自分のウェディングドレスを作りました!

夫と私の最大の趣味は、物、家具、衣装、小道具、小さな装飾品を作成することです。私たちはメーカーであり、このテーマを結婚式に取り入れることが好きでした。

私は自分のウェディングドレスを縫うことにしました。 私は縫製の経験があまりなかったので、これはやりがいのあるプロジェクトでした。 私はコースや何かを決して従わず、枕カバーのようないくつかの小さなプロジェクトと、海賊のコルセットとチョッキの2つの深刻な服だけを縫いました。 しかし、実際には、ウェディングドレスはスカートが付いたコルセットであり、ウェディングドレスの縫製や必要な一般的な縫製技術に関するYouTubeビデオを大量に視聴した後、それができると確信していました。

さらに、ヘルプラインがいくつか用意されており、自分では解決できない問題に遭遇した場合に相談することができました。 ドレスを作る全体のプロセスには時間がかかりましたが、特に最初は特にスムーズでした。 ある時点で道路が小さくなり、非常に大きな隆起が1つ発生し、予想よりもはるかに長い時間がかかりました。 したがって、私はドレスを手伝ってくれたすべての人に非常に感謝しています:レースの花を切り取るのを手伝ってくれた友人のLisanneとLoesと、素晴らしいミシンでレースの最後のピースを縫い、裾上げでLOTを手伝ってくれたMaartjeスカートの7層すべてを縫い合わせて、母ニコルと私がスカートを身頃に付けるのを手伝ってくれた友人のマージョン、義母のイネが道路のほぼすべての段階で一般的な助けとアドバイスをしてくれて、夫のルード物事が困難になったときに彼の精神的なサポートのため。

このInstructableでは、ドレスを作るプロセスをあなたと共有したいと思います。 結婚式の日に、私は結婚式のゲストがそれを見ることができるように、ドレスの作成に関する写真集を作成しました、そしてこのInstructableで使用される画像のいくつかは、背景とフォトショップのアイテムを説明するその写真集から直接です;)。

私は結果に本当に満足しており、自分の創造を誇りに思っています:)。 私のInstructableをお楽しみください!

ステップ1:インスピレーション

独自のウェディングドレスを作成する最初のステップは、ドレスがどのように見えるかを考えることです。 これには、小さな女の子の頃から持っていたアイデア、映画で見たドレス、「Say Yes To The Dress」の数え切れないエピソードで見たドレス、ブライダルファッションショー、または多くのGoogle画像セッション。

私のドレスについて、私は好きでした:

  • ドロップウエストボディス
  • 恋人のネックライン
  • レースのボディス
  • レーストップなので、ドレスはストラップレスではありません
  • 大きなチュールスカート。 ボディスのレースはスカートまで少し下がってくることができますが、あまり大きくありません。 スカートの底にレースはありません。
  • コルセットバック
  • コルセットのひもの上にあるレーストップの「ドロップ型」開口部

ステップ2:ドレスフィッティング

あなたはウェディングドレスを購入するつもりはありませんが、いくつかのブライダルショップでドレスフィッティングに行くことをお勧めします。 まず、すべての花嫁がドレスを試着するためにブライダルストアに行くことを夢見ています。 第二に、私はこのドレスの買い物体験で私と一緒に来る喜びを母、妹、親友を否定できませんでした。 しかし、最も重要なことは、私が念頭に置いていたドレスモデルが私に似合うかどうか、またはより良い他のオプションがあるかどうかを見たかったことです。

このステップをスキップしなかったことを非常に嬉しく思います。 私は確かに、ウェディングドレスを試着するのにとてもいい経験でした。 とてもいいコンサルタントが私を助けてくれ、彼女は私が好きなことや嫌いなことを理解するのに多くの言葉を必要としなかった。 私はドロップウエストのボディスを念頭に置いていましたが、人魚、トランペットまたはフィット感とフレアスタイルのガウンが私にどのように見えるか興味がありました。 私は腰がそのようなドレスであまりにも発音されるのではないかと心配しましたが、コンサルタントは私に試着を勧めました。 それから私は写真(ダイアン・ルグラン6216)に示されているドレスを試着しました。 残念なことに、私たちは写真を撮ることができませんでした。ドレスは私とモデルのイメージが添付のイメージとは違って見えました。 また、私の側近はこれが本当に私だと思い、このドレスで輝いていたと言った。 私がドレスを購入する場合、これは間違いなく1つでしたが、いくつかの変更はありました。 私は本当にストラップレスのドレスが好きではありません(それは私の肩が広く見えるようになると思います、私はドレスを10秒ごとに持ち上げなければならないと感じています、さらに、私たちの結婚式は11月ですので、少し寒くないかもしれません肩が覆われている)ので、ドレス用にカスタムメイドのレーストップがあったでしょう。 これは店でも可能だったでしょう、彼らはドレスの元のレースからこれを作ることさえできました。

自分のドレスを作るのに苦労することをすべて省いて、このドレスを買うことを本当に考えました。 しかし、それは予算を少し超えていたので、ほんの少しきらめきがあったと思いました(ドレス全体にスパンコールがあり、冬の雪のようにきらめきました)が、最も重要なことは、私はすでにプロセスを楽しみにしていました自分のドレスを縫って、最後にどれだけ誇りに思うか。 そこで私は、ドレスのモデルをドロップウエストではなくトランペット/フィットとフレアスタイルに変更することにしました。

