Eclipseを使用してJavaで独自のAPIを実装する

Javaを最初に学んだとき、Call of Duty、Microsoft Office、Windowsなどの大きなゲーム、システム、またはプログラムがどのように作成されるのかとずっと思っていました。 Javaのスキルとプログラミング全般に関する知識が向上するにつれて、それがどのように結び付いているかをよりよく理解するようになりました。

Call of Dutyなどのゲームを見ると、すべてがスタンドアロンでプログラムされているわけではなく、多くのリファレンス/インターフェースがゲームの開発に組み込まれていました。 マルチメディアを目的としたDX9 / DX11、ランタイムを目的としたMicrosoft XNA、およびゲームを現在の方法で実行するためのその他のいくつかを実装しています。 ほとんどすべての大規模プロジェクトは、上記の例のようなフレームワークを中心に構築されています。

Eclipseを使用してJavaで独自のAPIを実装することに興味がある場合、これは適切な指導方法です。 Javaでプログラミングできない場合やEclipseを使用できない場合は、この説明はお勧めしません。これは、Eclipseを使用するスキルレベルを持つ上級Java開発者向けです。 このプロジェクトでは、この説明文を読みながら10〜30分で完了します。 指示の中で多くのビジュアルを使用するのではなく、その時点での一般的な感覚を示します。 Eclipseの使用に問題がある場合は時間をかけて、混乱しないようにしてください。

私が言うことが意味をなさない場合、私がJavaで作業してから約2年しか経っていないことに注意してください。 これは、作成するAPIを、作成する別のプロジェクトに実装するという私の正直な理解です。 ここに書いたものに何か問題がある場合は、以下にコメントしてください。適切な修正を加えることができます。

ステップ1:プロジェクトの作成

1. Eclipseを開いて、現在のワークスペースを参照することから始めます。 プロジェクトの階層がプロジェクトで詰まらないように、新しいワークスペースを作成します。

2. Eclipseに移動したら、新しいJavaプロジェクトを作成して名前を付けます。 名前を確認する前に、作成しようとしているプロジェクトは、後で実装する実際のAPI用であることに注意してください。

3.プロジェクトが作成されたら、プロジェクトエクスプローラーウィンドウに表示されることを確認してください。 このステップは、他のプロジェクトをこの現在のプロジェクトと混同しないようにすることです。

ステップ2:パッケージとクラスの作成

1.まず、パッケージエクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、新規、パッケージの順に参照します。 新しいパッケージを選択したら、com。[your_name_here]。[project_name_here]の行に沿って何かを呼び出します。このパッケージには、後で実装するメインクラスファイルが格納されます。

2.パッケージエクスプローラーの下のソースフォルダーにある作成したパッケージを右クリックし、新規を参照して、[クラス]をクリックします。 新しいクラスを作成した後、プロジェクトに関連する名前を付けます。そのため、私の例と呼びます。 クラスにメインメソッドスタブを作成しないでください(抽象メソッドのみを継承します)。 クラスがパブリックであり、スーパークラスがjava.lang.Objectであることを確認してください

3.すべてが完了したら、パッケージエクスプローラーでクラスファイルをダブルクリックします。 一度実行すると、Eclipseの中央のウィンドウに空のクラスファイルが表示されることを確認してください。

ステップ3:コードとエクスポート

1.この素敵なクラスにコードを追加しましょう! 最初に、void以外を返す2つのランダムな静的メソッドを作成します。 ランダムな方法を2つ作成します。同じことを行うこともできます。
(メソッドが作成された後の私のクラスファイル:ここをクリック)

2.いくつかのメソッドをクラスファイルに追加したら、これをjarファイルとしてエクスポートする準備ができました。 プロジェクトのsrcフォルダーを右クリックして、エクスポートを選択することから始めます。 エクスポートウィンドウが表示されたら、上の画像に示すように[Java]-> [JARファイル]を選択します。 次を選択し、エクスポートの場所を参照します。 このjarは後で実装されるため、覚えている場所をエクスポートしてください。 エクスポートの場所以外の設定が(私の上の図にある)私の設定に合っていることを確認してください。 すべてが完了したら、「完了」をクリックして、Eclipseコンパイラーをパッケージ化し、jarファイルをエクスポートします。

ステップ4:プロジェクトをテストする

1. APIのエクスポートが完了したので、テストするプロジェクトを作成します! 手順1の場合と同じように新しいプロジェクトを作成しますが、今回は以前のプロジェクトとは異なるものを呼び出します。 私がTutorialProjectを呼び出すのは、それが良いことだからです。

2.これはテストプロジェクトであり、エクスポートする必要がないため、今回はパッケージを作成する代わりに、クラスファイルを作成するだけで、デフォルトのパッケージが生成されます。 クラス名については、Testの行に沿って何かを呼び出す必要があります。 **注**:今回はpublic static void mainメソッドスタブを継承してください! メインメソッドスタブが継承されることを確認したら、[完了]ボタンを選択します。

3.終了を選択すると、メインメソッドを含むクラスファイルが表示されます(上記参照)。 そうしない場合は、次のコードをクラスファイルに挿入します。

public static void main(String [] args){

}

## TODOコメントは必須ではなく、削除する必要があります##

ステップ5:JARをビルドパスに追加する

メインメソッドが用意できたので、この新しいプロジェクトのビルドパスにAPIを追加することが非常に重要です。 これを行うには、次の手順をそのまま正確に実行します。

1.新しいプロジェクト(私にとってはTutorialProject)を右クリックして開始し、プロパティを選択します。

2.プロパティウィンドウ内で、プロパティウィンドウの左側にある[Javaビルドパス]をクリックします。

3.プロパティメニューの[Javaビルドパス]部分に入ったら、プロパティウィンドウの上部中央にある[ライブラリ]を選択します。

4. [外部JARの追加...]を選択して、APIの場所を参照し、ファイルを選択して[開く]をクリックします。

5.これらすべてが完了したら、プロパティウィンドウの右下にある[OK]ボタンを選択します。

ステップ6:APIを使用する!

1.作成したAPIをビルドパスに追加したら、実装する準備が整います。 作成したメソッドのいずれかを呼び出すだけです! 私のために、私は走ります...
-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- ------
System.out.println(Example.isSocketOpen( "instructables.com"、80));
-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- ------
ちょっと、instructables.comが稼働しているようです! 多分、私が教えてくれて、何か新しいことを学んでくれてありがとう。

関連記事