LCDディスプレイの使用方法-Arduinoチュートリアル

LiquidCrystalライブラリを使用すると、Hitachi HD44780ドライバーと互換性のあるLCDディスプレイを制御できます。 それらの多くはそこにあり、通常は16ピンインターフェイスで見つけることができます。

このチュートリアルでは、Arduino unoでLCD 16x2ディスプレイ(および20x4)を使用する方法を学習します。

また、lcd.begin()、lcd.print()、lcd.setCursor()関数の使用方法も学習します

それでは、始めましょう!

ステップ1:必要なもの

このチュートリアルでは、次のものが必要です。

  • Arduino uno
  • ブレッドボード
  • LCD 16x2
  • ポテンショメータ(例4.7K)

ステップ2:LCD Dislpayのピン配列について

パラレルインターフェイスは、次のピンで構成されています。

  • 電源ピン(Vss / Vcc):LCDに電力を供給します
  • コントラストピン(Vo):ディスプレイのコントラストを制御します
  • レジスタ選択(RS)ピン:LCDのメモリのどこにデータを書き込むかを制御します
  • 読み取り/書き込み(R / W):読み取りモードまたは書き込みモードを選択します
  • イネーブルピン:レジスタへの書き込みを有効にします
  • 8データピン(D0〜D7):これらのピンの状態(高または低)は、書き込み時にレジスタに書き込むビット、または読み取るときに読み取る値です。
  • バックライト(Bklt +およびBKlt-)ピン:LEDバックライトのオン/オフ

Hitachi互換LCDは、4ビットまたは8ビットの2つのモードで制御できます。 4ビットモードにはArduinoの7つのI / Oピンが必要ですが、8ビットモードには11ピンが必要です。

画面にテキストを表示するには、ほとんどすべてを4ビットモードで実行できるため、このチュートリアルでは4ビットモードを使用します。

ステップ3:サーキット

接続は簡単です。上の図のブレッドボード回路図を参照してください。

ステップ4:コード

これがcodebenderを使用して埋め込まれたコードです!

lcd.begin (16, 2)コマンドは、列と行のLCD番号を設定します。 たとえば、20列4行(20x4)のLCDがある場合、lcd.begin(20x4)に変更する必要があります。

lcd.print ( "--message--")コマンドは、lcdディスプレイの最初の列と行にメッセージを出力します。 「メッセージ」は、lcd列の数に等しい最大長でなければなりません。 たとえば、16列のディスプレイの最大長は16と等しく、20列のディスプレイの最大長は20と等しくなります。

lcd.setCursor (0, 1)コマンドは、カーソルを2行目の1列目に設定します。 LCD 20x4があり、5列目と3行目にメッセージを印刷する場合は、lcd.setCursor(4, 2)を使用する必要があります。

codebenderプラグインをダウンロードし、[Arduinoで実行]ボタンをクリックして、このスケッチでArduinoをプログラムしてみてください。 Arduinoボードのプログラミングはこれで完了です!

「編集」/ボタンをクリックして、コードを独自に変更し始めることで、それで遊び続けることができます。 たとえば、1行目と2行目のメッセージを変更してみてください。

ステップ5:完了!

Arduinoの「ハウツー」チュートリアルをもう1つ完了し、Arduino unoでLCDディスプレイを使用する方法を学びました。

これを気に入っていただけたら幸いです。コメント欄でお知らせください。

それらがもっとあるので、フォローボタンをクリックしてください!

関連記事