ArduinoプロジェクトでCircuits.ioを使用する方法(およびプロジェクトを他のサイトに埋め込む)

最近、Arduino Starter Kitを楽しんだ後、オンラインのクラウドベースのArduinoエディター/シミュレーターを探しました。

過去にcodebender.ccについて聞いたことがありますが、現在は変更されており、新しい登録は無効になっています。

私が見つけた選択肢は:

//cloud.arduino.cc/

//circuits.io

良い機能は、Instructables.comや他のサイトにプロジェクトを埋め込むことを可能にすることです。

そこで、circuits.ioを試してみることにしました。これについては、以下で説明します。

すべての写真はアニメーションgifで、各ステップを実演します-ステップバイステップ;)

アニメーションが表示されない場合は、ブラウザの設定を確認してください

ステップ1:サインアップ/サインイン

最初のステップはサインインです。

Facebookアカウントでサインインできます。 新しいアカウントを作成しました( サインアップ )。

その後、メインページが表示され、作業を開始します...

ステップ2:新しいプロジェクトを作成する

右上の大きなプラス記号をクリックして、[ 新しい電子ラボ ]を選択します。

これで、ワークベンチを見ることができます。

ステップ3:コンポーネントとワイヤを追加する

ワークベンチでは、コンポーネントを追加して接続することで回路を構築できます。

抵抗器やコンデンサなどの基本的な電子部品から、Arduinoのようなブレッドボードやプログラム可能な部品まで、さまざまな部品が利用可能です。

上部のバーで、エディターを別のビューに切り替えた後、回路図またはPCBを編集できます。 デフォルトのビューはブレッドボードです。

ステップ4:コードを記述してシミュレートする

次のステップは、Arduino用のプログラムの作成です。

コードエディターは、[ コードエディター ] ボタンをクリックした後、下部にあります;)コードの記述中に、回路をシミュレートできます([ アップロードと実行 ]をクリック)。

Serial Monitorなどの標準Arduinoツールが利用可能です。 デバッガも利用可能です。

ステップ5:埋め込みます!

プロジェクトをウェブサイト、ブログなどに埋め込むことで共有できます。

Instructables.comの例でその方法を示します。

上部の[ もっと見る ]ボタンをクリックして、[ 共有と埋め込み ]を選択します 次に、HTMLコードをコピーして、プロジェクトを表示するWebサイト(ソース内)に貼り付けます。

それがどのように機能するかの実例あなたは私の別のInstructableで見ることができます。

関連記事