ステップ3:カスタムドレスフォームの作成

このステップには次のものが必要です。

  • (格安)Tシャツドレス
  • ダクトテープ(約1.5ロール)
  • はさみ
  • 発泡体
  • 段ボール(少量のみ、腕と首の穴を塞ぐため)
  • ロープ(泡で満たしながら天井からドレスフォームを掛ける)
  • 塩化ビニルパイプ
  • ドレスの形を設定するスタンド(マイクスタンドを使用しました)

ドレーピング技術を使用して、自分でドレスのパターンを作ることを計画していました。 これは、店舗で購入したドレスのフォームで行うことができますが、その後、体にぴったり合うように後でパターンを変更する必要があります。 したがって、私は自分の体の正確なコピーであるカスタムドレスフォームを作成し、それを立体裁断に使用する方が簡単だと思いました。

このドレスの形を作るために、私は基礎として(安い)Tシャツのドレスを着ていました。 ダクトテープで完全に包まれた後、背中を切り開いて、ダクトテープの形を外します。 より多くのダクトテープを使用して、カットを簡単に再び閉じます。 フォームを埋めるために発泡フォームを使用し、ダンボールサークル(または楕円)とダクトテープで腕と首の穴を閉じ、2本のロープでドレスフォームを上下逆さまに吊り下げました。 このような大量の泡が同時に適切に乾燥しないため(使用する泡によっては)、複数のセッションで充填を行うのが最適であることに気付きました。 フォームがまだ濡れている間に、PVCパイプをフォームに挿入しました。

発泡体が完全に乾燥した後、PVCパイプをスライドさせることにより、ドレスフォームをスタンドにセッ​​トできました。

この方法の唯一の欠点は、フォームの軸対称圧力により、ドレス形状の水平断面が円形になり、人体ではこれらの断面がより楕円形になることです。 したがって、前面と背面からは、ドレスの形は私よりも薄く見えますが、側面からは、ドレスの形は私の体よりも厚く見えます。 円周はまだ同じであるため、パターンをドレープするのに十分であると考えました。 しかし、次回は、フォームで満たす前に形状を確保するために、段ボールでドレスフォームを補強します。

ステップ4:パターンのドレープ

このステップには次のものが必要です。

  • ドレスフォーム
  • ピーターシャムリボン
  • フラットヘッドの縫製ピン(上部にガラスビーズなし)
  • (安い)生地。 通常、これにはモスリンが使用されますが、私は1メートルあたり1ユーロしかかからない残りの生地を使用しました。
  • 通常の縫製ピン
  • マーカー
  • はさみ

Daniela Taboisの非常に明確なYouTubeビデオ、特にこのビデオからドレープする方法を学びました。 私は彼女のチャンネルが大好きで、彼女から多くのことを学びました!

ダクトテープドレスフォームの継ぎ目の位置をマークするために、ピーターシャムリボンを使用しました。 フラットヘッドの縫製ピンを使用して、リボンをドレスフォームに固定しました。 私は身頃全体を7つのパネルで構成することにしました:1つのフロントパネル、2つのプリンセスフロントパネル、2つのサイドバックパネル、2つのセンターバックパネル。 反対側は対称コピーなので、胴着の半分だけをドレープしました。

立体裁断は、パネルを覆うのに十分な大きさの布地をとることによって行われますが、大きすぎて邪魔になりません。 生地は、通常の縫製ピンを使用して、パネルの位置でドレスの形に合わせて固定する必要があります。 ピーターシャムリボンは、パネルの端とファブリックを固定する場所を確認するためのガイドとして使用できます。

生地がドレスの形にぴったりと平らに固定されたら、マーカーを使用してパネルの端を示しました。 次に、少なくとも1.5 cm(5/8インチ)を残して、エッジの周りを切り取ります。

これをすべてのパネルで繰り返しました。

備考:私は実際に生地の粒子方向を考慮しませんでした。 しかし、私の母が私の写真のいくつかを見せた縫製経験の多い女性は、私のモックアップドレスにいくつかのしわが寄ることに気づきました(次のステップ)。これは木目方向を考慮に入れなかった結果かもしれません。 そのため、次回は、すべてのパネルの方向を揃えます。

ステップ5:モックアップドレスの作成

このステップには次のものが必要です。

  • (安い)生地、これはモスリン、または私の場合は1メートルあたり安い生地
  • ミシン
  • モックアップの背面を閉じるためのいくつかの小間物、すなわち、ジッパー、いくつかのリボン、スナップ留め具、安全ピン
  • ロープ(サークルスカートを測定するため)
  • 仕立て屋のチョーク

モックアップは非常に重要なステップです。 ここでは、設計されたパターンが正しいかどうか、またはいくつかの変更が必要かどうかを確認できます。 高価な本物のファブリックではなく、この安価なバージョンのドレスで変更をテストするのは簡単です。

