステップ2:ハードウェアのインストール

マイクロSDカードモジュール

このモジュールは、SPIバス、MISO、MOSI、SCK、CS信号ピンを含む標準SPIインターフェイスを使用して通信します。 プログラミングにより、Arduinoまたは他のマイクロコントローラーを使用して、データをSDカードに簡単に読み書きできます。

  • CS(チップセレクト)
  • SCK(シリアルクロック)
  • MOSI(マスターアウトスレーブイン)
  • VCC(3.3Vまたは5V)
  • GND(グランド)

上の図は、マイクロSDカードモジュールとArduino UNO間の単純な接続を示しています。

  1. ArduinoでVCCを5Vに接続します。
  2. 次に、SDカードのGNDをArduinoのグランドに接続します。
  3. CSをピン14に接続します
  4. SCKをピン13に接続します
  5. MOSIはピン11に接続します
  6. 最後に、MISOをピン12に接続します

接続が完了したら、ArduinoをUSBケーブルで電源に接続します。

ステップ3:ステップ3:コーディングの挿入

Arduinoで例を試してみましょう。

  1. Arduinoソフトウェアを開きます
  2. 「ファイル」をクリックします
  3. 「例」を見つける
  4. 「SD」をクリックします
  5. 「ReadWrite」を選択します

ステップ4:ステップ4:COMポートを選択

[ツール]をクリックして、PCで使用可能なポートを選択します。

ステップ5:ステップ5:ソースコードをアップロードする

ソースコードをArduinoにアップロードし、シリアルモニターを開いて結果を確認します。

ステップ6:Ster 6:結果

次の結果がモニターに表示されます。 この例では、「test.txt」という名前の.txtファイルが作成され、「testing 1, 2, 3」という文が作成されています。 .txtファイルに書き込まれました。 この後、文「testing 1, 2, 3」。 .txtファイルから読み戻され、シリアルモニターに表示されました。

関連記事