4分以内にATtiny85を使用する方法を学びましょう!

ArduinoをISPとして設定することから動作するコードをアップロードするまでのすべてをカバーする、短いが詳細なビデオに圧縮されたAttiny85マイクロコントローラーの包括的なスタートガイドがあります。

ステップ1:ビデオ

ステップ2:部品

  • Arduino Uno
  • USBプリンターケーブル
  • ATtiny85
  • ジャンパーケーブル
  • 3つの赤色LED
  • 3 220オームの抵抗器
  • 10 KOhmポテンショメーター
  • ブレッドボード
  • オプション:10 µFコンデンサ

ステップ3:ATtiny85ドライバーをインストールする

Arduino IDEに移動し、[ファイル/設定]の下の[追加ボードURL]フィールドに次のコマンドを入力します。

//raw.githubusercontent.com/damellis/attiny / ...

次に、閉じるをクリックします。

次に、ツール/ボード/ボードマネージャーに移動し、検索ボックスで検索を行います。 次に、属性ボックスをクリックしてインストールを押します。終了したら閉じます。

ステップ4:Arduino UNOをISPとして設定する

まず、Arduino UnoをATtiny85のプログラマーとして構成します。 USBケーブルを使用してArduinoをコンピューターに接続し、Arduino IDEでFile / Examples / Arduino as ISPの下にサンプルスケッチ「Arduino as ISP」をロードします。 次に、他のコードと同様に、[アップロード]をクリックします。 これまでのところ、Arduino Unoへの接続は必要ありません。

ステップ5:ATtiny85のプログラミング

ATtiny85自体をプログラムするには、それをブレッドボードに入れ、スケッチに従ってジャンパーケーブルを接続します。

  • GND -Arduinoグラウンド
  • VCC -Arduino 5V
  • リセット -Arduinoピン10
  • ピン0 -Arduinoピン11
  • ピン1 -Arduinoピン12
  • ピン2 -Arduinoピン13

オプション:リセットとグランドの間に10 uFのコンデンサを追加できます

ATtiny85にアップロードするのはあなた次第ですが、その前に、正しい設定を選択してください:

  • Tools / Boards / ATtiny25 / 45/58でATtiny85ボードオプションを選択する
  • 「1 MHz」クロックの「ATtiny85」としてのプロセッサ
  • そして正しいプログラマー:「Arduino as ISP」

ステップ6:LEDブリンカー

まず、このページから添付の.inoプログラムをダウンロードします。 次に、前のステップと同じ構成でアップロードします。 これは、ATtiny85が動作するかどうかを確認するための単なる拡張機能です。 基本的に、ポテンショメータで速度が制御される点滅するLEDおもちゃです。

ATtiny85をUnoから外し、バッテリーなどの電源に接続します。

  • 3つの220オームの抵抗器を用意し、それぞれをピン0、1、2に個別に接続します
  • 各LEDアノードを個別の抵抗器に接続します
  • すべてのLEDカソードをGNDに接続します
  • ATtinyのVCCを電源の正端子に接続し、GNDピンをグランドに接続します
  • 最後に中央のポテンショメータピンをATtiny85のピン3に接続し、反対側のピンをそれぞれグラウンドと電源に接続します

これで完了です。

ステップ7:完成した回路

また、ビデオで動作しているのを見ることができます。 楽しい!

ステップ8:コードのダウンロード

添付ファイル

  • attiny_blinker.inoダウンロード

関連記事