iPhone 6スクリーンの交換

このガイドの目的は、iPhone 6のフロントディスプレイパネルの取り外しおよび交換プロセスを説明することです。

必要なツール:

  • #00ドライバー
  • ブラックプラスチックスパッジャー
  • ESD対応ピンセット
  • ペンタローブドライバー

必要な部品と材料:

  • iPhone 6スクリーンアセンブリ-ブラック

または

  • iPhone 6スクリーンアセンブリ-ホワイト

ステップ1:ビデオチュートリアル

このガイドを編集して、ビデオチュートリアルも含めました。

手順2:フロントディスプレイパネルの取り外し

iPhoneの電源を切ることから始めます。 電源がオンの状態でiPhoneを操作すると、放電が発生して電話のコンポーネントが損傷する可能性があります。

  • まず、Pentalobeドライバーを使用して、電話の下部にあるLightningコネクタの横にある2本のネジを取り外します。


ステップ3:

  • 吸盤を使用してスクリーンを持ち上げます。
  • 吸盤を画面にしっかりと固定し、iPhoneを片手で押しながら、もう一方の手で、画面が開くまでしっかりと一定の力で吸盤を引き上げます。
    • また、吸引カップを使用して、画面とベゼルの間に十分なスペースを作成して、プラスチック製のスパッジャーを挿入し、画面をそっとこじ開けて電話を完全に開くこともできます。

ステップ4:

  • 片手でiPhoneの画面を開いたままにします。
  • ディスプレイケーブルコネクタシールドを固定している5本の#00プラスネジを取り外し、脇に置きます。
    • 3つの1.2 mmネジ
    • 1.7 mmネジ1本
    • 3.1 mmネジ1本
  • これらのネジを混ぜないでください。 これらは異なるサイズであり、再組み立て中にネジ穴に置き忘れると、適切に適合しない場合があります。 ワークステーションのネジを、固定したコンポーネントの横にある取り外した方向に配置すると、再組み立てに役立ちます。

ステップ5:

次のいくつかの手順では、ケーブルを外す際に注意して、ロジックボードのソケットではなく、ケーブルコネクタのみをこじ開けます。

  • spdugerの平らな端を使って、ホームボタンケーブルコネクタをそっと持ち上げて外します。

ステップ6:

  • スパッジャーの平らな端を使用して、前面のカメラコネクタを静かにこじ開けます。

ステップ7:

  • スパッジャーの平らな端を使って、液晶ディスプレイのデータケーブルをそっと外します。

ステップ8:

  • スパッジャーの平らな端を使用して、デジタイザーケーブルコネクターを静かに外します。
  • 背面ケースからスクリーンアセンブリを取り外します。

ステップ9:ディスプレイパネルの分解

  • #00プラスドライバを使用して、イヤホンスピーカー/前面カメラブラケットを固定している3本のネジを取り外します。
  • 2.3 mmネジ1本
  • 3.0 mmネジ1本
  • 2.2 mmネジ1本
  • イヤホンスピーカーブラケットを取り外します。

ステップ10:

  • フロントパネルのプラスチック製ブラケットから前面カメラを持ち上げます。
  • 正面カメラを邪魔にならないように持ち、イヤホンスピーカーを取り外します。 接点に触れないように注意してください。皮膚の油分が接続を低下させる可能性があります。

ステップ11:

  • スパッジャーを使用して、正面カメラとセンサーケーブルの右側を持ち上げ、マイクを露出させます。 マイクはまだケーブルをディスプレイパネルに接続しているため、ケーブルを完全に取り外さないでください。
  • センサーケーブルのマイク側を慎重にこじって、フロントパネルに固定している接着剤から外します。
  • アセンブリから前面カメラセンサーケーブルを完全に取り外します。

ステップ12:

  • LCDシールドプレートをフロントパネルに固定している7本のネジを取り外し、脇に置きます。
    • 1.7 mmネジ1本
    • 6つの1.6 mmネジ(各側に3つ)

