マルチブートUSBドライブ(オールインワン)の作成。

私はいつも、オールインワンUSBブートドライブで次のことをしたかったのです。

1. Windowsの新規インストールを実行します。

2. Macrium Reflectを使用して、PCをバックアップおよび復元します。

3.必要なすべてのプログラムインストーラー、ハードウェアドライバー、Macrium Reflectバックアップイメージ、個人ファイルなどを用意します。

私がこれをどのように行ったかについて読んでください!

ステップ1:ハードウェア

どのUSBドライブでもかまいませんが、より高速なアクセスのために3.0タイプを好みます。 3.1タイプは今のところまれですが、将来的にはいくつか入手します。 書き込み保護スイッチを備えたフラッシュドライブがあり、オールインワンレスキューUSBドライブとしてこれらを強くお勧めします(ウイルスがクロスオーバーするのは望ましくありません)。 容量は、経済的に可能な限り大きくすることができます(32Gbを使用しています)。

ステップ2:ソフトウェア。

WinSetupFromUSB! このきちんとしたフリーウェアプログラムにより、複数のブートプラットフォームを1つの物理USBドライブに配置できます。 ダウンロードは彼らのウェブサイトで利用可能です:

//www.winsetupfromusb.com/downloads/

一度展開すると、32ビット版または64ビット版を選択できるzipファイルです。

ステップ3:WinSetupFromUSBを使用する

最初にターゲットUSBドライブをPCに接続し、WinSetupFromUSBのexeを開きます。 次に、「FBinstで自動フォーマットする」チェックボックスをオンにします。

BIOSブートオプションでUEFIを使用しないため、NTFSを使用してドライブをフォーマットします。 これにより、大きなファイル(> 4Gb)をUSBドライブにコピーできます。 UEFIブートシステムでこれを使用する場合は、FAT32にフォーマットします(ただし、大きなファイルをコピーする機能は失われます)。

次に、私の場合、Macrium ReflectとWindows8.1を使用しているので、[Windows Vista / 7/8/10 ...]チェックボックスをオンにします。 3つのドットをクリックして、画像ファイルを参照します。 NTFSファイルシステムに関する警告が表示されます。[OK]をクリックして、isoイメージファイルの参照を続行します。 選択したら、[GO]ボタンをクリックします。

4つのメッセージボックスが連続して表示されます。[はい] [はい] [はい]をクリックします。 書き込まれる最初のブートアプリケーションのプロセスが開始されます。 完了したら、[OK]をクリックして、適切なチェックボックスにチェックマークを付けて、追加したいものを追加します。 幸いなことに、最初のブートアプリケーションが作成された後、[自動フォーマット]チェックボックスはオフになっています。

ブートアプリケーションが作成されたら、インストーラー、個人用ファイル、PCバックアップイメージなどを含む任意のフォルダーにコピーできます。個人用のものをダンプするために、USBルートドライブに1つのフォルダーのみを配置することをお勧めしますあなたが望むようにそこに)。

ステップ4:新しいマルチブートUSBドライブを使用する!

ターゲットPCをUSBドライブから起動します。 青い背景メニューが表示され、すべてのオプションがリストされます。 最初の2つは、複数のブートアプリケーションに移動します。 最後のオプションは、PCの内部(メイン)ドライブから起動します。

これで、アプリケーションファイルと個人データを備えたマルチブート可能なUSBが完成しました! PCを修復するためにたくさんのドライブを持って歩き回る必要はもうありません!

このUSBドライブには、起動可能なイメージをいくつでも追加できることに注意してください。 ドライブのストレージ容量が必要なものすべてに対応できることを確認してください。 楽しんでください!

関連記事