ポテンショメーターの使用方法-Arduinoチュートリアル

特に回路を構築する分野でロボット工学について学び始めた人にとっては、部品の切り替えを続けることなく、LEDの輝度を変更する方法の問題に出くわすかもしれません。 簡単に言うと、この問題の解決策はポテンショメーターです。

ポテンショメータは可変抵抗器であり、ノブまたはダイヤルを介して抵抗を変更するように機能します。 ステレオの音量を調整するか、調光器を使用して、おそらく以前に使用したことがあります。

ポテンショメータにはさまざまな抵抗があります。 それらは、ゼロオームからそれに固有の最大抵抗まで調整できます。 たとえば、10kΩのポテンショメータは、0Ωから最大10kΩまで調整できます。

このチュートリアルでは、Arduinoボードの有無にかかわらずポテンショメータを使用してLEDをフェードする方法を学習します。

また、analogRead()およびmap()関数の使用方法も学習します。

ステップ1:ポテンショメーターの使用方法

すべてのポテンショメータには3つのピンがあります。 外側のピンは、電源(Vrefおよびgnd)の接続に使用されます。 中央のピン(出力)は、抵抗値の変数を提供します。

実際にそれを見てみましょう、あなたが必要になります:

  • ポテンショメータ
  • 導いた
  • バッテリーAAA 1.5(または別の5V以下)

バッテリーをポテンショメーターの外側のピンに接続し、LEDの正の端(大きいピン)を中央のピンに接続します。 次に、ノブ(またはダイヤル)を左右に回します。

LEDの明るさが変わります!

ポテンショメータとarduino unoを接続する方法を見てみましょう

ステップ2:サーキット

必要になるだろう:

  • Arduino uno
  • ブレッドボード
  • 導いた
  • 220オームの抵抗器
  • ポテンショメーター(例4.7k)

ステップ3:コード

これは、コードベンダーを使用して埋め込まれた「ポテンショメータでLEDをフェード」コードです

ポテンショメータのシャフトを回すことにより、ポテンショメータの中央ピンに接続されているワイパーの両側の抵抗の量を変更します。 これにより、そのピンの相対的な「近さ」が5ボルトとグランドに変わり、異なるアナログ入力が得られます。 シャフトを一方向に完全に回すと、ピンに0ボルトが流れ、0が読み取られます。シャフトが反対方向に完全に回すと、ピンに5ボルトが流れて読み取ります1023. analogRead()は、ピンに印加される電圧の量に比例する0〜1023の数値を返します。

動作します:

  • ポテンショメータ中央ピンからアナログ値を読み取ります
    -> value = analogRead(potPin)
  • アナログ値0-1024をpwm値0-255にマッピングします
    -> 値= map(value、0、1023、0、255);
  • pwm値をledに送信する
    -> analogWrite(ledPin、value);

ヒント:ポテンショメータの中央ピンをデジタルPWMピンに接続して、map()関数の使用を避けることで、同じ例を作成できます。 [編集]ボタンをクリックして試してください。

ステップ4:よくやった!

3回目のArduinoの「ハウツー」チュートリアルを正常に完了し、これまでに使用方法を学習しました。

  • LED
  • ポテンショメータ
  • pinMode()、delay()、map()、digitalWrite()、analogWrite()およびanalogRead()関数
  • 変数と定数
  • ifステートメント

おめでとうございます、Arduino開発者になりました!

関連記事