方法:デスクトップコンピューターのプロセッサを交換する

必要な材料:

  • コンピューター
  • 交換用プロセッサー
  • Philipsドライバー
  • イソプロピルアルコール
  • サーマルペースト

あなたが始める前に:

  • *注意:交換用プロセッサーがコンピューターのマザーボード上のソケットと互換性があることを確認してください
  • *注意:コンピューターの電源を切り、電源コードを抜いてください
  • *注意:接地されている大きな金属片に触れることにより、静電気を放電してください。

その他の注意事項:

  • プロセッサの製造元(AMDまたはIntel)に応じて、手順5で言及したピンは、プロセッサ自体(AMD)またはソケット(Intel)にあります
  • 空冷システム用のCPUクーラーは、ほぼ同じサイズの金属片(ヒートシンクとして知られている)の上にねじで留められたファンを含むユニットです。
  • コンピューターのCPUクーラーをアップグレードする場合は、ステップ11で行います
  • CPUクーラーのインストール手順は異なる場合があるため、クーラーに付属のマニュアルを参照してください

手順1:コンピューターのサイドパネルを取り外す

  1. ドライバーを使用してパネルのネジを取り外します(パネルにネジがある場合)
  2. ネジを取り外したら、パネルを外します

ステップ2:CPUクーラーを見つけて取り外す

  • CPUが空冷されている場合
    1. クーラーのファンをマザーボードから取り外します
    2. マザーボードからクーラーを外します
  • CPUが水冷されている場合
    1. マザーボードからクーラーのウォーターブロックを外します

ステップ3:クーラーのコンタクトパッチをクリーニングする

イソプロピルアルコールを使用して、サーマルペーストのクーラーパッチを清掃します

ステップ4:CPUソケットの保持アームを持ち上げます

プロセッサをソケットからロック解除するには、プロセッサを所定の位置にロックする保持アームを持ち上げます

ステップ5:古いプロセッサーを取り外す

  1. ソケットまたはプロセッサのピンに触れないでプロセッサを取り外します。これにより、ピンが曲がる可能性があります。
  2. プロセッサを再利用する場合は、イソプロピルアルコールを使用して古いサーマルペーストを取り除きます

ステップ6:新しいプロセッサーを挿入する

  1. 三角形のマークが付いたCPUソケットの角を見つけて、新しいプロセッサの角が三角形と一致するように並べます
  2. 新しいプロセッサをCPUソケットに静かに落とします
  3. ソケットの保持アームを下げて、プロセッサを所定の位置にロックします

ステップ7:サーマルペーストを適用する

サーマルペーストのチューブの指示に従って、下図に示すように、適切な量(約1 ml)を新しいプロセッサに塗布します。

ステップ8:CPUクーラーを再インストールします

  1. ネジをきつく締めすぎないように注意し、マザーボードの圧力が不均一にならないように、反対側の角にあるネジを締めてクーラーを締めます
  2. 手順2でクーラーのファンを外した場合は、クーラーのファンをマザーボードに差し込みます

ステップ9:サイドパネルを再度取り付けます

ネジを元の場所に戻してサイドパネルを取り付け、仕上げます

関連記事