L298Nモータードライバーモジュール

これは、L298Nモータードライバーモジュールを使用して、DCモーターを制御し、バイポーラステッピングモーターを実行する方法について説明しています。

プロジェクトにDCモーターを使用する場合、主なポイントは次のとおりです。

    1. DCモーターの速度、
    2. DCモーターの方向。

    これはモーターダイバーモジュールを使用することで実現できるため、安価で使いやすいL298Nモータードライバーモジュールを使用します。

    用品:

    モータードライバー/モータードライバーモジュールを使用する理由

    マイクロコントローラがモーターなどに必要な特定の量の電流と電圧を供給していなかったためです。

    ステップ1:L298Nモジュールの仕様と機能

    L298Nは、2つのDCモーターと1つのステッピングモーターを駆動できるデュアルチャネルHブリッジモータードライバーです。 これは、2WDロボット、小型ドリル機械、ソレノイドバルブ、DCロックなどのアプリケーション向けに最大2つのDCモーターを個別に駆動できることを意味します

    L298Nモータードライバーモジュールは、L298Nモータードライバーチップ(IC)で構成されています。 これは、15ピンのマルチワットパッケージに統合されたモノリシック回路です。 これは、標準のTTLロジックレベルを受け入れるように設計された高電圧、高電流のデュアルフルブリッジドライバです。 詳細については、以下のリンクにあるデータシートをご覧ください。

    L298Nデータシート

      • 論理電圧:5V
      • 駆動電圧:5V-35V
      • 論理電流:0-36mA
      • 駆動電流:2A(ブリッジあたり最大)
      • 最大出力:25W
      • 電圧降下:2V
      • 寸法:43 x 43 x 26mm
      • 重さ:26g

      ステップ2:モジュールのピンと端子の機能

        • OUT 1、OUT 2:端子はデバイス(DCモーター1)の接続に使用されます。
        • OUT 3、OUT 4:デバイス(DCモーター2)の接続に使用されます。

          • これらすべて(OUT 1、2、3、4)は、バイポーラDCステッピングモーターの接続に使用されます。
          • Vs:このピンは、モータードライバーモジュール/デバイスに正の電力を供給するために使用されます。
          • GND:共通接地用。
          • 5v(ロジック電源):これは入力および出力端子です。5V-ENジャンパーが配置されている場合、このピンは出力として機能し、ボード上の電圧レギュレーターから5vを供給します。 5V-ENジャンパーが取り外されている場合、このピンは入力として機能します(つまり、モジュールはロジックイネーブルに5vが必要です)。
          • EN A:ジャンパーを取り外すことにより、DCモーター1の速度を制御します(PWMが有効になります)。
          • EN B:ジャンパーを取り外すことにより、DCモーター2の速度を制御します(PWMが有効になります)。
          • I / P 1、2:これらのピンは、DCモーターの方向を制御します1.順方向と逆方向を意味します。
          • I / P 3、4:これらのピンは、DCモーターの方向を制御します。2.順方向と逆方向を意味します。
          • ピン(I / P 1、2、3、4)の詳細については、上記の写真を参照してください。

          ステップ3:L298Nモータードライバーモジュールを備えたDCモーター

          コンポーネント

          • Arduino UNO(USBケーブル付き)
          • L298Nモータードライバーモジュール
          • 6 xオス-メスジャンパー線
          • 1 xオス-オスジャンパー線
          • 12vバッテリー
          • 2 x DCモーター(私は300RPMを使用)
          • ワイヤー
          • Arduino IDE(コードを書くためのソフトウェア)

          最初に、上の図のように回路を接続してから、愛のコードをArduino UNOにアップロードします。
          注意:

          • 共通点を取ります。

          添付ファイル

          • DC_M.rarダウンロード

          ステップ4:L298Nモータードライバーモジュールを備えたバイポーラステッピングモーター

          コンポーネント

            • Arduino UNO(USBケーブル付き)
            • L298Nモータードライバーモジュール
            • 8 xオス-メスジャンパー線
            • 1 xオス-オスジャンパー線
            • 12vバッテリー
            • バイポーラステッピングモーター(NEMA 17を使用)
            • ワイヤー
            • Arduino IDE(コードを書くためのソフトウェア)

            最初に、上記の写真に従ってコンポーネントを接続し、最愛のコードをArduino UNOにアップロードします。

            ノート:

              • 共通点を取り、
              • 連続モードでマルチメーターを使用して、ステッピングモーターの適切なコイルをチェックします。

              添付ファイル

              • stepper.rarダウンロード

              関連記事