編組革の製造

革は編組や織りに最適な素材です。 柔らかくしなやかで、「革のフリンジを指導可能にする方法」で教えているのと同じテクニックを使用して、簡単にさまざまな数のストランドにカットできます。

標準の3ストランドレザーブレードは、非常に特殊でわずかにキッチュな美的感覚を備えていますが、ブレードを作るために使用する基本的なテクニックは、より複雑で興味深い織りと編みのレザーデザインの基礎となります。

この「Instructable」では、お気に入りの三つ編みパターンをいくつか紹介し、革の編み方の可能性について説明します。 より優れた入門用のレザー指導をお探しの場合は、無料のBeginningおよびIntermediate Leatherworking Classs、多機能レザーバッグのInstructables、およびレザーブレードを組み込むエルフになる方法についてのさまざまなデザインをご覧ください。

ステップ1:ツールと材料

  • x-acto knife
  • レザーレース
  • 透明で金属製の定規
  • 千枚通し
  • カッティングマット
  • 強く鋭いはさみ
  • 丸編み用ロープコードコア
  • 太いワックス糸
  • ステッチノミ
  • ロータリーパンチ
  • クォーツスラブとパウンドボード
  • 両面テープ
  • 革針
  • バインダークリップ、ピンまたは画ta、編み込み中に革を保持するためにピン留めする表面
  • ステップ2:標準の3ストランド編組

    革の編組を作成する最も簡単な方法の1つは、「革のフリンジを指導可能にする方法」で説明したフリンジカット技術の1つを使用して開始し、次にカットストリップを一緒に編むことです。 これは組紐を作成する良い方法です。これは、組紐の一端に個々のストリップがすでに取り付けられており、別の仕上げ方法で所定の位置に保持する必要がないことを意味します。

    この方法で基本的な3ストランド編組を作成するには、まず、編組の長さと幅を決定します。 編組は革の長さの一部を占めるので、それを考慮する必要があります。 編組は通常、革の厚さとストリップの幅に応じて、約1/4の長さの収縮を引き起こします。 したがって、長さ9インチの三つ編みが必要な場合は、長さ約12インチのストリップをカットすることから始める必要があります。

    編組はまた、革の厚さによって変化する幅の収縮を引き起こしますが、私が作っているもののような編組は、幅が約1/4インチ収縮します。

    基本的な編組を作成するには、3本の撚り線のフリンジをカットしてから、より簡単に編組できるように上端を所定の位置に保持する方法を見つけます。 バインダークリップを使用してから、ハンドルを何かに巻き付けるのが好きです。

    次に、外側からストリップを取り、それを真ん中に交差させることにより、通常のブレードと同じようにブレードを作ります。 ストリップを上下逆さまにしないでください。木目が常に上を向くようにしてください。

    ステップ3:3ストランドトリックブレード

    3ストランドトリックブレードは通常のブレードのように見えますが、両端が閉じているため、興味をそそられるように見えません。また、どちらかの端を仕上げる方法を見つける必要がないことを意味します。 レパートリーに入れておくと、特にブレスレットのような小さなアクセサリーを作成するのにとても便利です。

    このブレードを作るには、3ストランドブレードの場合と同じように、革のストリップから3つのストランドを切り取りますが、両端を接続したままにします。 厚い革や硬い革を使用している場合は、各カットの開始時に穴を開けて、スムーズに交差するようにすることをお勧めします。

    ストランドとブレードを次のように取ります。最初に、右側のストリップの中央を中央のストリップの上に、左側のストリップの下まで左に引きます。 基本的に三つ編みの始まりを作成しましたが、ストランドの下部が接続されているため、それらも交差しており、それらを解く必要があります。

    これを行うには、革の右下隅をつかんで折り、現在最も右側にある2つのストランドの間に通します。

    それを最後まで引っ張り、木目が再び上を向くようにねじります。 あなたは少し乱雑に見えるものを作成し、ストランドに多くのねじれがあります。 パニックにならないでください。

    次に、革の右下隅をもう一度折り曲げて、下図のように左端と中央のストランドの間のスペースに通します。

    繰り返しますが、非常に乱雑な見た目になりますが、混には秩序があります。

    上から下に向かって、編組が平らになるように、指で各ストランドをほどいてください。

    見る! 三つ編みのように見え始めています! 三つ編みを続けるために、プロセスを最初からやり直してください。 編組の最後のビットは、ストランドを編む余地があまりないため、少し注意が必要です。

    ステップ4:4ストランド編組

    標準の3ストランド編組には、あらゆる種類のバリエーションがあります。 より多くのストランドを追加すると、編組の構造が織りのようになり始め、興味深いパターンで幅の広いストリップを作成できます。 ここではマルチストランド編組の世界を深く掘り下げるつもりはありませんが、もっと知りたい場合は、本革編組はあらゆる種類の織りと編組のバリエーションのための優れたリソースです。

    ただし、奇数ストランドではなく偶数ストランドの編組には非常に有用なものがあるため、4ストランド編組を紹介します。 彼らはバックルの舌の穴として役立つことができる三つ編みの正確な中央にギャップがあるので、バックルを通過するストラップとしてそれらを使用することができます!

