カスタムのぬいぐるみを作る

独自のぬいぐるみの設計と作成は楽しいプロジェクトであり、湾曲した縫い目の縫製、表面仕上げの作成、可融性のインターフェースの使用、単純なパターンに従うなど、基本的な縫製スキルを実践する素晴らしい方法です。 体の形をシンプルに保つなら、この種の生き物はかなり簡単なプロジェクトです。 私の場合、気まぐれな動物を作ることにしました。

デザインを作成するために、アイデアをスケッチし、Illustratorでスケッチをトレースし、それを使用して、ここからダウンロードできるパターンを作成しました。 もちろん、独自のパターンを設計することもできます。そのための最適な方法についてのヒントをすぐに紹介します。 または、継ぎ目のあるパネルを削除し、片側だけを使用して、この種のぬいぐるみのはるかに単純なバージョンを作成することもできます。

マシンミシンで始めたばかりで、このプロジェクトがスキルセットより少し上にあるように思える場合は、無料のマシンソーイングクラス(特に曲線縫いのレッスン)を調べて、習得する方法についてさらに詳しく説明します。このプロジェクトで使用する簡単なテクニック。

ステップ1:ツールと材料

このプロジェクトには、いくつかの基本的なミシンツールが必要です。

  • ミシン
  • アイロンとアイロン台
  • 余分なボビン
  • 標準ミシン針
  • 生地ばさみ
  • はさみ
  • 糸切り
  • シームリッパー
  • 手縫い針
  • ピン
  • 磁気ピンホルダー
  • 転写紙
  • トレースホイール
  • 仕立て屋のチョークまたは消えるマーカー
  • 柔軟な測定テープ
  • 18 "x2"定規をクリア
  • 私のパターンをダウンロードしたい場合はコンピューターとプリンター、自分でデザインしたい場合は紙と鉛筆または製図プログラム。 私のパターンは11 "x17"の紙に印刷する必要があります。 印刷時に100%にスケーリングされていることを確認してください。

材料:

  • 1/2ヤードのソリッドフランネルコットンまたは他のミッドウェイトファブリック-Joann Fabrics製の100%コットンスナグルフランネルブラック
  • 1/2ヤードコントラスト生地-Joann Fabricsの「ピンクジオ」に綿100%の寄り添いフランネルを使用しました
  • 1ヤードニットヒューズインターフェーシング
  • 1/4ヤードの黄色のフェルト-Joann Farbricsの金色のこのポリクラフトフェルトを使用しました
  • 黄色の刺繍フロス
  • 生地に合う万能糸

添付ファイル

  • Flying Fox Pattern.pdfダウンロード

ステップ2:パターンの構造

あなたが私のパターンに従っているか、独自のパターンを作成しているかにかかわらず、パターンに関する情報の読み方について少し知っておく必要があります。 これは非常に単純なパターンですが、それでもパターンマーキングの基本的なルールに従います。

カットライン :生地をカットする必要がある場所を示すパターン上のライン 。これらは通常、パターンの外側の境界ですが、内部のカットアウトも含まれる場合があります。

縫い線 :パターン上の内部線。2つ以上のピースがステッチの線で結合される場所を示します。 すべてのパターンが縫製ラインをマークしているわけではありませんが、私は通常そうしています。

縫い代 :縫製ラインとカットラインの間のスペース。

パターンラベル :各パターンピースには、識別するための情報をラベル付けする必要があります。 この情報は、これがどのパターンであるか、どの素材をカットする必要があるか(デザインの主要な素材は「自己」と呼ばれ、二次的な素材は「コントラスト」/と呼ばれます)、およびどのようにその作品の多くのコピーをカットする必要があります。 (デザインのためにまったく同じパターンピースの複数のコピーをカットする必要がある場合、通常は紙に1つのパターンピースを作成し、それをファブリックの複数のレイヤーに切り取ることができます。)

グレインライン :両端に矢印のあるラインは、生地のグレインに関連してパターンピースの向きを決める方法を示します。 パターン上の木目線は、常に生地の木目と平行でなければなりません。

ノッチ:パターンにノッチがマークされている場合は、パターンが切り取られた後、縫い代に切り込む必要があります。 ノッチは、あるピースが別のピースと出会う場所など、パターン上の重要なポイントを識別するのに役立ちます。 パターンに複数のピースがある場合、特定のノッチシステムを使用して異なるピースをマークします。 これについては後で詳しく説明します。

