溶接機なしでアルミニウムを「溶接」する方法

アルミニウムの溶接は思ったほど難しくありません。 溶接機なしでアルミニウムを溶接できることがわかりました!

この説明は、溶接機を使用せずにアルミニウムを結合する簡単な方法として、プロパントーチといくつかのアルミニウムろう付け棒を使用する方法を教えます。 それは非常に強い絆を作り、少し練習すれば素晴らしく見栄えの良い結果が得られます。

ステップ1:プロパントーチ

青いBernzomaticは問題なく動作しますが、黄色のプレミアムタッチを使用したほうが熱くて速く動作するため、こちらを使用することをお勧めします。

ステップ2:ろう付け棒

また、いくつかのアルミニウムろう付けロッドが必要になります。 これらすべてのものをホームデポで購入しました。

ステップ3:アルミニウムチューブを切断する

私がアルミニウムを使うことの好きなところは、普通の木工のこぎりの刃で切るのに十分柔らかいことです。

ステップ4:面取りエッジ

次に、エッジを面取りして、ろう材用のチャネルを作成します。

ステップ5:ワイヤーブラシアルミニウム

ろう付けする前に、アルミニウムがきれいであることが非常に重要です。

ステップ6:アルミニウムの加熱

チューブを固定し、プロパントーチでアルミニウムの加熱を開始します。 アルミニウムは華氏1200度で溶け始めますが、ろう付け棒は約700度で溶けるので、チューブを溶かさずに棒を溶かすのに十分なほどアルミニウムを熱くする必要があります。 チューブを十分に熱くするには、4〜5分かかります。 ロッドが接触すると溶け始めると、いつ熱くなるのかがわかります。

ステップ7:アルミニウムのろう付け

チャンネルに沿ってろう付け棒を塗りつぶし、もう少し熱を加えて仕上げます。 アルミニウムが十分に熱くならない場合、ろう付け棒が固まり、チューブにくっつきません。 私の最初の数回の試行が失敗とjointいジョイントをもたらしたので、これにはいくらかの忍耐と練習が必要です。

関連記事