ステップ13:

  • ホームボタンブラケットから2本の1.9 mmネジを取り外し、脇に置きます
  • ホームボタンブラケットを取り外し、脇に置きます。

ステップ14:

  • スパッジャーの端を使用して、ホームボタンコネクタケーブルを慎重に取り外します。 コネクタを押し上げてホームボタンから離し、コネクタを外します。

ステップ15:

  • スパッジャーの平らな端を使って、ホームボタンケーブルをディスプレイパネルから離してゆっくりと持ち上げます。 ゆっくりと作業してください。iPhone6のホームボタンを完全な機能に置き換えることはできません。 損傷した場合、iPhoneのTouch ID機能が再び機能しなくなる可能性があります。
  • ケーブルが接着剤から外れたら、指を使ってホームのボタンをディスプレイの前面から押し出し、取り外して脇に置きます。

ステップ16:

  • 再びスパッジャーの平らな端を使用して、シールドプレートネクターケーブルを静かにこじ開けます。 このケーブルは非常に細いため、ゆっくりと動作します。
  • フロントディスプレイからシールドプレートを取り外し、脇に置きます。

ステップ17:再組み立て

  • 新しいiPhone 6フロントパネルディスプレイの背面から保護プラスチックフィルムを取り外します。
  • イヤーピースメッシュの近くの保護フィルムも取り外します。

ステップ18:

  • 片方の手で、上の図のようにLCDディスプレイケーブルを持ち、LCDシールドを上に置きます。
  • ホームボタンをディスプレイパネルの穴にセットし、ディスプレイシールドケーブルに接続します。

ステップ19:

  • 以前にフィールドプレートから取り外した7本のネジを取り付けます。

ステップ20:

  • ホームボタンブラケットをホームボタンの1つにセットし、それを固定する2本のネジを取り付けます。

ステップ21:

  • ディスプレイパネルにマイクケーブルを設定します。 ディスプレイパネルには、マイクケーブルの穴に収まる小さな突起があり、マイクケーブルが揃っていることを示します。
  • ケーブルの近接センサー部分をフロントパネルの凹部に取り付けます。

ステップ22:

  • 正面カメラを邪魔にならないように持ち、イヤホンスピーカーを所定の位置に取り付けます。
  • 次に、フロントカメラをディスプレイのブラケットの所定の位置に取り付けます。

ステップ23:

  • 前面カメラ/イヤホンスピーカーブラケットを所定の位置に置きます。
  • 以前にブラケットから取り外した3本のネジを取り付けます。

ステップ24:

  • ケーブルを接続するときにケーブルが適切に揃うように、正面カメラケーブルが最初の2本のディスプレイケーブルの間にあることを確認します。

ステップ25:

  • 4本すべてのケーブルを1つずつソケットに接続します。 指を使ってコネクタを静かに押し込みます。

ステップ26:

  • コネクタシールドを所定の位置にセットし、所定の位置に保持していた5本のネジを取り付けます。

ステップ27:IPhoneを閉じる

  • iPhoneを閉じるには、まずフロントパネルディスプレイの上部のリップをリアケースの溝に合わせます。

ステップ28:

  • 前面ディスプレイを閉じ始め、ディスプレイの両端に沿ってディスプレイの両側をしっかりと押して、それがはまるようにします。
  • ディスプレイはかなり簡単に入るはずです。 収まらない場合は、ディスプレイを取り外して、ディスプレイの上部のリップが背面ケースの溝に収まるように、ディスプレイの位置を調整します。

ステップ29:

  • iPhoneの底面の稲妻の隣にある2本のペンタローブねじを取り付けます。

ステップ30:

  • フィルムをディスプレイの前面から引き出します。
  • iPhoneの電源を入れ、正しく機能することをテストします。 iPhoneの初期電源がオンにならない場合は、Appleロゴが表示されるまで電源ボタンとホームボタンを押して、電話機をハードリセットしてみてください。

関連記事