編み物レッスン:テクニックを生かす

すべての編み物は、鋳造から始まります。 これにより、針のループが作成され、ステッチの最初の行になります。 ここでは、最も一般的に使用される4つのキャストオンテクニックを紹介します。

これらのテクニックは次のとおりです。

シングルキャストオン

ロングテールキャストオン

ニットキャストオン

ケーブルキャストオン

最初にシングルキャストオンとロングテールキャストオンのテクニックを学ぶことをお勧めします。 ロングテールは私のお気に入りです。 一度コツをつかめば、それはとても簡単でいいエッジになります。 ニットステッチを学ぶのを待ってから、ニットキャストオンとケーブルキャストオンを学びます。 ニットステッチに習熟すれば、はるかに簡単になります。

編み方を学ぶときは木製の針を使うことをお勧めします。

その他の編みチュートリアルについては、私のページをご覧ください:Carleyy。

ステップ1:シングルキャストオン

スリップノット
  1. 糸でループを作ることから始めます。
  2. 糸をループに通し、端に結び目がある別のループを作成します
シングルキャストオン
  1. スリップノットを針の上にスライドさせます。 糸を引いて結び目を締めます
  2. 親指の周りにループができるように、作業用の糸(糸のボールに接続された糸)を親指に巻き付けます。
  3. 親指の周りのループを通して針を上下に動かします
  4. ループから親指を外し、糸を引っ張ります
  5. 必要な数のステッチをキャストするまで、ステップ2から続けます

ステップ2:ロングテールキャストオン

ロングテールキャストオンキャストを開始する前に、糸の最後にテールを残します。 テールの長さは、キャストするステッチの数によって異なります。 あなたが10ステッチでキャストしたい場合は、尾のために糸の足を約残します。
  1. 左手の親指とポインターの指に尾をかけます。
  2. ポインターと中指の間に挟みます。
  3. 小指と薬指で、ボールに接続された糸を手のひらに当てます。
  4. 右手に針を取ります。 親指と人​​差し指の間の糸の上に置きます。
  5. 針で糸を手前に引きます。 親指の周りに糸のループが見えるはずです。
  6. 親指の横にある外側の糸の下に針を入れ、ループを通して上げます。
  7. ポインターの指に針を戻します。
  8. ポインターの指に接続されている糸に針を合わせて、親指の方に戻します。
  9. 親指の周りのループを通して針の頭を下に落とします。
  10. ループから親指を放し、糸を引っ張ります。
  11. 必要な数のステッチをキャストするまで、手順6から繰り返します。

ステップ3:ニットキャスト

ニットキャストオン
  1. スリップノットを作り、あなたの針にそれを置きます。 この針を左手で持ち、右手で2本目の針を取ります。
  2. 右の針を左の針のループに通し、右の針を左の針の下に持ってきます。
  3. 左手で、作業針を左手針に巻き付けます。
  4. 右の針を左の針のループに戻します。
  5. これで、右の針にループができました。 ループを回して左の針に落とし、右の針をループから放します。
  6. 糸を引っ張ると、2針のステッチができます。
  7. 続行するには、手順2から繰り返します。


ステップ4:ケーブルキャストオン

ケーブルキャストオン
  1. 最初の2針については、ニットキャストオンの手順を使用します。
  2. 2つのステッチをキャストしたら。 右の針を取り、左の針の下と2つのステッチをつなぐ糸を通して、2つのステッチの間に入れます。
  3. 作業糸を正しい針に巻き付けます。
  4. 右の針をループに戻します。
  5. これで、右の針にループができました。 ループを回して左の針に落とし、右の針をループから放します。
  6. 糸を引っ張ります。 2つのステッチをキャストする必要があります。
  7. 続行するには、手順2から繰り返します。

関連記事