最初に、パネルを2倍にしました(ミラーリング)。 前の手順でパネルを切り抜くときに、すでに1.5cm(5/8インチ)の縫い代を含めていたため、余分な縫い代を描画する必要はありませんでした。 その後、すべてのパネルを縫い合わせました。 ドレスの後ろを閉じるために、ジッパーで縫い、リボンを使用してコルセットのひもを結ぶ部分を閉じ、スナップファスナーと安全ピンを使用して取り付けました。

身頃のモックアップのみが終了したため、すでにいくつかの変更が必要であることに気付きました。 少し縫い目を少し取る必要がありましたが、これを最終パターンに合わせてマークしました。 脇の下の縫い目は少しゆがんでいたので、少しずらして、一方のパネルからもう少し生地を取り、もう一方のパネルから少し生地を離しました。 また、フロントパネルとプリンセスパネルの間の縫い目を少し取り入れなければなりませんでした。

次に、シンプルな丸いスカートを縫い付けました。これは、小さな電車を作るために、前よりも後ろが少し長くなっています。 椅子の脚に取り付けたロープと仕立て屋のチョークを使用して、布の(1/4)円を測定してマークしました。 私はスカートを十分に長く作りました。そのため、スカートが複数のレイヤーとフープスカート/ペチコートのためにドレスが下になります。裾。 しかし、私はこのモックアップドレスの正しい長さを見つけてスカートを裾上げすることを気にしませんでした。 私は、胴部の下端が湾曲しているため(側面が前後よりも低い)、胴部にスカートを取り付けるのはそれほど簡単ではないことがわかりました。 また、私は胴着が少し長すぎることを発見しました。これはドレスがトランペットよりも人魚になり、私は好きではなかったので、胴着の長さを調整しました。 このモックアップでは、生地の重量のためにスカートが垂れ下がっているので、スカートは私の足を非常に短く見えると思います。 ただし、チュールの多層と最終的なドレスのフープスカートで、よりお世辞になります。

ステップ6:モックアップからパターンを作成する

このステップには次のものが必要です。

  • パターンペーパー
  • ペン
  • フランスの曲線
  • 小さな定規または縫い目ゲージ
  • シームリッパーツール
  • はさみ

縫い目リッパーツールを使用して、モックアップドレスを再び分解しました。 次に、パネルから縫い代を切り取ります。つまり、縫い目で切断します。

パネルを一枚一枚パターン紙の上に置き、エッジをトレースしました。 一連のフレンチカーブを使用して、きれいできれいなエッジを描画し、パネルのエッジにできるだけ合うようにカーブを回転およびシフトしました。

次に、シームゲージまたは小さな定規を使用して、エッジを1.5 cm延長しました。 いくつかの位置でエクステンションにマークを付け、再びフレンチカーブを使用して、それらを通る素敵なカーブを描きました。 また、ウエストラインにすべてのパターンピースをマークしたので、それらを接続する場所がわかります。 ウエストラインに垂直に、木目方向を示す矢印をマークしました。これにより、生地にパターン片を正しい方法で配置できます。

パターンの2つのバージョンを切り取りました。1つは縫い代があり、もう1つは縫い代がありません。 縫い代のあるものは、生地を切る際のガイドとして使用されます。 縫い代のないピースを使用すると、裁断後、ファブリックパネルに縫い目を簡単にマークできます。

ドレスを始める前に、私が作っているドレスに少し似たパターン(Vogue 1495)を購入しました。 このパターンを使用しないことはすでにわかっていました。 ヴォーグのパターンは一般的にオランダの平均的な体型には合わないと言われました(したがって、彼らはいつも行っている店で販売されていなかったので、オンラインで注文しなければなりませんでした)。パターンを使用する代わりに、ゼロから簡単に開始できるようにします。 しかし、私はパターンを持ちたいと思ったので、私は縫い方の指示を見ることができました。 また、非常に奇妙なパターンを描かないようにするために、パターンを切り取って自分のパターンと比較しました;)。

備考:このパターンは、ボディスの基本パターンです。 ボディスは複数の層で構成されます:裏地、骨抜きを含む構造層、サテンの外側の層、レースの上の層。 このパターンはサテンとレースに直接使用できますが、私はドレスに(店で買った、ぴったりの)ブラを入れているので、パターンは裏地と構造レイヤーにいくつかの変更が必要です。

ステップ7:ファブリックショッピング!

すべての準備手順が完了したので、私はこのプロジェクトをうまく終わらせて美しいドレスを作ることができると確信しました。そして、私は美しいブライダルにいくらかのお金を使う準備ができていました。生地。 それで、私は母、祖母、義理の母を布の買い物の良い午後に連れて行きました。

最後に、私は買った:

  • イタリアのブライダルサテン7メートル(スカートと胴着)
  • 裏地7メートル(スカートと胴着)
  • 12メートルのブライダルチュール(スカートに4層、レーストップの基礎)
  • 5.5メートルのオーガンザ(スカートのチュール層の下に微妙な光沢のある層を追加するため)
  • 3メートルの英国式ブライダルレース(これは最も高価な部分で、胴体にのみ使用され、スカートにいくつかの延長と上部にいくつかの装飾があります)
  • 3メートルのインターフェース(胴部のサテンと裏地を補強するため)
  • 0.5メートルの青いサテン、2つの異なるタイプ(潜在的なベルトまたはサッシ用)
  • 3メートルのスパイラルスチールボーニング(海賊コルセットのキャップが既にありました)
  • 長さ28 cmの2ピースのスプリングスチールボーニング、浸漬した端
  • 1メートルのリジレンボーニング(レーシングパネル用およびレーシングループを保持するため)
  • 6メートルのバイアステープ(適切なサイズの骨抜きトンネルを販売していないため、骨抜きトンネルとして機能するため)
  • 2000mスレッド
  • 2つの目に見えないジッパー(これまでに目に見えないジッパーをインストールしたことがないため、練習用に1つ)
  • 5つのカバー付きボタン(サテン生地で覆われ、ドレスのレースのトップを閉じるために使用されます)
  • 刺繍ハサミなど、私がまだ所有していない縫製ユーティリティ

以前、私はすでに真新しいミシンを買いました。 私は祖母の古いミシンを所有していました。これはおそらく50〜60歳です。 それでも機能しましたが、いくつかの問題がありました。 たとえば、ペダルを少し押すと、ミシンはブザー音を立てるだけで、縫い始めませんでした。 もう少し押すと、突然縫い始めました。 また、時々、上糸が下糸機構に完全に詰まり、ときどき布地を引き下げることもありました。 以前の縫製プロジェクトでは、完全に制御できないことがイライラさせられました。 私の人生で最も重要な衣服を縫うのはすでに難しいので、私はこの古いミシンでそれを台無しにする余裕はありませんでした(義理の母は、適切な作業ミシンなしで私のウェディングドレスを始めることさえ禁じていました:P )。 だから私はハスクバーナエメラルド118ミシンを購入しました。これは私にぴったりです。 レイアウトはシンプルで、使用する予定のない事前にプログラムされたステッチがあまりなく、非常に重くてまともで、縫製時に所定の位置に留まり、かなりのレイヤーを処理できます一度に生地。

ステップ8:胴着の縫製

このステップには次のものが必要です。

  • 裏地/綿/サテン生地
  • インターフェース(アイロンオン)
  • アイロン
  • 布とカッティングマット用のロータリーカッター
  • 重さ(私の場合はティーカップを使用しました)
  • 付きミシン
    • オーバーロック押え
    • 通常押え
  • 仕立て屋のチョーク
  • ミシンピン

ボディスは、裏地層、構造層、サテン層、レース層の4つの層で構成されています。 このステップは、裏地、丈夫な綿生地、サテンの最初の3層それぞれについて繰り返されました。

まず、生地を補強するために、裏地とサテンへのインターフェースをアイロン掛けしました。 次に、生地にパターン部分を(縫い代を付けて)配置し、重りで固定しました。 縫製用の重りや豆袋をこれに使用することもできますし、独創的で既に所有している重いものを使用することもできます。 たとえば、私はティーカップを使用しました。 パネルを切り取るためにロータリーカッターを使用し、布地の下に大きなカッティングマットを置きました。 パターンを生地に固定するためのピンは必要なく、裁断中にそれを処理するために生地に柄が移動することを心配する必要がないため、ロータリーカッターはハサミよりはるかに便利です。

生地のほつれを防ぎ、さらに生地の縁を縁に固定するために、ミシンのオーバーロックオプションと対応するオーバーロック押えを使用して、パネルの縁をオーバーロックしました。 もちろん、これにはセルガーも使用できますが、私はそれを所有していません。

パネルの端をロックした後、テーラーのチョークマーカーで実際の縫い目をマークしました。 私はそうするために縫い代のないパターンピースを使用しました。それを再びティーカップで固定しました。 私は最初に青い色のチョークを使用しましたが、それが生地を通して輝くことがわかりました。 そのため、後で赤いブラジャーが白いTシャツに映らないことを聞いたり読んだりしたことを思い出してから、オレンジ色を使い始めました。 ただし、この色も輝いており、最後のパネルでは薄いピンクを使用しましたが、最終的にはうまくいきました。 残念ながら、「間違った」色はすでに最終的な裏地層にありました。 テストピースは、洗濯機で落ちないことを示しました(非常に低い設定で洗剤なし)が、インターフェースはメインファブリックから剥離しますので、チョークを取り除くためにライニング層を洗浄することはオプションではありません。 幸いなことに、ドレスを着ているときや、ドレスの外側のサテン層には裏地層が見えません。私は明るいピンク色を使用しました。 私はドレスが内側からも完璧に見えないのは好きではありませんが、裏地層全体を作り直すにはあまりにも手間がかかります。 次回は、チョークの色をもっと慎重に選ぶでしょう!