ステップ3:独自のパターンを作成する

あなたがあなた自身のデザインを思いつきたいなら、私が私のものを作るのに使用した方法について少しはここにあります。

この種のぬいぐるみの基本構造は、正面パネルと背面パネルを縫い合わせて詰めただけです。 Flying Foxに詳細を示すために、フロントパネルを3つのセクションに分割しました。これらのセクションは、異なるファブリックでカットされ、縫い合わされます。 顔のディテールは、フェルトで切り抜かれ、フランネルに縫い付けられた形状です。 また、対照的なファブリックに直面したきれいに仕上げられた翼と、底の縫い目に縫い付けられた小さなフェルトの足を作成しました。

このすべてのパターンをIllustratorで作成するために、まずスケッチをトレースし、次に全身の輪郭(翼を除く)を1/2 "オフセットしました。この余分な1/2"をデザインに追加しました。詰め物の次元を説明します。 次に、内部の詳細線を少し調整して、新しい大きなアウトラインまで拡張しました。

個々のピースを分離し、バックピースを反転させ、各ピースのエッジの周りにさらに1/2インチオフセットした赤い縫い代を追加しました。

パターンのラベル付けの規則に従って、各ピースにラベルを付け、グレインラインを追加しました。

ステップ4:ファブリックを融合する

私はこのぬいぐるみの体に柔らかい綿のフランネルを使用していますが、生地の感触や「手」は好きですが、重量はこのプロジェクトにぴったりだと思うよりも少し軽いので、決めましたヒュージブルインターフェースでそれを強化します。

可融性インターフェースは、ファブリックに安定性を追加するように設計されています。 ヒュージブルにはあらゆる種類の重さと構造がありますが、ここで使用している種類は、片面に接着剤の層が付いたかなり軽いニット生地です。

最も融着性の良いものを取り付けるには、接着面を下向きにして生地の反対側にアイロン台の上に置きます。

ヒュージブルは合成繊維なので、その上に直接アイロンをかけたくないので、「プレスクロス」を使用することをお勧めします。 プレスクロスは、アイロンで傷つく可能性のあるものをアイロン掛けするときに、アイロンと布の間に置く軽量から中程度の重量の綿くずです。 ここではモスリンを使用しています。

モスリンをヒュージブルの上に置き、蒸気で高い環境に鉄を置きます。 布に可融性の部分全体を融着するまで、強く押してアイロンを小さな円で走らせます。

黒と柄のフランネルの両方を融合しましたが、黄色のフェルトは融合しませんでした。

ステップ5:パターンを切り取る

パターンを切り取るには、右側を上に向けて平らな切断面に布をレイアウトし、次に、木目の矢印が布の粒子に平行になるようにパターン片を配置します。 大きな背面パネル、胸部、1組の翼をパターン化されたピンクのフランネルで切り取り、頭、脚、別の組の翼を黒いフランネルで切り取りますここで見ることができます:)

縫い代のピンでピースを固定します。

次に、生地のはさみを使用して、各パターンの周りをカットします。

ステップ6:縫い代をマークする

次に、転写紙とトレーシングホイールを使用して、模様から布地まで縫製ラインをマークします。

私は通常、各ピースを使用するまで、紙を布に固定しておきます。これは、何が何であるかを追跡するのに役立ちます。

ステップ7:胸パネルと脚パネルを縫う

次に、胸部と脚から始めて、フロントパネルの4つの部分を組み立てましょう。

ご覧のように、胸部と脚の部分から型​​紙を取り外して並べて配置してください。 これらの種類の湾曲した縫い目をピン留めして縫う方法の詳細については、ミシン縫製クラスの「縫い目曲線縫い」レッスンを参照してください。

チェストピースの側面にある凹型の縫い代を切り取り、それを取り付けている脚部の凸型カーブにピンで留めます。

反対側で繰り返します。

次に、縫い目に折り目を縫わないように注意して、マシンの両側を縫います。

完了すると、次のようになります。

クリップされていないものの上にクリップされていない縫い代を折り畳み、前面からアイロンで縫い目を平らに押します。

縫い目をかさばらないようにするには、縫い代の片方または両方の層を短くカットすることをお勧めします。 片方の縫い代をもう片方よりも短くクリッピングすることはグレーディングと呼ばれ、縫い目をきれいにプロフェッショナルな外観にするために衣服でよく行われます。

ステップ8:ヘッドを取り付ける

ヘッドセクションを取り付けるには、同じ方法を使用しますが、紙を取り外す前に、鼻の近くにマークしたノッチの縫い代にクリップします。 これらは、胸の縫い線が頭と出会う場所を示しています。 縫製ラインまで完全にクリップしないでください。約1/4インチです。

