ブザー(またはピエゾスピーカー)の使用方法-Arduinoチュートリアル

このチュートリアルでは、Arduinoでブザーまたはピエゾスピーカーを使用する方法を学習します。 ブザーは、アラームデバイス、コンピューター、タイマー、およびマウスクリックやキーストロークなどのユーザー入力の確認で見つけることができます。

また、tone()およびnoTone()関数の使用方法も学習します。

それでは、始めましょう!

ステップ1:必要なもの

このチュートリアルでは、次のものが必要です。

  • Arduino uno
  • ブレッドボード
  • ブザー/ピエゾスピーカー
  • 100オームの抵抗(オプション)

ステップ2:サーキット

接続は非常に簡単です。ブレッドボードの回路図で上の画像を参照してください。

ステップ3:コード

以下は、コードベンダーを使用して埋め込まれた「トーン」コードです。

使い方? 簡単です。tone(buzzer、1000)は1KHzの音声信号をピン9に送信し、delay(1000)はプログラムを1秒間停止し、noTone(buzzer)は信号音を停止します。 loop()ルーチンは、これを繰り返し実行し、短いビープ音を鳴らします。

(トーン(ピン、周波数、持続時間)機能も使用できます)

codebenderプラグインをダウンロードし、[Arduinoで実行]ボタンをクリックして、このスケッチでArduinoをプログラムしてみてください。 Arduinoボードのプログラミングはこれで完了です!

「編集」ボタンをクリックして、コードを独自に変更し始めることで、それで遊び続けることができます。

たとえば、音声信号「1000」(1KHz)を「500」/(500Hz)または遅延時間に変更して、プログラムがどのように変化するかを確認してください。

ステップ4:よくやった!

Arduinoの「ハウツー」チュートリアルをもう1つ完了し、使用方法を学習しました。

  • ブザー/ピエゾスピーカー
  • tone()、noTone()関数

これを気に入っていただけたら幸いです。コメント欄でお知らせください。

それらがもっとあるので、フォローボタンをクリックしてください!

関連記事