完成したすべてのパネルがピン留めされて縫い合わされたら、ミシンの通常の押え金を使用します。 その後、縫い目が平らになるようにアイロンをかけ、胴着が完成しました! 少なくともサテン層については、裏地層と補強層を変更してブラとレーシングパネルを組み込む必要がありました。これについては、今後の手順で詳しく説明します。

ステップ9:ブラジャーを組み込む

このステップには次のものが必要です。

  • 店で購入した、よくフィットするブラ
  • 縫製ピン(平らな帽子とガラスビーズヘッド付き)
  • ロープまたはリボン
  • はさみ
  • 裏地のベーシックなボディス+余分な裏地
  • 丈夫なコットンのベーシックなボディス(構造層)
  • ミシン

ウェディングドレスを試着していると、ほとんどのドレスがプリンセスの縫い目に付けられており、胸の上までずっと伸びており、標準的なブラカップがドレスに縫い付けられていますが、ワイヤーはありません。 そのように構成されたドレスでは、ドレスの下にブラジャーを着用する必要があります。 例えば、ドレスの透明なレースのトップを通して見ることができないように、ストラップレスブラジャーまたはストラップのない接着ブラジャー。 さらに、上からの私の見解から、私は乳房の骨抜きが乳房を奇妙な三角形の形にしたと考えました(コンサルタントは、これは上からしか見ることができず、他の人はそれが奇妙に見えることに気付かないと保証しましたが)。 そのため、裏地と構造層をブラジャーカップコルセットスタイルにし、上部のサテンとレースの層がブラカップの上にスムーズに落ちるようにして、ドレスがあまりセクシーに見えないようにしますが、それでも十分なサポートが得られます。 また、フィット感を確認するために、カップとアンダーワイヤーを別々にするのではなく、購入した店にぴったりのブラを使用することにしました。

アイデアは、ブラジャーを構造層に取り付けて、ブラジャーカップの内側にきちんと収まるように、ボディスの裏地層を変更することです。 王女の縫い目での骨抜きは、ブラのワイヤーの下で止まります。

まず、角を切り取り、ジグザグのステッチで生の縁を固定することで、ブラジャーが胴着の内側に完全に収まるようにしました。 次に、ステップ4の立体裁断技法を使用してパターンを作成しました。つまり、ロープと平らな頭の縫製ピンで目的の縫い目をマークし、マークした部分に布をピンで留め、ペンでエッジを示し、パネルを切り取りますステップ6を使用してパターンの断片を描画します。

次に、裏地の生地からブラカップのパターンを切り取り、縫い合わせました。 それから私は体に裏地を保持し、ブラジャーを入れてブラジャーカップピースを組み込むために切り欠きを作る必要がある場所をマークしました。 Tatiana KozorovitskyによるYouTubeチュートリアルに従って、穴を開けてライニングカップに縫い付けました。

次のステップは、構造層に同じカットアウトを作成することでしたが、ブラカップの上に生地を残しました。 アンダーワイヤーとブリッジに沿ってブラジャーを縫い付けました。 翼バンドはゆるいままです。

残りのステップは、胴体の裏地層のサイドシームにスリットを残してウィングバンドを通すことで、ドレスを着用するときに背中に固定して、余分なサポートを世話することでした。 もちろん、このスリットの端はきれいに仕上げられています。 最後に、後のステップで胴着を組み立てるときに、裏地のブラカップをブラカップ自体に手縫いして、すべてを適切に固定します。

ステップ10:レース、レース、レース

このステップには次のものが必要です。

  • レース
  • 重量(ティーカップ)
  • 対照的なスレッドと一致するスレッド
  • 手縫い針
  • 布とカッティングマット用のロータリーカッター
  • 刺繍はさみ
  • ミシンピン
  • 刺繍オプションと刺繍押え付きミシン

レース層には、胴着の基本パターンが使用されます。 レースに縫い代のないパターンを配置し、パネル上のレースの花の配置を考慮しました。 私はいくつかの花がパネル内に(ほぼ)完全にあることを確認し、いくつかはパネルの外側の大部分のために意図的に、次のパネルに重なって縫い目を隠すことができるようにしましたチュールのトップとスカートを重ねます。 パターンピースを所定の位置に保持するために、再びウェイト用のティーカップを使用しました。 次に、手縫いの針を使用して、対照的な黒の太い糸で仮縫いして、パネルの端をトレースしました。

パターンピースを取り除いた後、私はロータリーカッターを使用してパネルを全体的に切り取り、パネルに取り付けられているすべての花を切り取り、全体を残しました。 花のない端の領域では、約1 cm(3/8インチ)の小さな縫い代を残しました。 次に、刺繍ハサミを使用して、メッシュの花を端の花から慎重に切り取りました。 これを7つのパネルすべてで繰り返しました。

次に、黒のしわが寄ったガイドに沿って隣接するパネルを並べ、縫製ピンで固定しました。 端に突き出た花が常に次のパネルの上にあることを確認しました。 パターンピースをレースに慎重に配置することが重要な理由は次のとおりです。隣接する2つのパネルの重なり合う花を同じ位置にしたくないが、縫い目が隠れるようにオフセットしたい可能な限り大きな部分。 次に、同じ色の糸と針を使用して、重複するレースの花を次のパネルに手縫いしました。 これはレースアップリケの縫い目と呼ばれ、Elise TonnとPincushion教授によるYouTubeビデオからその方法を学びました。 レースの花が存在しない縫い目の領域では、縫い目をミシンで縫い、縫い代をできるだけ短く切り落としました。

