丸い織機でスラウチな帽子を編む

昨年、帽子を編む方法を学びました-今それを記録しているとは信じられません。 私は帽子の大ファンではありませんが、この前かがみの帽子スタイルはとても快適で暖かいです!

織機で編み物をするのは、一度もやったことがなくても簡単です。 これは素晴らしい初心者向けのプロジェクトです。ステッチがどのように見えるか、プロセスがどのように機能するかを理解するのに役立ちます。 この前かがみの帽子を完成すると、織機に夢中になると思います-私は知っています。 :D

別の織機プロジェクトをお探しですか? 私も無限のスカーフを編むために1つ持っています!

ステップ1:必要なもの:

  • 大きな丸編み機(40-45ペグ)
  • 編みフック
  • 糸針
  • 1本のかせ糸または2本のかせ糸

次のステップに進んで、どの糸が最適に機能するかについて詳しく学んでください。 :)

ステップ2:糸の選択

編み機の唯一の欠点は、ペグの間に大きなスペースがあるため、編み物の間にかなりのスペースができることです! 細い糸を使用すると、非常にオープンで風通しの良いものになります。 太い糸は、アイテムをより豊かで伝統的なものにします。

上の図は、さまざまな種類の糸で作られた3つの帽子の写真です。

  • 青い帽子-標準的なアクリル/ウール混紡糸の1本で編まれています。 1本のストランドは、非常に暖かくなく、非常に開いたニット、非常にフロッピーになります。
  • 赤い帽子-標準的なアクリル糸の2つのストランドで編まれています。 (2つのかせから一度に引っ張っただけで、2つの糸を1つとして使用しました。)
  • 緑の帽子-太い50/50アクリル/ウールブレンドヤーンで編まれています。 ソフトでフル。 (これは私が使用した糸です。)

太い糸を1本、または標準サイズの糸を2本使用することをお勧めします。 それはあなたに完全で暖かい帽子を与えます。 :D

手順3:スリップノットを水平ペグに取り付ける

あなたのかせから糸の端を引き出し、端の近くでスリップノットを作ります。 (尾の多くはまったく必要ありません!)

これを水平織機ペグにループし、しっかりと引っ張ります。

ステップ4:ペグのラッピングを開始する

あなたは左または右に行くことができます-それはすべてあなたが快適であるかによって異なります。 左利きなので、左に行きます。

糸を最初の垂直のペグの後ろに持ってきて、それから前面に回します。 これを最後まで続けます-水平方向のペグの片側から開始し、反対側で終了します。

あまりにも強くラップしないでください-私はまったく引っ張らないようにしてください。 :)

すべてのペグを一度ラップしたら、もう一度ペグをラップします。 これで、各ペグに2つのループができます。

ステップ5:最初の行を編む

編みフックを取り、最後に巻き付けたペグに移動します。 (私にとっては、これが水平方向の右側の最初のペグです。)

下部ループの下にフックを押し、ペグの上部に引っ張ります。 それがあなたの最初のステッチです!! とてもファンシー。

今、織機の周りに下糸をループします。

編み物を続けるには、すべてのペグをもう一度(一度だけ!それぞれに2つの糸のループがあるように)ラップしてから、下糸ループをペグの上部に持っていきます。 糸をペグの上部に巻き付けてループさせるだけで、実際に行うことができます。 素敵で簡単!

今はあまり見かけないと思われるかもしれませんが、すぐに見栄えが良くなります! あなたが編み物を見るときに見た側は間違った側です-あなたの作品の下側をチェックしてきれいなステッチを見てください。

ステップ6:縁を編む

まず、帽子の縁を作ることに焦点を当てます。 数列編み、それから折り返して、太く、2倍になった編み物にします。 これにより、帽子の仕上がりが良くなり、帽子を頭の上に置いたままにできます。

ブリムの幅を決定し(私は常に2〜3インチ)、作業の長さがブリムの幅の2倍になるまで編み続けます。 私にとって、これは約15列の編み物でした。

PS数列のステッチができたら、横糸からスリップノットを引き抜き、糸の端を垂れ下がらせます。 そのままにしておくと、引っ張られる可能性があり、ステッチが少し不安定になります。 (2番目の写真を参照して、いつ削除するかを確認してください!)

ステップ7:縁を折り重ねる

つばの部分が十分に長くなったら、平らな表面のペグ側を上にして織機を置きます。 大きな隙間なく編み続けるために必要な場所に作業用糸を通すようにしてください。

編み物の始まりに沿って感じてください-端に大きな開いたループがあることに気付くでしょう。 これらのループを使用して、ペグに戻します。 :)

ステップ8:縁を仕上げる

折り畳まれたら、つばの2つの部分の間の水平方向のペグに滑り止めされた糸の端を押し込みます。

次に、一番下の糸のループを一番上のループに引っ張ります。 これでつばは安全です。

これで、ペグをラップして、通常どおりに編み始めることができます!

ステップ9:編み続けます!

少なくとも20行以上になるまで編み続けます。

前かがみのフィットの帽子のスイートスポットは25〜30列です。 この特定の帽子は28行になったと思いますが、それは主に糸のかせが終わったからです! 20行近くに貼り付けると、より基本的な帽子が得られます。

(PSあなたが行くように数えることを心配しないでください。私は決してしません。:Pあなたがそれらをした後にそれらを数えるのは簡単です!)

手順10:織機から帽子を取り外す

これで、ついにその糸針を使用します!

十分な列があり、各ペグに糸のループが1つしかないことを確認してください。

長さが12〜20インチになるように作業糸を切断します。これにより、次の部分が簡単になります。 作業糸を針に通します。

作業用糸が配置されている場所の右側にあるペグのループに針を押し上げます。 ループをペグから糸まで慎重に引き出します。 これをずっと続けてください。

ステップ11:ハットエンドを閉じます

帽子がまだ右側にある状態で、糸の端をきれいに引き始めます。

これにより、帽子の上部が収集されます。

可能な限り集められたら(小さな穴が開いたままになります)、針を穴の最上部のステッチのいくつかに押し込み、数回結びます。

ステップ12:裏返してお楽しみください!

今、あなたはすべての帽子を作ることができます。

関連記事