シリアル(無料)ボックス段ボールから額縁を作ろう!

シンプルなアイデアが最良の場合もあります。 ここでは、デスクやドレッサーに表示、表示、または単純に印刷したいプリントのフレームを作成する方法を示します。 私たちがどれほど気に入ったとしても、写真はしばらくして過ぎ去る傾向があります。 それでは、なぜ他の場所でより有効に使用できるフレームに多くのお金を費やすのでしょうか? いくつかの段ボールを集めて、親切なシリアルボックスを作り、道具を手に入れて自分のフレームを作ってください!

ステップ1:スカベンジングまたは再利用された材料とツール

シリアルボックス、および十分な表面積を持つ他の種類のパッケージを保存します。 この説明可能なシリアルボックスには、他の梱包材の硬い段ボールも使用されます。 定期的な切断、マーキング、描画、ペイントのツールも必要です。 良質の接着剤も必要です。

ステップ2:段ボールをサイズに合わせてカットする

私はハサミ、ボックスカッター、お気に入りのツールであるペーパートリマーを使用しています。 まず、1つのエッジに正方形のカットを作成し、このエッジがブレードに対して直角になるように素材を回転させ、別のカットを作成します。 次に、ペーパートリマーを使用して、ブランクをサイズに合わせてカットします。 これは、ストレートエッジとクラフトナイフ/ボックスカッターでも実行できます。 私が額装したプリントは4x6または5x7のいずれかです。 フレームの幅を決定し、それをプリントの寸法に追加します。 4x6は6x8のブランクを使用する場合があり、1インチのフレーム幅が許可されます。 ただし、必要に応じてすべての寸法を変更してください。

ステップ3:画像領域を切り取る

プリントのサイズに応じて、写真の開口部をマークして切り取ります。 4x6の場合、開口部を3 7 / 8ths x 5 7 / 8thsにします。 この方法では、フレームの一部が印刷と重なります。

ステップ4:必要に応じてインナーライナーをカットする

フレームのライナーとして使用するために、白い厚紙の切れ端を切り取ります。 これにより、写真がきれいに仕上がります。 必要なサイズをレイアウトし、ボックスカッターまたはクラフトナイフできれいにカットします。 このライナーはフレーム自体の後ろに収まり、各コーナーに小さな軽くたたいて置き、セットするまで押し付けることで接着されます。

ステップ5:フレームのペイントまたは装飾

ここの印刷物のほとんどは、良い下塗り層から始めて、アクリル絵の具で塗られています。 装飾紙、布、ステッカー、スクラップブック用品などを使用して、フレームを装飾したり装飾したりできます。

ステップ6:接着剤またはテープを所定の位置に印刷する

四隅に接着剤を少し塗り付けるだけで、印刷が十分に保持されます。 時間の経過とともにテープがゆるむことがわかったため、接着剤を使用することにしました。 あまり多く使用されていない場合、変更したい場合は印刷物を剥ぎ取ることができます。

ステップ7:同じ素材でバックボードを作る

裏紙として機能する別の段ボールを切り取ります。 サンドイッチフレーム、ライナー、写真に接着します。 必要に応じて、一部の包装材料からの透明なプラスチック片をガラスの面片として使用できます。 しかし、これは不要であることがわかりました。

ステップ8:写真のスタンドピースを作成する

写真に続いて、図のような形状の重い段ボールを切り取ります。 この形では、ネクタイを考えてください。 スタンドの端に約3/4インチの浅い切り込みを入れ、段ボールを曲げます。 これをバッカーボードに接着すると、デスクトップディスプレイに適したスタンドができます。 もちろん、写真を壁に掛けるだけなら、これは必要ありません。

関連記事