7つのパネルすべてがこの方法で結合されたとき、私はレースがあまりにも「開いている」と感じ、胴部にさらに花を追加したいと思いました。 そのため、私はレースの生地からたくさんのバラの花を切り取り、空き地で手縫いしました。

これは非常に多くの作業であり、進行が遅く、スレッドが頻繁にノットに絡まり、レースの花びらや葉、スパンコールが少し突き出ているために引っ掛かるので、かなりのフラストレーションを引き起こしました。 最後に、実際にフィニッシュに近づいたとき、レースからさらに花を切り取るのを手伝ってくれる友人を呼びました。驚いたことに、ある友人のマーティエは、彼女のすばらしいミシンでゆるい花を縫うのを手伝ってくれると申し出ました刺繍押え付き。 彼女はレースの胴着を半日以上で仕上げるのを手伝ってくれたので、すべてを手作業でやらなければならなかった場合、少なくとも1週間はかかりました。 彼女のマシンがこの「フリーハンド」縫製を行えることを以前に知っていたなら、それは自分のマシンでは不可能でした。 (私のマシンでこれを有効にする追加のアクセサリーを購入することも可能かもしれませんが、私は確信していません。)レースをこのマシンできれいにまっすぐに所定の位置に保つのはまだかなり難しいことがわかりました幸せなMaartjeはより多くの練習をし、残りのレースの花を付ける素晴らしい仕事をしました。 最終的には、レースの胴着層がどのようになったかに非常に満足しています。それは本当にシームレスに見え、レースの単一部分から作られました。

ステップ11:骨抜き

このステップには次のものが必要です。

  • バイアステープ
  • ミシン、糸、ミシンピン
  • スパイラルスチールの骨抜きとエンドキャップのマッチング
  • 完成した(浸漬した)端部を持つ既製のばね鋼の骨抜き
  • 巻き尺
  • ペンチ

ドレスにいくつかのサポートを与えるために、私は身頃に骨抜きを追加しました。 私は、胴部の縫い目に沿ってのみ骨抜きを配置し、前面パネルの中央に1つを配置するだけで十分であると判断しました。 コルセットのひもの隣にあるドレスの後ろにある骨は、ひもを締めたときに横に曲がってはいけません。したがって、バネ鋼の骨抜きを使用することにしました。 メーターでこのタイプの骨抜きを購入することは可能ですので、自分で適切な長さに切ることができます。 ただし、ばね鋼は硬化しているため、切断が困難です。 さらに、切断されたエッジはシャープであり、ファイリングおよび/またはカバーする必要がありますが、これも困難です。 そこに、私は、完成した端を持つ適切な長さの事前に作られたバネ鋼の骨抜きを購入しました(私は信じているいくつかのポリマーに浸漬)。

骨抜きの残りの部分では、複数の方向に曲がれば実際に便利で快適です。 したがって、私は残りの骨抜きにスパイラル鋼の骨抜きを使用しました。 これは実際にメーターで購入し、ペンチと測定テープを使用して自分自身の長さにカットしました。 両端には鋭いワイヤーの端が含まれており、布を挟んでドレスを台無しにし、着用中に私を傷つける可能性があります。 そこで、ペンチを使用して、エンドに適合するエンドキャップを固定しました。

ドレスの骨抜きに対応するために、骨抜きトンネルを胴体の構造層に取り付けました。 すぐに使える骨抜きトンネルを購入できますが、ドレス用にすべてを購入した店で骨抜きに適したサイズを販売していませんでした。 そのため、バイアステープを使用して、独自のトンネルを作成しました。 実際にバイアステープを2層使用し、胴体の縫い目に2本の縫い目で縫い付けました。2本の縫い目は、骨に収まるように十分に離れていますが、骨が小刻みに動かないように離れていません。 骨はバイアステープの2つの層の下(間にない)に行きます。 したがって、骨抜きは片側から構造層の綿織物で覆われ、反対側はバイアステープの2つの層で覆われています。どちらも骨抜きを保持するのに十分な強度があります。

ドレスはトランペット/フィットとフレアスタイルで、胴着が腰に届くので、胴着が胴着の全長に渡って配置されている場合、私は移動してドレスに座ることができません。 したがって、骨抜きは、座っているときの体の屈曲点のすぐ上の胃下部で終わります。 トンネルに骨抜きを挿入した後、トンネルは数回前後にステッチすることにより、骨のすぐ上と下で閉じられます。

ステップ12:コルセットレーシング

このステップには次のものが必要です。

  • サテン生地
  • マーカー(仕立て屋のチョークとペン)
  • 測定ツール(継ぎ目ゲージまたは小さな定規)
  • ロータリーカッター
  • コード
  • ループターナー
  • リジレンの骨抜き
  • 付きミシン
    • ジッパーフット
    • 通常押え

私はいつも後ろにコルセットひもが付いているドレスが大好きだったので、ウェディングドレスにこの機能が必要であることを知っていました。 レース自体だけでなく、ループとひもパネルも、レースを通して見える胴着のサテン層に使用されているのと同じサテン生地で作られています。

