キッチンでビスマス結晶を作る

少なくとも、ビスマスは非毒性であり、生物蓄積性ではないため、問題を起こすために一度に全部を消費する必要があります。 ビスマスサブサリチル酸ビスマス化合物は、ペプトビスモルの有効成分です。 知られている最も反磁性の高い要素であり、わずかに放射性であり、半減期は約19, 000, 000, 000, 000, 000, 000年です。 華氏520度の低融点により、コンロで溶かすのは簡単な作業です。

ビデオが再生されない場合(Instructablesがモバイルで埋め込みビデオを再生する際に問題があることを知っています)、私が使用するプロセスは非常に簡単です:

1.ステンレス鋼のソースパンでビスマスを溶かします。 結晶が成長するためのビスマスのより深いプールを与えるため、鍋が小さいほど良いです。

2.溶けたら、熱を止め、フォークで表面から酸化物と汚染物質の層を取り除きます。

3.表面が固まり始めるのを待ちます。これが起こると、結晶が下に形成されます。

4.表面に形成された固体のいかだを静かに動かして、下側の結晶がパンの底に凍結しないようにします。

5.いかだを動かして表面の下にある他のものにぶつかり始めたら、それらを引き出して結果を確認します。

6.初回に満足のいく結果が得られなかった場合は、プロセスを繰り返して、形成された結晶を再溶解して新しい結晶を形成できます。

最良の結果を得るには、上のビデオで示した表面結晶化方法に少なくとも4ポンドまたは5ポンドのビスマスを使用することをお勧めします。 結晶が底に触れる前に成長する余地があるので、ビスマスのプールが鍋の中にあるほど良いです。 使用するほど、結果はより印象的になります。

他の形態の結晶形成に精通している皆さんの中には、結晶が成長するにつれて動かすことができると述べたときに、私が悪いアドバイスをすると考えているかもしれません。 通常の結晶成長には、動きのない非常に静止したソリューションと、非常に遅い冷却期間が必要です。 私はこの方法でかなり多くの実験を行いましたが、ビスマスはまったく同じように動作しないことがわかりました。 一旦結晶が形成され始めたら、それらが水没したままである限り、それらが動かされるかどうかは問題ではないようです。 核形成するポイントがあると、外乱に関係なく、さらに構造化された成長が起こります。

また、ビデオの一部で手袋を着用していないことにも気付くかもしれません。 私はずっと目を保護していました。 水しぶきやこぼれに備えて、革手袋(合成ではありません!)と実験用ゴーグルを常に着用してください。

プロジェクトに使用したビスマスは、eBayから購入したインゴットの形で純度99.99%でした。

楽しんで安全に過ごしましょう!

関連記事