ArduinoでOV7670カメラモジュールを使用するには?

ここでは、オンラインで購入した1つのOV7670カメラモジュールを紹介しました。これには、カメラモジュールとArduino UNOの通信、カメラモジュールを介した写真の撮影方法などが含まれます。 これはArduinoカメラモジュールで、監視カメラデジタル画像処理チップOV0706を採用し、TTL通信インターフェイスに基づいて画像取得および処理アプリケーション用に特別に設計され、Arduinoコントローラーとの接続に非常に便利で、UARTシリアル経由で画像とデータを読み取ることができますポート、およびいくつかの画像処理を実行します。 これは、OV7670 TTLおよびUARTカメラの詳細なDIYガイドであり、ElecFreaksからコードをダウンロードすることもできます。

ここでソースの読み取りを見つける://www.elecfreaks.com/7861.html

ステップ1:一般的な説明

このカメラモジュールは、CMOSセンサーからのビデオ信号に対して、AWB(自動ホワイトバランス)、AE(自動露出)、AGC(自動ゲイン制御)などの画像処理を実行できます。 さらに、このモジュールは、低照度下での画像強調処理や、画像ノイズのインテリジェントな予測と抑制など、他の高度な技術との融合により、標準CCIR656インターフェイスにより高品質のデジタルビデオ信号を出力します。 OV7670内蔵JPEGデコーダーは、収集された画像のリアルタイムエンコーディングをサポートし、外部コントローラーはM – JPEGビデオストリームを簡単に読み取ることができ、ダブルストリームのカメラ設計を実現します。 OV7670は、画面文字とパターンオーバーレイのモーション検出とOSD表示機能をサポートし、検出領域と感度を自己定義できます。

ステップ2:OV7670カメラモジュールのテスト-テストに必要なツール

  • ハードウェア

SDモジュール

デジタルキーモジュール

Arduino UNO

ジャンパー線

USBケーブル

OV7670カメラモジュール

  • ソフトウェア

Camera_VC0706_TEST

Arduino IDE(公式ウェブサイトからダウンロード)

ステップ3:ハードウェア接続

  1. 図のようにハードウェアを接続します。
  2. 物理図。

ステップ4:ソフトウェアの使用とコードプログラミング

  1. まず、ElecFreaksによって記述されたカメラモジュールコードからCamera_OV0706_libとCamera_OV0706_TESTの2つのファイルをダウンロードし、解凍します。
  2. Camera_OV0706_libの解凍ファイルをライブラリのArduino IDEフォルダーに配置します。

  3. Camera_OV0706_TESTの解凍ファイルを開き、コードをUNOにプログラムします。 詳細な手順は写真に示されています。

  4. [ツール]をクリックし、Arduino UNOのボードを選択します。

  5. [ツール] / [シリアルポート]をクリックし、対応するCOM番号を選択します。

  6. そして、下の赤い長方形のようなプログラミングのボタンをクリックして、アップロードが表示されるまでコードをUNOボードにプログラムします。

  7. 最後に、以下のように赤い長方形でモニタリングシリアルポートを開きます。

  8. シリアルポートに以下に示すようなデータが表示されたら、デジタルキーを押して写真を撮ることができます。

  9. 写真が正常に撮影された場合、シリアルポートが表示されます。

これまで、モジュールのテストは完了しました。 読んでくれてありがとう。

関連記事