私はループを作ることから始めました。 私はボディスにも使用したのと同じアイロンオンインターフェースでサテンを強化しました。 次に、バイアスで幅約2 cmのストリップをカットします(ファブリックの方向に対して45度未満)。 ループはサテンストラップの短い長さだけで構成されているため、生地の新しい領域から1つの長いストリップを作成するのではなく、残りの生地を使用して複数のストリップをカットしました。 それから私はストリップからトンネルを縫い、良い面を一緒に置いた。 間にコードを配置し、ミシンのジッパーフットを使用して、トンネル全体の長さとストラップからストラップまでの幅が均等になるようにしました。 ループターナーツールを使用してトンネルを反転しました。 このようにして、すべてのループを作るのに十分な数以上のストラップを仕上げました。

ひもを締めると、ループは非常に大きな力を受け、ドレスにしっかりと固定する必要があります。 また、ドレスのすべてのループを個別に縫うよりも、最初にいくつかのストリップですべてのループを一緒に縫い、このストリップ全体をドレスに縫う方が簡単です。 余分なセキュリティを提供するために、リジレンの骨抜きのいくつかのストリップにループを縫い付けました。 これは、縫い付けることができるプラスチックタイプの骨抜きです。 ループがどこに行く必要があるかをマークし、ループごとに縫い始めました。 縫製中にループを所定の位置に保つには、かなりの労力がかかります。これは、ループがかなり厚く、プレッシャーフットがストラップを押しのけてしまい、縫製ピンを使用できないためです。 最終的にいくつかのループをやり直しましたが、最終的にはまだ完全なサイズと形になっていませんが、すべての努力の後、結果に満足しました。 ループが確実に固定されるように、ストリップ全体をさらに3回縫い付けました。 次に、スプ​​リングスチールの骨抜き用のトンネルと共に、胴部の構造層にループ付きのストリップを縫い付けました(前のステップ)。

次に、コルセットレース自体を作成する必要がありました。 基本的に、この手法はループストラップの場合と同じですが、新しい布地から2つの長い対角線を切り取りました。 縫い目がレースの伸びに対応するように、バイアスで2つのピースを接続しました。 再び、コードとジッパーフットを使用してトンネルを縫いましたが、ループターナーを使用するためにレースが長く(ほぼ4メートル)だったため、コード自体でそれを回しました。

最後に、サテンからレースの後ろに行くために、レースパネルを作成しました。 私は、リジレンの骨抜きを使用して、ひもを締めたときに形状が維持されるようにしました。 私はそれをボディスの裏地層に取り付けました。

ステップ13:ボディスアセンブリ、ヨーク、インビジブルジッパー

このステップには次のものが必要です。

  • チュール
  • ヨークパターンピースと縫製説明書
  • はさみ
  • 仮縫い糸と通常糸
  • ミシンピン
  • 目に見えないジッパー
  • 付きミシン
    • 通常押え
    • 目に見えないジッパーフット

ボディスの組み立ては、このウェディングドレスを作るプロセス全体の中で最も困難なステップであり、私をいくつかの精神障害に駆り立てました。 幸いなことに、ドレスを作り始める前に、いくつかのヘルプラインが提供されており、このプロセスでそれらすべてに相談しました。

私は私のドレスがストラップレスになりたくなく、その上にいくつかのレースの花が付いた薄いトップ部分を持っているのが好きでした。 私が買ったパターンには、そのようなヨークのオプションがあり、私はこれにパターンピースを使用しました。 チュールの生地からその部分を切り取り、縫い合わせて試着した後、いくつかの変更を加える必要がありました。 最後に、ヨークを3、4回作ることから始めたと思います。 ただし、これは難しい部分ではありませんでした。 恋人のネックラインのために湾曲している上端でヨークを間に挟んで3つのボディスレイヤーすべてに参加することは、私が大きな頭痛の種になったものです。 チュールは一緒に崩れ続け、縫い目に巻き込まれました。 最後に、正しい位置を決定するために、着ている間にヨークを補強層のみに慎重に固定しました。 次に、縫い目が行く必要のあるしつけ糸で印を付けて、スティッチを配置しました。 次に、チュールが他のすべての層で覆われているのではなく、サテン層にのみヨークを非常に慎重に取り付けました。 次に、他の2つの層を取り付け、チュールヨークが針に引っかからないように慎重に引き離しました。 次に、上端をステッチし、すべてのレイヤーの縫い代の一部を切り取って、上端の厚さを薄くしました。 最終的には、3回繰り返した後、結果はまだ完全ではありませんが、私のような縫製の経験があまりない場合は何を期待できますか? その上、望ましくないしわは、私がヨークに置きたいいくつかのレースの花によって後でマスクすることができ、問題は解決されます。

背面のレイヤーを結合するのは簡単でした。 I topstitched the reinforcement and satin layer together just beside the lacing loops and I installed an invisible zipper beneath the lacing. Later I slip stitched by hand the lining to the zipper tape and beside the lacing loops. I had never installed an invisible zipper before and I bought one extra to practice. But with the invisible zipper foot and the clear instructions from the YouTube videos by Made to Sew and Professor Pincushion it was actually not that hard!