次に、同じクリッピング方法を使用して、頭を胸に取り付けます。 縫い代でクリップした切り込みを使用して、2つのピースを正しく並べます。

マシンの縫い目を縫い、プレスは平らです。

ステップ9:翼を作る

ここで、小さなフライングフォックス用の一対の翼を作成します。これらの翼は、両側に対照的な布地を使用してきれいに仕上げられています。

切り取った2組の翼を取り、右側を合わせて互いの上に置きます。

ベースを開いたまま、縫い線に沿ってそれぞれを縫います。

小さな曲線に縫い付けるためのヒントを次に示します。

  • 短いステッチ長を使用する
  • ゆっくり行く
  • フットペダルを押すのをやめて、必要に応じてハンドホイールを回します
  • 軌道を外し始めたら、針を下げ、押えを上げ、生地を少し回転させます

鋭い角で、針を下げ、押えを上げ、布地を45度回転させ、前後に縫い、角の先端を切り取る1つのステッチを作成します。 その後、布地を再び回し、反対側を縫い続けます。 この余分な縫い目を縫うと、角が少し鈍くなるので、翼を右側に向けるときにすてきなポイントを作成できます。

両方の翼を縫い付けたら、ハサミを取り、縫い代に非常に近い縫い代、約1/8インチをトリミングします。凸曲線の周りの縫い代にいくつかの三角形を切り取ります。

次に、両方を裏返しにして、鈍い鉛筆、チョップスティック、または他の先のとがったが鋭くない物体を使用して角を押し出します。

アイロンで平らに押します。

ステップ10:顔の詳細を追加する

キツネの両側を縫う前に、顔の詳細を追加する必要があります。追加しないと、後で実際に行うことができません。 まず、フェルトでそれらを切り取ります。 それらは非常に小さいので、ピンで留めるよりも、消えるマーカーでフェルト上にトレースする方が簡単であることがわかりました。 それらを逆さまにひっくり返してトレースしたので、印を付けた側がフェルトの裏側になります。

私はそれらを配置し、キツネの顔にピンで留めてから、一致する糸でそれらを縫い合わせました。

ステップ11:目のステッチ

さて、目全体を縫う前に最後に追加する必要がある詳細。 これらをコントラスト刺繍糸でステッチしました。

まず、転写紙とトレーシングホイールを使用して、パターンから目の位置をマークしました。

それから私は黄色の刺繍糸で針を通し、一方の端に結び目を結びました。 これを行う方法の優れた説明については、Jessyratfinkの手縫いクラスからのこの素晴らしいレッスンをご覧ください。

シンプルなランニングステッチで目のラインをたどりました。

後ろで結び目をしました。 これを行う方法がわからない場合は、Jessyratfinkがこのレッスンで必要な「縫製を終了するための準備」の手順を繰り返します。

ステップ12:まとめて縫う

これで、翼と足をサイドの縫い目に挟んで、すべてを縫い合わせることができます。

まず、足をフロントパネルに固定し、右側を右側に固定し、端から約3/8インチ上に縫い付けます。

次に、翼を前側に折りたたんで配置し、サイドの縫い目に縫い付けます。

次に、キツネの前面パネルと背面パネルを、右側を合わせて重ねます。

縁にピンで留めてから、縫い線に沿って縫い付け、下部に約3インチの開口部を残します。

ステップ13:トリム、ターン、スタッフ

次に、翼で行った方法で、全体の縫い代を調整します。 約1/8 "にトリミングし、三角形を凸曲線に切り込みます。

全体を裏返しにして、先の尖った鋭くない物体を使用して角を押し出します。

枕の詰め物を少し取って、キツネを詰めます。 小さなピースから始めて、耳の先までしっかりと届くようにします。 先のとがったオブジェクトを使用して助けてください。 詰め物をクリーチャー全体に均等に分配してください。

ステップ14:開口部を手縫いする

最後のステップは、底部の開口部を手で縫って閉じます。 最初に、縫い代の凹曲線を切り取り、次に縫い代を折り込み、ピンで留めます。

ステッチを使用して、開口部を閉じて縫います。 繰り返しますが、これを行う方法の詳細については、JessyratfinkによるこのHandsewing Lessonを参照してください。

ステップ15:完了です!

今、あなたはあなたと一緒にいるかわいい友達がいます! このようなデザインをいかに簡単にカスタマイズし、これらの手法を使用してあらゆる種類のクリーチャーを作成できるか、きっとわかると思います。 このデザインを作成した場合、または独自のバージョンを作成した場合は、以下のコメントセクションに「I Made It」を投稿してください。

縫製の開始方法の詳細については、無料のミシン縫製クラスをご覧ください!

関連記事