Audacityで「ソフトボーカル」インストゥルメンタルを作成する

さて、今日は、無料のクロスプラットフォームサウンドエディタであるAudacityで「ソフトボーカル」インストゥルメンタル(ソフトボーカルを使用したインストゥルメンタル)を作成する方法を紹介します。 (インストゥルメンタルは歌詞のない音楽または単なるインストゥルメントです。)***このインストラクションは「モノ」タイプのオーディオでは機能せず、「ステレオ」でなければなりません***

LDWのおかげで、オーディオファイルを「ステレオ」タイプのファイルにする方法について、これらの指示を提供します

::オーディオファイルをステレオにするには、トラックを新しいトラックにコピーし、トラックをファイル全体として保存し、デュアルチャンネルにします! :D-ありがとう!

これは、どの曲を使用するかについてちょっとうるさいです。 申し訳ありませんが、それはプロの仕事のためではありません。 ;)

ステップ1:Audacityをダウンロードする

まず、まだお持ちでない場合は、ここからAudacityをダウンロードする必要があります

ステップ2:Audacityを開く

Audacityをダウンロードしたら、開いてください。

ステップ3:音楽のインポート

次に、音楽をインポートする必要があります。 これを行うには、audacityのツールバーに移動し、「プロジェクト」ボックスをクリックする必要があります。 リストが表示されたら、[オーディオのインポート]をクリックし、「ソフトボーカル」インストゥルメンタルを作成するオーディオファイルを見つけて選択します。

ステップ4:インポートされたオーディオ

これで音楽がインポートされ、「のこぎり」波形のようになります。

ステップ5:ステレオトラックを分割する

次に、ステレオトラックを分割する必要があります。 これを行うには、曲名の横にある小さな矢印をクリックし、ドロップダウンメニューから[ステレオトラックの分割]を選択します。 トラックが分割されます。 そうでない場合、トラックはモノラルであり、残念ながら私が述べたように、これはモノラルトラックでは機能しません。

ステップ6:トラックを反転させる

次に、下のトラックを反転する必要があります。 下のトラックをクリックして、完全に「グレー表示」にします。 (他のすべてよりも灰色になります。)灰色表示のまま、ツールバーから「エフェクト」ボタンを選択すると、ドロップダウンメニューが表示されます。 「反転」を選択します。 (Audacity Webサイトから追加のプラグインをダウンロードしたため、私のエフェクトリストは異なって見えます。しかし、心配する必要はありません。オプションです。)

ステップ7:両方のトラックをモノにする

次に、両方のトラックをモノラルにする必要があります。 これを行うには、名前の横にある小さな矢印をもう一度選択し、「mono」を選択します。 これを両方のトラックに行う必要があります。

ステップ8:1つの単一トラックにする

次に、1つの単一トラックにします。 これを行うには、lame_enc.dllファイルをダウンロードする必要があります。 ダウンロードしたら、ツールバーに移動して「ファイル」を選択します。 ドロップダウンリストが表示されますので、「MP3としてエクスポート...」を選択します。「lame_enc.dll」ファイルを選択する必要があることを示すポップアップが表示されます。 保存した場所から「lame_enc.dll」ファイルを選択します。 また、選択した場所にエクスポートすると、使用したオーディオの「ソフトボーカル」インストゥルメンタルになります!

ステップ9:終了

これで、オーディオの「ソフトボーカル」インストゥルメンタルができました。 しかし、あなたはまだ歌詞のかすかな存在を聞いて、それがそこにあるはずです。 これを静かにするには、ツールバーの「効果」タブに戻り、メニューから「増幅」を選択する必要があります。 マイナス方向に増幅する必要があります。 (-4.8など)その後、MP3として再エクスポートすると、完了です! これを使用すると、音楽に同期した歌詞を含めたり、カラオケを作成したりできます。 楽しんで!

関連記事