Step 14: Making the Skirts

For this step you need:

  • Lining fabric
  • Satin
  • Organza
  • Tulle
  • 巻き尺
  • Cord
  • Tailor's chalk
  • はさみ
  • Sewing pins and clips
  • Serger
  • ミシン

I wanted the dress to be quite poofy and therefore I decided to make multiple layers of circle skirts. The outer layers are made of tulle, for an extra poofy effect and because I like the look of tulle skirts.

Bridal tulle comes in very large widths, which makes it possible to cut the entire circle of about 2, 5 meters in diameter in one piece from the fabric. For the layers from the other fabrics (satin, lining and organza) I needed to cut two half circles and join them.

円をカットするには、円の8分の1をカットするだけでよいように生地を折りました。 モックアップドレスの場合と同じように、テーラーのチョークペンを端に取り付けたコードを使用して、半径が約1メートルの円部分を描きました。 1, 25メートル。 しかし、とにかく後ろに小さな電車を作るのに十分な長さのスカートを作ったので、私は今回は前側よりも後ろ側を長くしませんでした。 次に、円を切り取ります。 サテン、裏地、オーガンザの場合、2つの半円を直線のミシンで結びました。 サテンの場合、ハーフスカートは生地から切り取られており、真っ直ぐな端が生地の端と整列しているため、何らかの方法で仕上げる必要はありません。 しかし、裏地の縫い目はほつれを防ぐために縫い付けられており、オーガンザにはフレンチシームを使用しました。

スカートを胴着に取り付けるために、私は母、義理の母、母の友人のマージョンの助けを借りて電話しました。 最初に、胴部の底の円周を測定することにより、中央の穴の大きさを測定しました。 次に、スカートのすべての層の穴を測定し、マークを付けて切り取りました。 スカートの裏地層は、私が身に着けている間にスカートを胴部に固定することにより、胴部の裏地層に直接取り付けられました。 ドレスを脱いだ後、胴着に機械で縫い付けました。

スカートの他の層は、最初は互いに2つずつ重ねられていました。 オーガンザはサテンに直接取り付けられました。 チュールレイヤーの2つについては、中央の穴を大きくして、上部に集めて、よりふさふさを作成できるようにしました。 6層すべて(サテン、オーガンザ、4層のチュール)が互いに取り付けられた後、縫製クリップを使用してボディスのサテンおよび構造層に固定されました。 スカートを身頃に縫う前に、ドレスをもう一度慎重に試して、すべてが対称的にクランプされているかどうかを確認しました。 これが事実であり、安全性を高めるために2ラウンドの直線ステッチですべてを縫い合わせました。

スカートを裾上げするために、私は再び義理の母と私の友人Maartjeに助けを求めました。 私はドレスを着てテーブルの上に立っている間、彼らはスカートをレイヤーごとに正しい長さに固定する必要がありました。 スカートの後ろは、小さな列車を作るために前よりも長く残されていました。 Maartjeは、彼女のセルガーを使用して、裏地とオーガンザの層にすてきな巻き裾仕上げをしました。 また、サテンの層が縫い付けられましたが、ミシンで通常の裾が作られました。 チュール層はちょうど長さにカットされ、裾は必要ありませんでした。

ステップ15:仕上げの仕上げ:ボタンとレースの外れ値

このステップには次のものが必要です。

  • サテン生地
  • 覆われたボタン
  • 手縫い針と糸
  • ゴムバンド
  • ミシンピン
  • ミシン

私のウェディングドレスを作る最後の段階は、レースのレイヤーを胴着に取り付け、ヨークを閉じるために覆われたボタンを作ることでした。

ボタンは、サテン生地から小さな円を切り取って作られました(円のテンプレートとして円柱形の懐中電灯を使用)。 それから、ほつれを防ぐために縁に近すぎずに、円の周りにしつけ縫いをしました。 糸が引っ張られて、サテンの輪がボタンの一部が置かれているある種の小袋を形成します。 次に、カバーされたボタンを閉じるために、ボタンの他​​の部分が配置されます。 ボタンをチュールヨークに直接縫い付けることはできないため、最初にヨークの両端にサテンの小さなストリップを取り付けます。 片側にはボタンが縫い付けられ、もう片側にはボタンの上に滑り込ませてヨークを閉じることができるゴムバンドの小さなループが縫われています。

レースは、最初に所定の位置に固定してから、レースをすべての端の胴部のサテン層に手縫いすることによって取り付けられます:レースループとジッパーに沿った上端、下端、および端。 残りの作業は、レースの外れ値をチュールヨークとチュールトップスカートに手縫いすることでした。 また、肩の縫い目を隠し、空きスペースを埋めるために、余分なゆるいレースの花をいくつか切り取り、ヨークに縫い付けました。 ヨークをボディスほど密に覆わせたくはなかったので、あまり多くの花を追加しませんでした。 さらに、チュールヨークの弱い部分、たとえば脇の下やコルセットレースの上の開いた領域の端に、レースのいくつかの部分を取り付けて、これらの場所に余分な強度を確保しました。

ステップ16:終了した結果

最後に、文字通り血、汗、涙で縫い付けた数ヶ月後、ドレスはついに完成しました! 私は結果に非常に満足しており、結婚式の日に誇らしげにドレスを着ました!

関連記事