PSPへのカスタムファームウェアのインストール

わかりましたので、これは実際にいくらか便利かもしれません。 私は古いPSPを見つけて、その上にいくつかのエミュレータ、SNES、ゲームボーイなどを置くことにしました。事前に行う必要があることの1つは、PSPにカスタムファームウェアをインストールすることです。 これは私がやった方法です。

ステップ1:現在のファームウェアバージョンを確認する

PSPに配置するカスタムファームウェアは、現在インストールされているファームウェアによって異なります。 持っているものを確認するには、「設定→システム設定→システム情報」に進みます。 バージョン6.60(最新)がありました。 この後、PSPをコンピューターに接続します。

ステップ2:PSPをUSBモードにする

設定»USB接続

ステップ3:CFWをダウンロードする

GoogleにアクセスしてCFWのバージョンを見つけます。 見つかったら、ページの指示に従ってコンピューターにダウンロードします。 バージョン6.60の場合は、このページに移動して、サイトのいずれかを選択してください://www.mirrorcreator.com/files/1RSWNU4X/660PRO ...

**注:すべてのサイトについてすべてを知っているわけではなく、その有効性を個人的に保証することはできません。 これは基本的な常識ですが、とにかく言及すると思いました。**

ステップ4:PSPにパッケージを置く(ステップ1)

通常、ダウンロードしたフォルダーを解凍する必要があります。 7-Zipをお勧めします。 それが終わったら、名前に「UPDATE」が含まれるフォルダーを見つけます。 適切なファイルがあることを確認するには、「EBOOT.PBP」という名前のフォルダーにファイルが1つだけ存在する必要があります。 このフォルダーを右クリックして、「コピー」を選択します。

ステップ5:パッケージをPSPに置く(ステップ2)

[マイコンピュータ]に移動し、PSPを選択します。 「PSP」フォルダ、次に「GAME」フォルダに移動します。 コピーした「更新」フォルダーをここに貼り付けます。 窓を閉めて。

ステップ6:カスタムファームウェアのインストール(ステップ1)

PSPで、ゲーム»メモリースティックに移動します。 ここに更新プログラムがあります。このプログラムが機能しない場合、または破損しているように見える場合は、CFWをダウンロードする別のサイトを見つける必要がある場合があります。

ステップ7:カスタムファームウェアをインストールする(ステップ2)

プログラムの指示に従います。 これで、カスタムファームウェアでPSPが更新されました!

ステップ8:作業を確認する

CFWがインストールされていることを確認するには、設定»システム情報に移動します。

ステップ9:コメントしてください

これについて何か気に入った場合はコメントしてください。 ユーモア、きれいな写真、役に立たない程度、その他何でもかまいません。 嫌いな理由も教えてください。 気にしません。 ただコメントしてください。 手順の1つです。 あなたは今する必要があります。

関連記事