水位センサーの使用方法-Arduinoチュートリアル

このチュートリアルでは、Arduino unoボードで水位センサーを使用する方法を学びます。

このモジュールは主にDIY愛好家向けに設計されており、低コストで使いやすい水位検出スキームを提供します。 このチュートリアルで使用するセンサーは、最大40mm(4cm)の水位を測定できます。

これはアナログセンサーであり、読み取るデータは0〜1024の値になります。

始めて、それについてもっと調べましょう。

ステップ1:必要なもの

このプロジェクトには次のものが必要です。

  • Arduino uno
  • ブレッドボード
  • 水位センサー

ステップ2:サーキット

接続はとても簡単です!

  • Vcc-Arduino 5V
  • GND-Arduino GND
  • A0-Arduinoアナログピン0

ステップ3:アナログ値を見つける

センサーのアナログ値を見つける必要があります。

「Arduinoで実行」ボタンを押してArduinoに次のスケッチをアップロードし、「接続」ボタンを押してシリアル通信を開始します。

コップ1杯の水を取り、センサーをゆっくりと入れます。

この手順からの私のアナログ値は次のとおりです。

  • 0mm-480
  • 5mm-530
  • 10mm-615
  • 15mm-660
  • 20mm-680
  • 25mm-690
  • 30mm-700
  • 35mm-705
  • 40mm-710

ご覧のとおり、水が最大レベルに達するとセンサーの解像度が低下します。

次のステップでは、これらの値をマッピングして、シリアルモニターにmmの水位を印刷します。

ステップ4:コード

これがcodebenderを使用して埋め込まれたコードです!

「Arduinoで実行」ボタンを押してArduinoに次のスケッチをアップロードし、「接続」ボタンを押してシリアル通信を開始します。

「編集」ボタンをクリックして、コードを独自に変更し始めることで、それで遊び続けることができます。 たとえば、遅延時間を変更してみてください。

ステップ5:完了!

Arduinoの「方法」チュートリアルをもう1つ完了し、水位センサーの使用方法を学習しました。

これを気に入っていただけたら幸いです。コメント欄でお知らせください。

それらがもっとあるので、フォローボタンをクリックしてください!

関連記事