方法Arduinoシリアルモニターの使用方法

Arduino IDEには、スケッチをデバッグしたり、コンピューターのキーボードからArduinoを制御したりするのに非常に役立つ機能があります。

シリアルモニターは、シリアルデータの送受信によって通信する個別のターミナルとして機能する個別のポップアップウィンドウです。 上の画像の右端のアイコンをご覧ください。

シリアルデータは1本のワイヤを介して送信されますが(通常、USBを介して送信されます)、ワイヤを介して送信される一連の1と0で構成されます。 データは両方向に送信できます(この例では2本のワイヤで)。

ステップ1:

シリアルモニターを使用して、Arduino Software Sketchesをデバッグしたり、動作中のSketchから送信されたデータを表示したりします。 シリアルモニターを有効にするには、ArduinoをUSBでコンピューターに接続する必要があります。

シリアルモニターの使用に慣れるには、次のサンプルスケッチをコピーして空のArduino IEウィンドウに貼り付けます。 次に、それを確認し、問題がなければアップロードします。 次のステップは、何を期待するかを示します。

スケッチ例:カットとペースト

 / * YourDuinoStarter_SerialMonitor_SEND_RCVE 
-シリアルモニターから文字を受信-受信した文字を10進数、16進数、および文字として表示-キーボードからピン13 LEDを制御-以下の各行の「//」の後のコメントを参照-接続:-なし:ピン13構築-in LED--V1.00 02/11/13質問: * / / * -----(必要なライブラリをインポート)----- * / / * -----(定数を宣言およびピン番号)----- * / #define led 13 //組み込みLED / * -----(オブジェクトの宣言)----- * / / * -----(変数の宣言) ----- * / int ByteReceived; void setup()/ ****** SETUP:一度実行すると****** / {Serial.begin(9600); Serial.println( "---シリアルモニターの開始SEND_RCVE ---"); Serial.println( "上記のボックスに入力、。"); Serial.println( "(Decimal)(Hex)(Character)"); Serial.println(); } //-(セットアップの終了)--- void loop()/ ****** LOOP:常時実行****** / {if(Serial.available()> 0){ByteReceived = Serial。読んだ(); Serial.print(ByteReceived); Serial.print( ""); Serial.print(ByteReceived、HEX); Serial.print( ""); Serial.print(char(ByteReceived)); if(ByteReceived == '1')//シングルクォート! これはキャラクターです。 {digitalWrite(led、HIGH); Serial.print( "LED ON"); } if(ByteReceived == '0'){digitalWrite(led、LOW); Serial.print( "LEDオフ"); } Serial.println(); //行の終了//利用可能なENDシリアルの終了}} //-(メインループの終了)--- / * -----(ユーザー作成関数の宣言)----- * / / **** *****( 終わり )***********/

ステップ2:シリアルモニターの外観

クリックすると、シリアルモニターが新しいウィンドウにポップアップ表示されます。 上記は、モニターを開いた状態のシリアルモニタースケッチの例です。

Serial Monitorウィンドウを見てください。

  • -小さな上部のボックスは、文字を入力できる場所です(ヒットするか、「送信」をクリックします)
  • -大きな領域(コーナーをドラッグして拡大できます)は、Arduinoから送信された文字が表示される場所です。-下部には2つのプルダウンがあります。
  • -1つは、「送信」をクリックして、Arduinoに送信される「行末」を設定する
  • -もう1つは、通信のボーレートを設定します。 (これがセットアップのスケッチで設定された値と一致しない場合、文字は判読できません)。 例:Serial.begin(9600); 一部のスケッチまたは他のアプリケーションでは、異なるボーレートが使用される場合があります。

ステップ3:シリアルモニターを使用したデバッグ:

新しいスケッチをテストする場合、実行しようとしたときに何が起こっているかを知る必要があるかもしれません。 しかし、 「ソフトウェアは見えない!」 。 そのため、ソフトウェアが何をしているのか、時には変数を変更することの価値を伝えるためにソフトウェアに伝える必要があります。 これを行うには、シリアルモニターを使用し、スケッチにコードを追加して、表示可能な文字を送信します。

セットアップ:
セットアップでは、シリアル通信を開始し、データが転送されるボーレート(速度)を設定する必要があります。 次のようになります。

 Serial.begin(9600); //他のボーレートを使用できます... 
 Serial.println( "My Sketch has started"); 

2行目はオプションです...

ループ:
ここで、シリアルモニターに役立つ情報を印刷できます。 例:

 Serial.println( "ループの先頭"); Serial.println( "温度センサーの読み取り"); Serial.print( "LoopCounter value ="); Serial.println(LoopCounter); 

さまざまなデータを表示する方法の詳細については、Arduino IDEのリファレンスセクションの「Serial_Print.html」を参照してください。

トップメニュー:ヘルプ> reference / Serial_Print.html

サンプルソフトウェアスケッチの変更を試してください。

Arduino-Info.Info WIKIのArduino How-Toをもっと見る

関連記事