Tatをシャトルする方法

私は20年以上タッティングをしてきましたが、それを愛していますが、それを行う方法を書くのを非常に嫌がっています。 しかし、他の人々のチュートリアルを見ると、教えてくれる人を見つけるまで私を引っ掛けた重要な部分を見逃しているようです。 私は多くの人々にどのように食べるかを教えました、そして、私は学びたい他のいくつかを持っています、しかし、一緒になることは挑戦でした。 タッティングは200年余り前から行われています。 最高のビンテージパターンの多くは、1930年代および40年代の女性誌に掲載されています。 これらのパターンは美しいです。ヴィンテージのタッティングはたくさんしますが、読みやすくするために、よりモダンな表記法を使用してパターンを書き直し、独自のパターンを記述します。 だから、ここでtatをシャトルする方法を説明する私の試みがあります。

ステップ1:

用品:
タッティングシャトル(プラスチックのシャトルはそれぞれ約2ドルです)
#10かぎ針編みの糸(あなたの生活を楽にして、結び目がうまくスライドしないねじれなしで、それに強いねじれを持つスレッドを手に入れてください。
はさみ

最初に、理解する必要のある用語を説明し、次にその方法を説明します。 第二に、たくさん練習する必要があります。

条項:
行の代わりにラウンド
Ds =ダブルステッチ
R =リング
P =ピコット(またはパターン上の「-」)
Ch =チェーン
ラウンド=行
ピコットを接続する= +
RW =リバースワーク

ステップ2:

シャトルのロード:シャトルの中心の穴に糸の端を突き刺してシャトルをロードし、完全にロードされるまでシャトルの周りにスレッドを巻き付けます。 パターンはこれを決して言わないでしょう、彼らはあなたがすでにそれを知っていると仮定します。

ステップ3:

その他の用語:
ラウンド:タッティングはラウンドで行われ、デザインまたはモチーフの中心を回ります

ステップ4:

ds =ダブルステッチ:ダブルステッチは、すべてのタッティングの基礎です。 名前が示すように、前半と後半の2つの部分があります。 dsの前半を行うには、シャトルから外れるトレッドの端を、左手の人差し指と親指で挟みます。

ステップ5:

左手の伸びた指に糸を巻き付け、つまんだ人差し指と親指に糸を通します。 このスレッドの「リング」は、タッティングでリングを作成するための基礎です。

ステップ6:

右手で人差し指と親指でシャトルを保持します。 シャトルから出てくる糸に右手の小指を巻き付けます。

ステップ7:

シャトルをシャトルスレッドとリングスレッドの下にスライドさせます。

ステップ8:

シャトルを引き上げます-三角形の穴を参照してください。

ステップ9:

三角形の穴を通してシャトルの端を押し下げます。 ピンキーが保持しているスレッドを解放します。

ステップ10:

スレッドのシャトル部分にループがありますか? 左手の中指を緩め、シャトルで糸を引っ張ります。

ステップ11:

ループはリングスレッドに反転します。 これはあなたが望むものです。

ステップ12:

次に、左の中指をまっすぐにし、右の人差し指と親指を使用して、dsの前半分をつまんだ指の下の糸の下にスライドさせます。 ステッチを作成すると、リングの糸がきつくなります。 円を緩めるには、左手のピンチの下の糸を引っ張ります。 必要に応じて、シャトルからスレッドを巻き戻しまたは巻き戻します。

ステップ13:

dsの後半:シャトルを真ん中と人差し指の間の糸の上部に移動し、最初に右から左へ、同じスレッドの下にある糸で作成した穴(左の人差し指)の下に配置します。中指と手のひら。 前半で行ったように、シャトルスレッドからリングスレッドにループを反転します。 再び左の中指を真っ直ぐにし、右の人差し指と親指でdsの残り半分をつまんだ指の下の糸の下にスライドさせます。

ステップ14:

これは、「ds」が完成したように見えるものです。

ステップ15:

r-リング:必要な数のdsを完了したら、シャトルストリングを引っ張ってリングを閉じます。 スライドして閉じない場合、1つ以上のdsが正しく作成されていません。スライドノットの代わりにスライドノットがあります。 2つの選択肢があります。オフの場合はカットし、最初からやり直すか、不良なものを解除するまですべてのノットの選択を解除してから、そのポイントからやり直します。

ステップ16:

「-」またはp =ピコット:2つのdsの間にスレッドの長さを残すと、ピコットが作成されます。 したがって、ピコを作成するには、dsで作成し、二重ステッチの間に約¼インチの糸で別のdsを作成します。 (左手の人差し指に¼インチの長さの線を入れたいと本当に思っています。ピコットの長さの一貫性を高めるのに役立ちます。)2 dsを一緒に押すと、余分なスレッドがピコットのループを形成します。 タコの1つのラウンドまたはモチーフを次のラウンドまたはモチーフに接続するには、ピコットが重要です。

ステップ17:

ch =チェーン:2つのロードされたシャトルまたは1つのシャトルとスレッドのボールが必要になります。 つまんだ人差し指と親指でボールスレッドの端をつまむ。 左手の指にボールスレッドを掛け、左の小指に巻き付けて固定します(これにより、少し緊張が生じます)。 シャトル糸の端をつまんで、それを使用して二重のステッチやピコットを作成します。

ステップ18:

ピコットの接続=“ +”:2つのピコットを接続する必要があるポイントに達するまで、パターンに従います。 最初のピコットをリング(またはチェーン)スレッドの上に置きます。

ステップ19:

シャトル(または小さなかぎ針編みのフック)の先端を使用して、ピコットを通して糸を引き上げます。

ステップ20:

ループを十分に大きく引いて、シャトルがループを右から左に通過できるようにします。

ステップ21:

ループをしっかりと引っ張り、二重ステッチの後半を追加してステッチを完了します。

ステップ22:

RW = reverse work:ラウンドの作業中に、リングを作成してからRWを作成します。つまり、プロジェクトを下から上に反転させてチェーンを作成し、次にRWを再度作成してリング、RWを繰り返します。など、そのラウンドが完了するまで。 ドイリーに見えるとき、実際には7ラウンド以下であるのにRWが14行を見ると思う理由です。

ステップ23:

シャトルの糸が切れたら、長い尾を残してシャトルを補充します。 シャトルの新しい端を最後のシャトルの古い端に結びます。

ステップ24:

プロジェクトを終了したら、糸と針でこれらの端を留めるか、結び目に布の接着剤を軽く塗ります。

ステップ25:

接着剤が乾くと、結び目は縛られたままになるので、尾を短く切り取ります。

ステップ26:

タッティングは、編み物やかぎ針編みに比べて遅いですが、それだけの価値があります! 楽しい。

関連記事