WampサーバーでPHPスクリプトを実行する方法

今日は、wampサーバーを使用してPHPファイルを実行する方法を説明します。 このメソッドを使用すると、どこかから入手したPHPスクリプトを実行でき、PHPの知識がほとんどないかまったくない状態で実行する必要があります。 出力がWebブラウザであるWebサーバーを介してスクリプトを実行できます。 それでは始めましょう

ステップ1:サーバーソフトウェアのインストール

サーバーをセットアップするには、 wampサーバーと呼ばれるソフトウェアを使用します。

  1. 最初に、ここからシステムの仕様(32ビットウィンドウまたは64ビットウィンドウ)に従って、Wampサーバーをダウンロードする必要があります。
  2. コンピュータにファイルをインストールし、特定の要件がない限り、設定をデフォルトのままにします。
  3. インストール後、Wampサーバーを起動します。

ステップ2:サーバーのセットアップ

  • インストールがうまくいった場合は、右下に時計のある新しいアイコンがあるはずです。
  • アイコンをクリックして、上記のメニューを表示します(1)。 アイコンの色は緑である必要があります。赤/オレンジの場合はエラーが発生しています。 ここから、サーバーを停止、終了、ヘルプファイルを表示、構成ページを表示できます。
  • ただし、localhostをクリックすると、上記のページが表示されます(2):(Localhostは自分のコンピューターで実行されているサーバーを指します。サーバーを参照する別の方法は、IPアドレス127.0.0.1を使用することです)
  • 上記のページを見たら、おめでとうございます! PHPサーバーが稼働中であり、PHPページのスクリプティングを開始できます。

ステップ3:PHPスクリプトを保存する

  • 新しいPHPページを作成するたびに、wwwページに保存する必要があります。 これがどこにあるかは、メニューのwwwディレクトリ項目をクリックして確認できます。
  • wwwディレクトリをクリックすると、エクスプローラウィンドウが表示されます。

  • 実行するPHPスクリプトをこのディレクトリにコピーする必要があります。

  • Wampserverのこのwwwフォルダーは、通常、ハードドライブ上の次の場所にあります。
    c:/ wamp / www /

    [ ファイル ] > [ 名前を付けて保存 ]をクリックしてPHPスクリプトを保存するときは、このことに留意してください。

ステップ4:PHPスクリプトを実行する

  • PHPスクリプトは、次の2つの方法で実行できます。

方法1:

タスクバーの右下のメニューからローカルホストを開きます。

ブラウザでページが開き、 Your Projectsというリストが表示されます。

PHPスクリプトを適切な場所に保存した場合、このリストにスクリプト名が表示されます。

スクリプトをクリックして実行します

方法2:

test1.phpというphpスクリプトを作成したとします。 打ち上げへ

このスクリプトでは、ブラウザのlocalhostの後にスクリプト名を追加する必要があります。 だから私たちは入力します

//localhost/test1.php

サーバーはwwwフォルダーの場所を知っているので、入力する必要はありません。スクリプト名をlocalhostに追加するだけです。 同様に、wwwの下にフォルダーを作成する場合は、次のように入力します。

//localhost/folder_name/script_name.php

Viola、スクリプトが稼働しているはずです。

ステップ5:トラブルシューティング

「api-ms-win-crt-runtime-l1-1.0.dllが見つかりません」などのエラーが発生した場合は、Windows Updateまたはダウンロード経由でVisual Studio 2015用のVisual C ++再頒布可能パッケージを(再)インストールする必要があります。 Visual C ++再頒布可能パッケージを直接インストールします。

  1. 保留中のすべてのWindows Update 停止します

1.スタート-コントロールパネル-Windows Updateに移動します

2.更新を確認し、保留中の更新をすべてインストールしてから、コンピューターを再起動します。

3.再起動後、使用可能な更新がなくなるまで上記の手順を再度繰り返します。

2. Visual C ++ Redistributable 2015をダウンロードします

  • Windows 64ビットの場合

Visual Studio 2015(64ビット)用のVisual C ++再頒布可能

  • Windows 32ビットの場合

Visual Studio 2015(32ビット)用のVisual C ++再頒布可能

  • vcredist_x64.exe(64ビット)またはvcredist_x86.exe(32ビット)を実行し、既にインストールされている場合は[ア​​ンインストール]を選択します
  • (アンインストールした場合).exeを再度実行し、[インストールしてコンピューターの再起動]を選択します。

関連記事