    4ストランド編組は、3ストランドとほぼ同じくらい簡単です。 この三つ編みの場合、3つではなく4つのカットストリップから始めます。

    三つ編みを作るために、2つの中央のストリップを右から左に横切ることから始めます。 次に、左端のストリップを中央の右のストリップに重ねます。

    次に、中央の左のストリップの下と左端のストリップの上で、右端のストリップを横切ります。 同じリズムで続けて、三つ編みの残りを作成します。 あなたは常に上に行くことによって左側のストランドを中央に持って行き、それから下に行くことによって右側のストランドを中央に持っていきます。

    3ストランド編組の場合と同様に、編み目が平らに見えるように編組する際に、穀物側を上にし、ストランドの張力を等しくしてください。

    ステップ5:4ストランド丸編組

    作成できるさまざまなブレードの例をもう1つ紹介するために、私のお気に入りのパターンのもう1つ、4ストランドラウンドブレードを紹介します。

    完成した組紐は、従来の組紐とは明らかに異なる非常に素晴らしい効果があります。 丸編みはどの角度からでもきれいに見えるので、編みの両側が見える場所で使用するのが特に良いです。 4ストランド編組は、レースの元の長さを約1/3短縮するので、編組を計画する際にそれを考慮する必要があります。

    また、ブレードがロープを適切に隠すためには、ひもの合計幅がロープの円周とほぼ同じである必要があります。 たとえば、ロープの周りが2 "である場合、1/2"幅の紐を使用する必要があります。

    以下を見るとわかるように、中央のロープコアの周りに木目が外側を向いた状態で4本の紐を取り付けて、4本のストランドを編み始めます。 これを行う良い方法は、ひもの上部に糸を巻き付けることです。

    繰り返しますが、ロープを何かに固定して、手を組むことができるようにします。 ロープを前に2本、後ろに2本がくるように向けます。 組紐を作るには、左前のストランドを右前に交差させることから始めます。

    次に、一番左のストランドを取り、ロープの後ろ、一番右のストランドの下、左の次のストランドの上に持って行きます。これで、ロープは前の真ん中にあります。 ロープの周りに撚り線を引っ張って締め、編組を形成し始めます。

    今、右から同じことをします:一番右のストランド(最も高いストランド)を取り、ロープの後ろ、一番左のストランドの下、右の次のストランドの上に持って行きます。前の真ん中。 ストランドを引っ張って編組を締めます。

    ご覧のように、基本的に常に交互の側面から最も高いストランドを取り、それをロープの後ろから反対側に巻き、次に高いストランドの下に巻きます。 このパターンで作業を続けて、残りのブレードを作ります。 靴ひもの穀物側を常に外側に向けて、ねじれないようにしてください。

    パターンを取得すると、この三つ編みは非常に簡単ですが、まだ混乱している場合の図を以下に示します。

    ステップ6:三つ編みの仕上げ

    フリーハンギングブレードをプロジェクトに組み込みたい場合は、ブレードが解けないようにブレードの終わりを仕上げる方法を見つける必要があります。 これを行うには、いくつかの異なる方法があります。 それらはすべて少し難しいので、両端が縫い目の中に隠れているプロジェクトに編組を組み込む方法を見つけることができれば、物事がより簡単になります。

    吊り下げたブレードを試してみたい場合は、ブレードのストランドを端で自由に保つか、ブレードをキャップして、端が見えないようにすることができます。 紐の端が見えても大丈夫な場合は、髪の三つ編みの端にネクタイを付けるのとほぼ同じ方法で、糸または他の紐を三つ編みの端に巻き付けることができます。

    ここでひもまたは一片の革を使用する場合は、ひもを縫い合わせるか、ひもの端を接着する必要があります。

    しかし、ブレードの端を大きな革で覆うことは、もう少しプロフェッショナルに見えます。 形状の端を作成する場合は2ピースキャップを使用してこれを行うか、平らな端を作成するために折り畳む1つのピースを使用できます。

    まず、組紐の個々のストランドに接着剤を塗布するか、それらに穴を開けて縫い合わせます。

    次に、端をきれいな形に整えます。

    作成するキャップを形成するために、1つか2つの革片を切り取ります。 ワンピースを使用している場合、ひもの端にキャップを接着し、ひもを挟んでから、3つのレイヤーすべてに縫い穴を開けることを学んだパンチ方法の1つを使用します。 2ピースのキャップを作成する場合は、まずキャップの前端を縫い付け、ブレードに接着して残りの穴を開けます。

    サドルステッチで編組にキャップを縫います。

    ステップ7:編み込みの詳細をデザインに追加する

    4つの異なるブレードのバリエーションを紹介しましたが、革のブレードとウィービングの可能性について良いアイデアが得られることを願っています。 これらの種類のテクニックに関する私の好きなことの1つは、微妙なバリエーションのテクスチャを作成し、デザインに視覚的な関心を多く追加することです。 これらのパターンの驚くほどクリエイティブなバージョンを見てきましたが、インターネットでのクイック検索は素晴らしいインスピレーションを与えてくれます。

    レザーブレードの使用方法に関するインスピレーションをお探しの場合は、多機能レザーバッグと、エルフの指導者になる方法をご覧ください。 バッグのフラップを所定の位置に保持する4ストランド編組ストラップを前面に追加して、バッグのデザインに編組を組み込みました。 そして、エルフのコスチュームのヘッドピース、ブレーサー、ベルトに三つ編みを使用しました。

    ブレードを作成した場合、またはプロジェクトにブレードを追加することを選択した場合は、下にI Made Itを投稿してください。 皮革プロジェクトを完了するのに役立つ、より基本的な皮革加工の説明をお探しの場合は、無料の初級および中級の革細工クラスをご覧ください。

    関連記事